応募書類の中でもっとも大切な「職務経歴書の作成」は転職を成功させるための重要課題の一つです。

多くの応募者の中から選んでもらえる魅力的な職務経歴書を作成できれば、書類審査通過率100%も夢ではありません。

そして、単なる応募書類にとどまらず今後の面接にも使える武器になりますから、気合いを入れて書くようにしたいものです。

今回は、魅力的な職務経歴書を完成させるための正しい手順とポイントをご紹介していきます。

下準備こそが成功の秘訣。職務経歴書を書き始める前にやりたいこと

職務経歴書はボリュームがあって時間がかかりますから、すぐにでも書き始めたいと思う気持ちはわかります。

しかし、下準備をしっかりした状態で書き始めなければ、何が言いたいのかよく分からなくなって結局書き直す、もしくは残念な職務経歴書になってしまって書類審査で落とされる…ということになってしまいます。

下準備こそが魅力的な職務経歴書を完成させるために大切ですから、しっかりと準備をするようにしましょう。

まずは材料集めから

考えながら書いていくというスタイルよりも、必要な材料を集めてから組み合わせていくという方法の方が効率的で的を得た内容に仕上げることができます。

まずは職務経歴書に書く内容の材料を紙に書きだしていきましょう。

具体的には以下の項目の中で該当するものをかたっぱしから書いていきます。

  • 企業名、部署名、職種と年代やそれぞれの期間
  • 資格、スキル、受講研修など
  • 仕事内容や実績
  • 長所・短所、適性など

企業の求める人材像を把握

次に、企業の求める人材像や、求められているスキルや経験などを別の場所に書き出していきます。

そして先ほど集めた自分自身の材料と照らし合わせてみましょう。

共通している点や活かせるものはないかどうか、実際に職務経歴書に書くべき材料を絞りこんでいくのです。

この作業は、企業が求めている人材に沿ったアピールをするために効果的です。

自分自身の材料と企業が求める人材に共通点が一切ないという場合は、そもそも本当に応募したい企業なのか、という点に立ち返って考えてみることも必要です。

レイアウトを決める

職務経歴書に書く材料が決まったら、レイアウトを考えましょう。

職務経歴書のレイアウトは基本的に自由なので、工夫次第で伝わりやすい職務経歴書にしていくことができます。

必ずしも時系列で書いていくのが良いとは限りません。

転職回数が多い人は直近の経歴から書いて目立たせる、様々な職種を経験した人は職種ごとにわけて書いていくなど、どんなレイアウトがもっとも言いたいことが伝わりやすいかを考えましょう。

職務経歴書を書くときに意識したいポイント

下準備がしっかりとできたら実際に職務経歴書を書いていきますが、魅力的な職務経歴書にするにはポイントがあります。

どんなことを意識して書いていけば良いのでしょうか?

大切なのは見やすくてわかりやすいこと

職務経歴書でもっとも大切なのは、見やすくてわかりやすいことです。

手に取ったときに文字だらけで見にくいようでは、内容の把握にまでたどり着かないでしょう。

言いたいことが伝わりにくいのもNGです。

自分が人事担当者になったつもりで、見やすくわかりやすい職務経歴書になっているのかはぜひ意識したいところです。

箇条書きで端的に説明を

職務経歴書は箇条書きが基本です。

A4サイズ2枚程度の内容に収めるわけですから、余分な文字はできる限りそいで端的に伝えることが大切です。

句読点が多くダラダラとした文章にならないように、一文で伝えるのは一つの情報という風にしましょう。

結論から書くのが基本

人事担当者は最初から応募書類を一言一句逃さず読むわけではなく、まずはさらっと斜め読みして気になる書類だけしっかり読むというスタンスです。

そのためには結論から書くことが大切です。

結論を読めば、ここでは何を言いたいのかが分かり、詳細をしっかりと読んでもらいやすくなります。

経歴に「経歴要約」を付け加えるのも良い方法です。

本を買うときに見るあらすじのようなもので、そこで心を掴めば最後まで読んでもらえる職務経歴書になります。

実績から見る自分の強みを強調

単なる経歴の羅列にならないために、実績から見る自分の強みをアピールしてこそ魅力的な職務経歴書となります。

そのためにも自己PRは必須です。

「私のこの強みを御社でこんな風に活かせます。」ということを組み込んだ内容になるよう意識しましょう。

数字や具体的エピソードを交える

残念な職務経歴書の典型として、具体的な数字やエピソードが一切ないものです。

実績をアピールする際には、売り上げ金額や契約件数、改善率などの数字や、具体的にどんな工夫や苦労をしたのかを交えて説明しましょう。

「協調性がある」「積極的に取り組んだ」「貢献した」などの言葉は使いやすいですが、人によって度合いが変わるものです。

このような曖昧な表現を使うときは、「どんな風に」に置き換える工夫が必要です。

面接で聞かれても答えられるかどうか

職務経歴書は今後の面接の参考資料となるものです。

面接官は職務経歴書を元に質問内容を決めますから、職務経歴書の内容と面接時の受け答えに矛盾が生じてしまってはまずいです。

面接で聞かれてもしっかりと一貫して答えられる内容なのかを忘れずに精査しましょう。

実績の具体的な数字について、何も見ないで答えることができるのを見られることもあります。

職務経歴書の添削は転職エージェントを利用して

ここまでご紹介したように、職務経歴書には意識すべきポイントがたくさんあって大変だと感じるかもしれません。

実際になかなか職務経歴書を書けずに、転職活動がスムーズにいかないという人も多いです。

職務経歴書の書き方やポイントがよくわからないという場合は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職支援のプロであるキャリアコンサルタントが、書き方のアドバイスをしてくれます。

さらに絶対利用したいのが職務経歴書の添削サービスです。

自分で書いた職務経歴書は他人の目が入ることで、気づかなかったポイントが見えてくるものです。

多くの職務経歴書を見てきたキャリアコンサルタントならば、魅力的な職務経歴書の完成に一役買ってくれることでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、魅力的な職務経歴書を完成させるための正しい手順とポイントをご紹介しました。

職務経歴書の作成が合否を左右すると言っても過言ではありません。

今回ご紹介した手順とポイントを意識して、魅力的な職務経歴書を完成させましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。