管理職という地位を手に入れても、会社の経営方針と合わない、給与や待遇に不満があるなど転職を考える人も少なくありません。

その場合は、一般社員の転職と同じように転職活動を行っていけば良いのか、それとも管理職ならではの転職方法があるのでしょうか?

今回は、管理職クラスが転職を考えるときにおすすめしたい転職方法と、応募時の注意事項などをまとめてご紹介していきます。

管理職の転職はどんな方法で行うべき?

管理職クラスの転職は一般社員のようにハローワークを使ったり求人誌で応募をするというケースは多くはありません。

では管理職クラスの人たちはどうやって転職活動を行っているのでしょうか?

企業の経営者宛てに経歴書と手紙を送る

ある有名ホテルの元支配人は何度も転職を行っていますが、すべて経歴書と自筆の手紙を経営者宛てに送るという活動方法を取っています。

知名度の高いホテルでの支配人経験があるということは大きな強みなのでしょうが、転職先はすべてホテル業界とは関係のない企業の管理職。

経歴だけが転職成功のポイントとは言えないでしょう。

積極的なアピールと自筆の手紙という熱意が功を奏し、ぜひ会ってみたいと思われるようです。

このような方法を取る管理職クラスの人材は意外と多く、成功率もそれなりに高いようです。

ヘッドハンティングもある

管理職クラスであれば業界内で知名度もあり、ヘッドハンティングを受けるケースもあります。

ヘッドハンティングと言っても、必ずしも転職活動中の人に声がかかるわけではなく、転職を全く考えていない管理職人材に対して行われることも珍しくありません。

その場合は、すぐに転職しないにしても、連絡をしてきたヘッドハンターとのパイプを保っておくことが大切です。

どちらにしても、ヘッドハンティング会社の実績を調べた上で、適切なヘッドハンティングなのかどうかは判断する必要があります。

これまでの人脈を最大限に利用する

管理職クラスにまで上り詰めるには、社内外問わず様々な人脈があるという人が多いでしょう。

その人脈を使わない手はありませんから、気になる業界や企業があればそこで管理職を募集していないか確認したり、紹介を依頼してみても良いでしょう。

人脈を利用した転職活動であれば、応募者に対する信頼性や評価が高まり、年齢によって応募を受け付けてくれないなどのリスクが低いというメリットがあります。

実際に管理職クラスの転職ではいわゆる縁故入社と呼ばれるものが多くなり、王道の転職方法とも言えます。

ハイキャリア特化型の転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用した転職方法も、管理職クラスでよく見られる成功率の高い方法です。

応募書類や面接の対応など、転職活動の方法など忘れてしまったという方でも、一から正しい転職ノウハウを指導してくれます。

また、求人の紹介だけでなく、管理職クラスともなればこだわりたい年収などの条件面の交渉も行ってくれます。

特にハイキャリアに特化した転職エージェントであれば、年収が高い管理職クラス求人のみの紹介になりますから、希望の条件に合った企業が見つかりやすいでしょう。

管理職の転職で注意したいポイントは?

管理職クラスの転職ではどんなところをアピールしていけば良いのか、注意点もあわせてご紹介していきます。

部下への対応などマネジメントスキルをしっかりアピール

管理職クラスに求められるのは、やはりマネジメントスキルが多くを占めます。

組織を統率する力があるか、部下たちを育成するスキルがあるのかなど、管理職としての経験が重視されます。

今一度、今の会社での自分のマネジメント姿勢について整理し、日々どんなことを考えながら部下たちを指導しているのか、自分の工夫によって組織にどんな変化があったのかなど、実績を具体的にアピールしていきましょう。

このとき、希望企業で求められている管理職のイメージに合っているのかも大切です。

経験豊富だからこそアピールしたいポイントを絞ることが必要

管理職にまで上り詰めたのですから、経験豊富でアピールしたいスキルも多くあることでしょう。

ただ、応募書類や面接であれもこれもとアピールするのは考えものです。

一体何を言いたいのかが伝わらなければ意味がありませんから、もっとも伝えたいポイントを絞ることも必要です。

応募書類や面接は、自分がどれだけすごいのかをアピールする場ではなく、希望企業に管理職としてどんな貢献ができるのかを意識することが大切なのです。

大企業と中小企業では求められるスキルが異なる

同じ管理職でも、大企業と中小企業とでは求められるスキルが異なります。

大企業ではマネジメントスキルを主に求められますが、中小企業ではそれ以外にもプレイヤーとしての資質が求められることがあります。

中小企業では大企業のように人材が多くありませんから、一人で幅広い業務を担当するということはよくあり、管理職であっても同じです。

もっとも、大企業の管理職を手放して中小企業に応募するということは、現場レベルでの仕事にやりがいを感じているからこそだとも言えます。

その場合は、積極的に幅広いスキルや能力についてもアピールしていくべきでしょう。

もし大企業と中小企業の管理職で同じようなことをしようとすれば、「あいつは口ばかりで何もできない。」と、部下たちに思われ、中小企業の管理職としての資質を疑われる可能性もあります。

面接では役職者以外への対応にも注意が必要

管理職クラスの面接は、相手もかなり上位の役職者であることが多くなります。

面接相手の心に響くようなアピールはもちろん大切ですが、それ以外の一般社員への対応も見られています。

今の会社で管理職クラスの場合、転職先でも役職を与えられることが多いせいか、一般社員への対応が偉そうになってしまう人がいます。

一般社員への対応があまりに横柄で上から目線であるなどの場合、面接をした役職者から後で一般社員に応募者の印象を聞かれることもあります。

相手によって態度を変えるのは、管理職としての資質以前に人間性を疑われることにもなります。

相手の立場の如何を問わず誰にでも丁寧で謙虚な姿勢が求められます。

最後に

いかがでしたか?今回は、管理職クラスの転職方法とアピールポイント、注意点をご紹介しました。

管理職転職は、管理職クラスならではの成功率の高い転職活動や、気を付けたいポイントがあります。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。