教育業界全体として離職率が高くなっており、中でも塾講師は拘束時間が長く激務であることでも知られています。

学校と違って学習ということに特化しており、学校教員に比べると負担が少ないと思われがちな塾講師ですが、決して楽な仕事ではありません。

料金をもらって学習サービスを提供するといういわば接客業ですから、精神的な負担も多くなりストレスも感じやすい仕事です。

塾講師たちの中には心底この仕事を辞めたいと感じている人も多く、潜在的な離職率も高い仕事なのです。

では塾講師たちは一体どんなときに仕事を辞めたいと感じているのでしょうか?

今回は、塾講師を辞めたいと思った理由をご紹介していきます。

子供の受験に関わるという責任がストレスだと感じたとき


塾講師は同じ教育関係の仕事でも、学校教員とはまた違うストレスがあります。

塾はお金を払って通うわけですから、成績が上がる、受験に合格するという結果が求められます。

そのため結果については上司から厳しく言われることも多いですし、親たちからのプレッシャーも相当あります。

塾講師にとっては責任が非常に重たいことで、常に結果が求められることにストレスを感じやすく、辞めたいと感じることが多くなります。

生徒募集のノルマがきつくてプレッシャーを感じたとき

塾は義務教育と違い、生徒が通って授業料を払ってくれなければ経営を成り立たせることができません。

生徒を募集するためにチラシのポスティングを行ったり、営業活動などをするのも仕事のうちです。

中には生徒の応募人数にノルマを設けている塾もあり、そのきつさに神経をすり減らすこともあります。

ただでさえ生徒の成績や受験でプレッシャーがあるのに、加えて生徒募集のノルマもあり、胃が痛くなるという講師も多いのです。

講師であると同時に営業的な側面も多く、教えるという仕事に集中できないという意味でもストレスが大きいです。

時給換算すると最低賃金を下回っていると知ったとき

塾講師の月給は一般のサラリーマンと比べて極端に低いというわけではありません。

しかし、授業が終わったあとは事務仕事のために残業をし、深夜まで働くことが多いなど拘束時間が長くなります。

授業のための準備や予習の時間も結果を残すためにはかなり必要で、実労働時間と報酬が合っていません。

残業代がつかないことも多いですから、時給に換算して計算すると最低賃金を下回るほどの低賃金になることもよくあります。

仕事の労力の割に給与として反映されないことモチベーションの低下にもつながり、辞めたいと感じる講師も多くなるのです。

持ち帰り仕事が増えて仕事と家庭との境界線がなくなったとき


塾の営業時間が終わっても講師には事務仕事が残っていますから、残業することも多くなります。

しかし、授業のための準備や予習などは家に持ち帰って行うことがよくあります。

事務所に残ってやっても業務とみなされませんし、残業代はでませんから光熱費のことを考えてもいつまでも残ってやることはできないこともあります。

その結果、家に仕事を持ち帰ることになるのですが、そうなると仕事と家庭との境界線が曖昧になり、家にいても休まることがなくなります。

また、家庭がある場合には、仕事を家庭内に持ち込まれることで家族にとってもストレスになり、家族の仲がぎくしゃくしてしまうことにもなります。

休みが少なく仕事しかしていないと感じたとき

塾講師の休みは基本的には週に1日が多いです。

夏期講習などがあると貴重な休みも授業の準備や予習でつぶれることになりますから、満足に休むことができません。

その上日々の残業も多いため、私生活を充実させることは難しくなります。

いつの間にか、自分が仕事しかしていないと気づいたときに虚しさを感じて辞めたいと思います。

子供に親、上司に先輩、あらゆる場所での人間関係を苦痛に感じたとき

教育関係の仕事でやはり難しいのが、あらゆる人世代との人間関係です。

一般の企業であれば職場の人たちとの人間関係が主になりますが、講師の場合は生徒にその親、職場の上司や先輩と様々なところで悩みが発生することになります。

子供とは言え相性が合わない生徒に腹が立つこともありますし、モンスターペアレントと呼ばれるような親もいて、理不尽なクレームを受けることもあります。

生徒募集のノルマが達成できなければ上司から厳しく言われることもありますし、個人主義のところがある先輩たちに悩みを相談できないこともあります。

もちろん、中には良い人間関係に恵まれている塾もありますが、多くの塾講師が何かしらの人間関係に悩んでいます。

塾講師を心底辞めたいと思ったら転職しよう

塾講師は仕事が激務で精神的なストレスも高い仕事です。

離職率も高いですが、我慢し続けることによって辞めるという選択をすることすらできなくなり、うつ病などになってしまう講師もいます。

うつ病などになってしまうと、休職を余儀なくされることになりますし、復帰も簡単なことではありません。

うつ病から復帰しても、かなりの割合で再発することもあります。

心底辞めたい、そう感じたらそのときこそ転職のタイミングです。

そこを逃せばますます辞めにくくなり、ストレスも増えて正常な判断すらできなくなってしまうこともあるのです。

転職は転職エージェントを利用しよう

塾講師を心底辞めたいと感じたら、転職エージェントを利用して転職活動を行うのがおすすめです。

転職エージェントはハローワークや求人誌に比べても圧倒的に求人数が多く、希望の条件に合う求人が見つけやすいのがメリットです。

また、応募書類の添削や面接時の対応などについてアドバイスを受けることができますから転職を成功させる確率がぐっと上がります。

さらに、面接の日程調整や給与交渉などを応募者に代わって行ってくれるため、忙しい塾講師にとっては転職活動の強い味方となることでしょう。

転職エージェントは無料で利用できますから、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、塾講師が心底仕事を辞めたいと感じた理由をご紹介しました。

離職率が高く大変な仕事ですから、辞めたいと感じた場合には冷静に自己分析をし、我慢しすぎることなく前向きに転職についても検討していきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。