面接で必ず聞かれる質問の一つに「なぜ前職を辞めたのですか?」という退職理由があります。

辞めたからにはあまり言いたくない理由がある人も多いですが、避けて通れない質問ですから、事前にしっかりと返答を用意しておくべきです。

転職理由を伝えるときには、いくつか注意事項があります。

答え方の如何によっては面接の合否に大きな影響を与えますから、注意事項をしっかり踏まえた上で転職理由を考えておくようにしましょう。

面接官はイジワルで聞いているのではない


前職を辞めた理由を聞かれるのは、少し返答に困る、できれば聞いて欲しくないと思う人も多いかもしれません。

退職理由の上位に挙がるのは、人間関係や待遇の悪さなどネガティブな要素が多いからです。

ただ、当然面接官も何も応募者を困らせよう、イジワルをしようと思って聞いているわけではないことはわかるはずです。

どんな理由で辞めたのかを知ることで、「この人を採用しても大丈夫かな?」という不安要素を解消しているのです。

相手企業にとっては、応募者は「見ず知らずの人」に過ぎませんから、できる限りの不安要素を解消したいと思うのは当然のことです。

そのことを理解して相手の立場に立った面接に臨むようにすると、嫌な質問に対しても自分なりの前向きな表現でうまく返すことができるでしょう。

批判的な内容は言わない

円満退職で前の会社には感謝しかないという人もいますが、多くの人は前の会社に対して何らかの不満を抱えたことが原因で退職しています。

そのため、退職理由を正直に伝えようとすると、つい前の会社に対して批判的な内容を伝えてしまいます。

しかし、そこはぐっとこらえて愚痴になるような言い方は避けるべきです。

例え一時的に気持ちがすっきりすることはあっても、転職の成功は叶わなくなります。

不平・不満が多い、嫌なことがあればすぐに辞めてしまうのではないか、など思われてしまうからです。

残業が多いなど激務が原因で辞めた場合

残業が多く激務だったという理由で退職した場合、退職理由としてはよくあるのですが、残業が多かったとストレートに言うのは避けましょう。

残業が多い少ないは企業や職場によってどれぐらいが多いか基準が異なります。

そのため、ある程度残業が許容できる場合でも、「残業が全然できないのかな?」と思われてしまうこともあります。

残業をしたくないとアピールするのではなく、その会社の残業がどれぐらいなのかを知り、自らが選択するという方法を取りましょう。

ただ、転職先でいくらでも残業ができる人、と思われるのも避けるべきです。

ストレートな言い回しではなく、残業が多すぎたことで自分の目的が達成できなかったということを、以下のように前向きな理由に変換させて伝えると良いでしょう。

「帰りが深夜になることが多く、仕事のスキルアップのための勉強をすることができませんでした。御社の扱う〇〇という仕事に魅力を感じており、〇〇の技術を身につけていくことで関わっていきたいという想いがあります。」

パワハラやイジメなど人間関係に問題があった場合


社会問題にもなったパワハラや職場イジメなど、気の毒な理由で退職を余儀なくされた、そんな人もいることでしょう。

本人に非がなかったとしても起きてしまうことですから、パワハラやイジメをした張本人や、守ってくれなかった会社に対して恨む気持ちもあるかもしれません。

ただ、パワハラやイジメに関しては、その現場を見ていない以上、転職希望先の企業にとっては事実なのかどうかすらわからないことです。

そして、パワハラやイジメに関しては人によってそう感じるかどうかの度合いも異なります。

それを敢えて面接で伝えても、良い結果は生まれません。

人間関係が理由で辞めることはよくあることですが、どこに行っても必ず起こり得ることなので、「人間関係がうまくいかなかったらまた辞めてしまうのでは?」と思われてしまうことがあります。

パワハラ、イジメがあったということはストレートに伝えるのは避け、やりたい仕事があったなどの前向きな理由をメインに伝えていくようにしましょう。

家庭の事情で退職した場合

親の介護や結婚による県外転居など、続けたいけれど続けられない事情で辞めた人もいます。

その場合の退職理由は、可能な限り正直に伝えた方が下手な突っ込みを受けなくて済みます。

ただ、ここでのポイントは、その退職理由について、現状では解決策を見つけて対応しているということを伝えることです。

例えば親の介護の場合、前職を辞めるぐらいであれば転職先でも働くことは難しいのでは?と当然面接官は思います。

この場合は「前職では施設が決まらず自宅介護するつもりで退職しましたが、現在は良い施設に巡り合えそちらでお世話になっているため仕事に影響はありません。」などと伝えると良いでしょう。

また、結婚による県外転居の場合は、旦那さんの転勤が多く今後も県外に出る可能性があるのかなど気になる点があります。

「夫が結婚を機に地元企業からお誘いがあったため私もついてきましたが、転勤は特にない会社なので夫婦そろって一生この地で働くつもりです。」など、今後は転居による退職の可能性がないことを伝えましょう。

すぐ辞めてしまった会社を言わないなど嘘をつくのはNG

前の会社に入ってすぐに失敗だったと気づいた場合、前職の在籍期間は数か月という人もいます。

その場合はできればなかったことにしたい気持ちがあるでしょう。

履歴書に書く企業は応募者の自由とされていますから、書かなかったからすぐ経歴詐称というわけではありません。

ただ、在籍していた以上はどこでばれて信用を失うかはわかりません。

どんなに短い在籍期間でも、雇用保険の履歴などから前職がどこかはすぐにわかります。

履歴書に書かないなど嘘をつくのは止めた方が良いでしょう。

その場合は短期間で辞めたことを認めた上で「前職は自身のリサーチ不足もあり業務内容が自分のスキルを活かせないものだと分かりました。今回はこの反省を活かし、しっかりと研究した上で応募しており、転職後は長く働きたいと強く思っています。」などの言い方が考えられます。

短期間で辞めてしまったミスがあったけれどそれを修正して今後は頑張りたい、と熱意を伝える言い方になります。

退職理由が適切かどうかは転職エージェントに相談しよう

この退職理由は適切かな?と迷った場合、事前に第三者に添削してもらうのがおすすめです。

特にプロである転職エージェントであれば、適切な退職理由の伝え方に詳しいため、良いアドバイスをもらえます。

面接の合否を左右する大切なポイントですから、ぜひ添削を受けてみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職理由を伝えるときの注意事項をご紹介しました。

退職理由を伝えるのは、双方にとってデリケートで難しい問題でもあります。

しかし、面接では大抵聞かれるため用意しておくことができるというメリットもあります。

事前準備をしっかりと行い、この質問を乗り越えて転職の成功を引き寄せましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。