正社員として働きながら副業をする、働き方の多様化が進む現代ではそんな働き方をしている人が増えてきています。

副業は建前上は「本業に支障をきたすもの」として禁止されていることも多いですが、様々なアンケート結果などからは、「副業禁止の会社より副業できる会社が魅力的」と答えている人が圧倒的に多いのが実情です。

副業をしている人の多くが視野を広く持ち将来のことを考えてインプットを欠かさないという向上心のある人が多いのも事実です。

ただ、本業が忙しすぎて時間が全くとれないという人にとっては、副業をして視野を広げる、収入をアップさせるということもできないというもの。

どうせなら副業ができる環境を手に入れる、副業をより続けやすい職場に転職するという方法を探してみませんか?

そこで今回は、副業を続けられる職場の特徴をご紹介していきます。

副業を続けられる職場の特徴とは?

転職先として副業を続けられる職場を選ぶために、どんな職場であれば副業を続けることが可能かについて考えていきます。

大々的に副業・兼業OKをうたっている会社

世の中の動きを敏感に察知している成長企業などでは近年副業・兼業OKを売りにしていて、IT系のベンチャー企業を始めとして大企業でも副業を解禁する動きが加速しています。

中には副業OKどころか、積極的に副業を推進している会社もあり、こういった企業であれば情報も入りやすく、ピンポイントで転職を狙っていけば堂々と副業を行うことができます。

ただ、知名度がある程度高く、都会にある企業などの情報が中心となり、地方で働く場合はこういった企業の情報は少ない傾向にあります。

残業が少ない、休みが取りやすい

残業も少なく休みも取りやすいなど、労働環境が良い企業であれば副業がしやすい環境と言えます。

やはり副業をするには時間の捻出は必須なので、時間的な余裕を持てそうな会社を選ぶのは大きなポイントになります。

副業禁止規定があるかどうかは企業によりますから一概には言えませんが、労働環境をよくするための工夫がされている企業は「従業員を労働力として縛り付けたい」という考えが基本的には少ないです。

ですから、申請すればOKとか、大々的に推進とまではいかないけど特に禁止規定を設けていないとか、従業員目線で割と副業に対しても寛容な企業も多くなってきます。

また、将来性で言うと不安は残りますがいわゆる「暇な会社」も、残業させて高い給料をあげられないので副業には目をつぶるという経営者もいます。

いずれ副業を本業に変えたいけれど、一旦は正社員として働いて資金を貯めたいなどの場合の転職先としてはアリかもしれません。

プライベートを詮索してこない社風

副業を続けていくために意外と見逃せないのが社風です。

「アットホームな会社」は人によっては魅力的ですが、逆から見ると、昼休憩はいつも一緒に食べるのが当たり前でプライベートを根掘り葉掘り聞かれる、休日にも誘われるなど、公私混同が辛いと感じる人もいます。

この場合は、副業をやっていることをなかなか隠すことが難しくなります。

自分が黙っていれば済むわけですが、プライベートを副業にあてているため、話す内容を吟味しなくてはいけないのは思っているよりも大変です。

また、社内行事や飲み会がやたらと多い会社ではないことも大切です。

この場合は、そもそも副業にあてたい時間を会社の人との付き合いで潰されてしまうことになるでしょう。

社員が会社に依存していない

他の社員がどんな考え方で働いているのかという点も、副業を続けやすい環境かを見極めるためのポイントです。

いわゆる「ぶら下がり社員」と呼ばれるキャリアにも仕事にも無気力で「何事もなく給料さえもらえればそれでいい」と思っている社員が多いと副業がやりにくくなります。

こういう人たちは向上心がないため、副業をして収入をアップさせようとか、視野を広げてスキルアップを図ろうとか、そういう気持ちを持ちません。

一方で会社の規定には従うので、副業をすることはダメだという意識はあるのです。

こういう社員が多い中だと、副業を前向きに続けるモチベーションが保てなくなります。

それよりも、プライベートは勉強時間に充てるとか異業種の人たちと積極的に交流するとか、自身がステップアップするための努力をしている社員が多い会社の方が良いです。

役に立つ情報をもらえたり、副業に対しての理解もあります。

若い人が多い

20~30代前後の若い人が多い会社の方が、皆さん副業に興味を持っていたり積極的に情報収集していたりします。

時代背景もあるのでしょうが、年配の人が多いと「年功序列・終身雇用」が当たり前の時代を経験していて、一つの会社で勤め上げるのがすべてという考えがやはりあります。

そうなると副業なんてもってのほか、だから本業で成果を挙げられないのだと、副業=悪いものとなってしまいます。

若い世代は、「会社は自分を守ってくれない」「一つの会社に依存するのは危険なこと」という危機感を持っているので副業を実際にやっている人も多く、インターネットなどを利用した副業などはもはや当たり前のレベルに達しています。

そういう環境であれば、自分の副業も続けやすいと言えるでしょう。

副業禁止はそもそもおかしい?

そもそも副業を全面的に禁止することは法律的にもおかしいという声が聞かれます。

労働基準法でもダブルワークの禁止規定はありませんし、就業時間外の時間をどう使おうと、労働者の自由でもあります。

しかし、法律上は許されていても就業規則違反には該当する可能性があります。

就業規則は会社の規定ですが、それに違反することで懲戒処分を下されることはあり得ます。

懲戒処分は減給や出勤停止等企業ごとに度合いも様々で、最悪の場合は解雇の可能性もでてきます。

就業規則で副業禁止規定を設けている企業はまだまだ多いので、転職先での副業は慎重に行う必要があるということは言うまでもありません。

副業禁止規定があるかはどう確認する?

応募前に就業規則を見せてもらうことはできませんから、副業禁止規定があるかは確認することがなかなか難しいです。

知名度がある会社であれば、転職口コミサイトやSNSなどを通じて調べることはある程度可能です。

しかしそれはあくまでも一部の会社に限られてしまうので、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは企業内情に詳しいですし、労働環境や社風などについて事前に確認してくれることもあります。

そのため今回ご紹介したような、副業を続けやすい環境にある会社かどうかを知るためのヒントを得ることができます。

必ず副業禁止規定について調べることができるということではありませんが、少なくとも副業を続けやすい会社選びの参考になるでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、副業を続けられる職場の特徴をご紹介しました。

本業も副業も精一杯やるのが今の時代です。

転職しても副業を続けたいと考えている方は、企業選びのヒントとしてお役立てください。”

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。