病院や助産院、クリニックなどで働く助産師は、社会貢献度の高い仕事でかつ女性にしかなれませんから、努力して資格を取った暁には職に困るということはない、専門性の高い仕事の一つと言えます。

簡単になれる職業ではない一方で、せっかくの助産師資格を活かさず全く別の仕事をしている人もいます。

高い志を持って助産師になったはずなのに、辞めてしまうのは一体なぜなのでしょうか?

助産師は難易度の高い専門資格

助産師になるには、看護学校などを卒業し、看護師資格を取得した上で助産師資格を取る必要がありますので、看護師プラスαの勉強が必要です。

看護師と助産師の両方を合わせて取る方法もありますが、助産師コースが設置されている学校で、さらに学内の選抜試験をパスしなければならないため、そもそも試験をパスしなければ助産師コースに進むことすらできません。

倍率は高く、かなり成績優秀でなければ助産師コース進学は難しいと言えます。

病院での給与も、看護師単体よりも助産師の方が看護師と助産師資格を持っていることになりますから高めに設定されています。

しかし、出産に立ち会えるというやりがいの高さを求めて、向上心を持って取り組む人は多いです。

お産の人数が多く丁寧な対応ができない

助産師という仕事は生命の誕生という奇跡に立ち会える素晴らしい仕事です。

助産師を志す人も、その感動を味わいたい、その場に立ち会うことの幸せを実感したくてなったという人も多いです。

そのため、一人一人の妊婦さんに対して誠心誠意対応していきたいという想いがあるのですが、実際にはベット数の不足など現実的な問題もあり、ゆったりと出産してもらうということは難しいこともあります。

お産後はしばらく入院して体調を整えたい妊婦さんも多いですが、すぐに退院指示が出て、早く出されてしまったと感じるお母さんも多くいます。

助産師としても、もっと一人一人の妊婦さんに出産前後の時間も含めて丁寧に対応したいところですが、それが叶わずとにかく数をこなして最低限のことに終始するということに疑問を感じてしまう人もいます。

病院勤務だと助産師本来の仕事ができない?

助産師の働き場所は助産院やクリニックの他、総合病院などでも助産師の多くが活躍しています。

ただ、総合病院の場合は助産院やクリニックと違い、産科医がメインで赤ちゃんを取り上げ、助産師はあくまでもサポート的な役割を果たすことが多くなります。

経験を積んでいくにつれ、病院ではなく助産院やクリニックの方が直接的に助産師の仕事をできるのでは?という想いが大きくなっていく人もいます。

NICU勤務の助産師は精神的に厳しい

助産院やクリニックでも赤ちゃんが亡くなってしまう場に遭遇することがありますが、基本的には集中治療が必要であれば設備が整った総合病院に移されるため、割合的には少ないです。

しかし、NICU(新生児特定集中治療室)に勤務している助産師は精神的に厳しいと感じることが多くあります。

NICUには助産師だけでなく看護師も多く勤務しています。

出産に立ち会えないけれど新生児の専門性を高めたいと、NICUを希望する助産師も少なくありません。

NICUは新生児版の集中治療室ですから、早産児や先天的に疾患のある赤ちゃんなど緊急性の高い赤ちゃんに触れることになります。

赤ちゃんのSOSを見逃さないようにより細かいところに気が付いたり、わずかな変化にも敏感になる必要がありますから、常に精神的に緊張状態にあります。

母体への配慮も必要ですし、中には先天的な疾患がある赤ちゃんを受け入れることができない母親もいたりと、かなり高度なコミュニケーション能力がも求められます。

また、赤ちゃんが残念ながら亡くなってしまった場合は、家族への精神的なケアなども行うことになりますから、精神的な負担は相当なものになります。

職場の人間関係

どこに行ってもある人間関係ですが、助産師や看護師などは女性社会ですから、人間関係に悩みを抱えがちになります。

特に人命が関わるこの仕事は、少々気が強いぐらいでなければやっていけない面が大きいですから、新人助産師にとっては辛いことも多くなります。

先輩や上司から厳しい言葉をかけられる、仕事の覚えが悪いと怒鳴られるということもあります。

女性同士ですから、陰険な陰口や派閥などもあって女性のドロドロとした部分を目にすることもあります。

助産師=可愛い赤ちゃんと触れ合える癒し的な仕事、という風に考えていた人はその理想と現実のギャップを感じやすいです。

専門性の高い仕事で、どこにいっても働けるぐらいの需要はありますが、人間関係で辞めてしまう人は残念ながら多いと言えます。

教育体制の問題で悩みを抱える人も

病院であれば研修制度が整っていたりしっかりと教育を受けることができますが、助産院やクリニックだと施設側や先輩助産師たちにそのような時間的・精神的余裕もありません。

仕事の覚えが早くないと苛立ちを露わにされたり厳しく注意されることがあります。

総合病院や教育体制が整っている施設などで、しっかりと教育を受けて経験を積んでから助産院やクリニックなどへ転職する方が、長い目で見ると良いかもしれません。

ただ、総合病院は仕事がハードで辞めやすいため、経験を積む前に転職してしまう人は、助産院やクリニックなどでは教育体制が整っていないことは覚悟しておいた方が良いでしょう。

助産師を辞めたいと思ったら別の施設への転職を考えよう

助産師は大変な仕事ですから、辞めたいと感じることがあるのも無理はありません。

しかし、専門性が高く貴重な仕事でもありますから全く別の仕事に転職するよりは、まずは別施設で働く方法などを考えていくことをおすすめします。

働く場所によって助産師に求められる役割が異なりますから、これまでの悩みを感じなくて済むケースも多いからです。

助産師を活かした転職であれば、看護職に特化した転職エージェントや転職サイトもあります。

給与や待遇など比較検討しやすく、自分に合った求人を探すことができますからぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、助産師の仕事を辞めたい理由をご紹介しました。

助産師は高い理想を掲げてなる人も多いゆえに、現実の働き方とのギャップを感じやすい職業とも言えます。

転職の際も、実際にどんな仕事をするのか、教育体制はどうなっているのかなど、具体的なことを確認した上で転職先を選ぶようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。