転職では自分という商品をいかに相手に売り込むかが大事ですから、自己PRは非常に大切です。

特に面接官はどんな貢献をしてくれるのかを知りたいので、自分の強みを積極的にアピールしていくことが内定をもらうための必須ポイントになります。

ただ、その方法を間違えてしまうと、せっかくの強みが伝わらない、逆にマイナスポイントだと思われてしまうこともあります。

正しい強みのアピール方法で責めるようにしましょう。

そこで今回は、応募書類や面接で自分の強みをアピールするときに気を付けたいことをご紹介していきます。

具体的なエピソードを交えてアピールすること

面接や応募書類はは見ず知らずの人同士が相手を見極めるための場ですから、曖昧な表現や具体性に欠けるアピール方法ではうまく伝わりません。

「コミュニケーション能力が高い」と言われても、具体的にどう高いのかがわかりません。

こんな場面で、こんなコミュニケーションを通して評価されたと、具体的なエピソードを交えてアピールしていくことが大切です。

どんな、どのようにが大切

ハイスペックな能力の高い人にほど多いのですが、これまでの職で経験した実績をやたらとアピールしていくのは避けるべきです。

特に面接では、広く浅くではなく掘り下げたアピールが必要になります。

例えば、「クレームに対応した経験がある」ということでも、それだけで終わってしまえば他の応募者との差別化を図ることができません。

クレーム対応など社会人経験があれば一度や二度は経験したことがある人は多いです。

どんな相手に対して、どんな理由で、どのような切り口で相怒りを抑えていこうと思ったのか、そしてどんな結果になったのか、掘り下げて話していくことが大切になります。

面接官がこれまでの実績とともに知りたいのは、その実績をどんな過程で積み上げてきたのかということです。

常に、どんな、どのように、ということをアピールすることを意識していましょう。

独りよがりの自己分析で終わっていないかどうか

転職活動に臨む前に自己分析をしっかり行うのは基本ですが、「自分ではこう思う」だけで終わってしまうと少々残念です。

より明確に自分という人間を整理するためには、他者評価は重要です。

なぜなら仕事は一人で行うものではないですから、独りよがりの分析が間違っていると自分と周囲の評価にギャップが生まれてしまって、思っていた会社、人材と違うと双方にとって幸せな結果になりません。

自己分析はまずは自分で行うのですが、その後に知人や友人、キャリアコンサルタントなど客観的な意見を元に再度整理をし直す必要があります。

たくさん書けば良いというものではない。要点をまとめているか?

経験豊富で実績がある人は、職務経歴書に書くことも多く、どれもこれもアピールしたくなる気持ちはわかります。

しかし、たくさん書けば良いというものでもありません。

中には非常に細かい文字でつらつらと実績を羅列したような職務経歴書もありますが、それでは見にくいですし、基本的な文書作成能力があるのかすら疑われてしまうことになります。

要点をまとめてあり、さらにキャッチーなコピーを利用して目を引くような内容になっていると興味を持ってもらえます。

応募書類は大切ですが、大切なのは「会ってみたい」と思わせるかどうかです。

自分の職歴や実績を自慢するための書類ではないということを忘れないようにしましょう。

強みに変えられる弱みは何か

応募の段階では、自分の強みを主にアピールしていくことになります。

弱みばかりを並べられても採用したいと思われるはずはありません。

ただ、面接では強みだけでなく弱みを聞かれることもよくあります。

面接官は、目の前の人が自社で貢献できるかを知りたいと同時に、不安要素を解消しておきたいという気持ちがあるからです。

弱みを伝えるのは不安が大きいかもしれませんが、強みと弱みは表裏一体の関係にあり、弱みだと思っていたものが強みに逆転することはよくあります。

そして、弱みを補うために工夫していることを伝えることもできます。

例えば、注意力散漫なところがある人でも、色々なものに興味を持つことができてフットワークが軽い、という強みに変えることができます。

そして弱みをカバーするためにチェックシートを作成する習慣を取りいれたなど、自分が工夫してきた点を述べることができます。

自己分析の際に、強みと弱みは両方書き出しておく必要がありますが、弱みについては強みとなる側面もあわせて考えておくようにしましょう。

強みがどのように転職先で活かされるのか面接官がイメージできるか

素晴らしい強みがあっても、それを活かせる業界や職種でなければ企業と応募者とのマッチングが成立しません。

美容師免許を持っていても、一般企業で活かすことは難しいですよね。

それよりも、一見地味な強みでも転職先でしっかりと活かすことができる強みを持っている人の方が強いです。

そしてそれを面接官が具体的にイメージできるのかが大切です。

それには応募先の特性や仕事内容などをしっかりとリサーチし、「その仕事はこの強みがこんな風に活かせます!」と強みの再現性の高さをアピールすることを意識するようにしましょう。

応募書類の添削や面接時の対応はプロの力を借りよう

応募書類は作成し終わったら第三者に見てもらうのが一番です。

内容に一貫性はあるか、自分の強みがしっかりと伝わりやすい内容になっているのか、客観的な目で見てもらうことで、書類選考通過の確率もぐっと高まります。

一番おすすめなのは転職エージェントに添削してもらうことです。

転職支援のプロで、これまで多くの転職を成功させてきた経験から、「目に留まりやすい書類、見向きもされない書類」が分かります。

さらに転職エージェントであれば、面接時の対応などについてアドバイスをもらうこともできます。

せっかくの強みですから、効果的な方法でアピールするコツを知ることで、転職の成功も近づくでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職活動で自分の強みをアピールするときに気を付けたいことをご紹介しました。

強みは相手に正しく伝わってこそ強みとして生きてきます。

正しいアピール方法を身につけ、自分の能力やスキルを思う存分発揮できる企業に転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。