男女の働き方改革が進み、ワークライフバランスが叫ばれる時代になりました。

転職先として、ワークライフバランスが取れる働き方ができる職場を選びたいという人が多くいます。

しかし、具体的にワークライフバランスが叶う職場はどのように探していけば良いのでしょうか?

今回は、ワークライフバランスを目指す人が知っておきたい、転職先企業を選ぶときのコツと気を付けたいポイントをご紹介していきます。

職種変更は慎重に行うべき

結婚を機に残業が多い職場を離れてワークライフバランスを取りたいという女性は多いです。

これまでの経歴が活かせる仕事で転職先を探しても、職種柄残業が多いのが当たり前で、とてもプライベートを充実させられないという悩みもあるでしょう。

そこで「事務職ならワークライフバランスが取れそう」と、安易に未経験の職種に転職をする人がいますが、それにはリスクが伴います。

事務職になってしばらくは家庭を優先させた働き方ができるかもしれませんが、出産・育児を経て時間ができ、やっぱりやりがいある前の職種に戻りたいと思ってもハードルが上がってしまいます。

時間が経過したことで応募先企業はスキルの実現性に不安を覚えますし、職種変更があったことで経歴に一貫性がないとマイナスポイントもつきます。

実際に転職できたとしても、知識やスキルが古いままで仕事についていけないなんてこともあります。

「あのまま前の職種で頑張っていれば今頃…」という後悔のないように職種変更には慎重になりましょう。

また、事務職が必ずしも良いというわけではありません。

ワークライフバランス=事務職という考え方を持つ人は多いですが、事務職であっても残業が多くてハードな仕事はいくらでもあります。

職種による働きやすさは、あくまでも企業によって異なるということは覚えておきましょう。

男女比率や平均年齢は一つのヒントになる

ワークライフバランスの取りやすい求人を探すために、その職場での男女比率や平均年齢は大きな参考になります。

なぜなら心地よいバランスを達成させるためには、やはり周囲の理解が必要だからです。

男性の方が圧倒的に多い職場であれば、女性も男性並みに残業をし、家庭を優先させて早退することを快く思わない人も多い傾向にあります。

仕事と家庭の時間の取り方は完璧だけれど、周囲の目が冷たくて居心地が悪いようであれば、いずれ辞めたいと感じてしまうことでしょう。

平均年齢が低すぎる、高すぎるのもリスクがあります。

低すぎる場合は人員が育っておらず離職率の高さが予想され、残業時間が多い、休日出勤があるなど労働環境に恵まれていない可能性があります。

また、まだ家庭を持っていない若い世代の人には、家庭がある大変さは簡単には理解ができないことが多いです。

一方、年齢層が高すぎる場合は保守的な考え方を持つ人も多くなります。

今のように女性の社会進出が進んだ時代にバリバリ働いていたわけではないので、女性の働き方に理解がなく「家庭を優先させたいなら仕事を辞めればいい」とすら思う人もいます。

もちろん、企業方針によって職場の人たちの考え方も異なります。

一概に言えることではありませんが、一つの傾向として頭に入れておきましょう。

企業HPで実際に働いている社員の様子を見てみる

企業HPを見ると、実際に働いている社員の特徴や1日のタイムスケジュールなどが紹介されていることがあります。

ここに載っている社員はいわば、企業側が採用活動の「売り」にしたい社員なので参考になるポイントが多くあります。

しっかり顔写真つきで掲載されていれば頻繁な人員の入れ替わりが少ないと推測できますし、女性社員が多く、主婦正社員が複数人紹介してあれば女性が活躍しやすい職場である可能性があります。

企業としても優秀な人材を確保するために自社の魅力や特性を伝えたいと思っています。

もちろんすべてを鵜呑みにすることはできませんが、一つの参考としてしっかり見ておきたいところです。

求人広告だけで働きやすそうと思うのは危険

求人広告などを見ると平均残業時間や年間休日などが書いてあり、ワークライフバランスの取れた働き方を目指す人は特に気になるポイントでしょう。

しかし実際には、求人広告に書かれている残業時間や年間休日はそれほどあてにならないことも多くあります。

例えばある職種の募集の求人広告に書かれている平均残業時間が、全職種の残業時間の平均であることもあります。

規定の年間休日はあっても、実際には休日出勤も多く、手当がつくからそれでよしとされているケースもあります。

それぞれの部署によって残業時間や休日状況は異なりますし、求人広告だけで実態を判断することは難しいです。

もちろん求人広告は求人選びの基本ですからしっかり詳細まで確認することは必要ですが、そこに書かれている内容を鵜呑みして転職先を決めるのはやめましょう。

実際の残業時間や有休の取りやすさを調べる方法

では、実際の残業時間や有休の休暇状況などはどうやって調べれば良いのでしょうか?

まず、面接の質問タイムを利用して自分が実際に働く職場の残業時間や有休取得状況などを聞いてみるという王道の方法があります。

面接で聞きにくい質問は、転職エージェントを利用した転職活動であれば、転職エージェント経由で詳しく聞いてくれます。

企業内情に詳しい転職エージェントも多く、参考になる情報を得やすく信頼性も高いです。

それから、転職口コミサイトなどで実際に働いている人の声を知る、知り合いのツテやSNSなどでつながりのある人にそこで働いている人がいないか聞いてみるなど、現代的な方法があります。

実際に働いている人の話が聞ければ、かなり信憑性の高い情報と言えます。

その他、実際に働いている人でなくとも、営業先としてよく行くけれど担当者が残業が多くて大変と漏らしていたなど、使える情報もあります。

小規模の会社や営業所であれば夜の時間帯に企業の前を通ってみて、電気がついていないか確認してみるのも、ときには有効かもしれません。

自分が働いてみない限り100%知ることは難しいですが、複数の方法を利用して情報をできるだけ多く集めるのがポイントになります。

最後に

いかがでしたか?今回は、ワークライフバランスの取れた働き方を目指す人が知っておきたい、転職先企業を選ぶコツと気を付けたいポイントをご紹介しました。

ワークライフバランスとは、あくまでも自分基準でバランスの取れた働き方をすることです。

世間一般的に言われるバランスが必ずしも良いとは限りませんので、ご自身の基準を明確化した上で転職活動を進めていくようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。