業務遂行の前提となる経験や技術力のほか、近年転職で特に重要視されているのが「ヒューマンスキル」と呼ばれるスキルです。

ヒューマンスキルを磨くことで、経験不足を補い、実績や経験豊富な応募者たちとも勝負ができるようになるのです。

そこで今回は、ヒューマンスキルとはどんなものなのか、転職活動でどのようにアピールしていくのかを紹介します。

転職に必要なヒューマンスキルとは?

ヒューマンスキルとは、対人関係を円滑に進めていくための能力と言い替えることができます。

一般的にはコミュニケーション能力が評価されることがありますが、ヒューマンスキルとはさらに広義の意味でさまざまな要素が含まれるものになります。

ここでは、ヒューマンスキルの具体例を紹介します。

30代以降転職組はマネジメントスキルが必須

まずはマネジメントスキル。

部下や後輩を統率し、それぞれが力を発揮できるよう導いていく管理能力のことを言います。

特に今30代~40代の、係長から課長クラスの若手管理職が転職市場では求められています。

30代以降の転職組であればマネジメントスキルは必須だと言えるでしょう。

プレイヤーとしてだけでなく、部下や後輩を育成し引っ張っていけるプレイングマネージャーの需要が高いのです。

どこに行っても必要なコミュニケーションスキル

業界や職種問わず必要なのがコミュニケーションスキル。

各企業の人事担当者は口をそろえて、コミュニケーション能力が高い人を求めていると言います。

コミュニケーションスキルとひとくちに言っても、職場の人とコミュニケーションを取るだけではありません。

別の部署との調整や顧客への対応、取引先とのやり取りなど、さまざまな場面で必要になるのがコミュニケーション。

自分の要望を押し付けるのではなく、相手が何を求めているのかをうまく聞きだし代替案を提案するなど、均衡スキルも含まれます。

どんなに優秀でもないと敬遠される協調性

面接官も人間ですから、一緒に働きたいと思う人を採用します。

高学歴で経験や資格もあるハイスペックな人であっても、周囲から孤立してうまくやれない人とは一緒に働きたくないでしょう。

特に日系企業では個人的な能力よりチームの一員として機能できる協調性がある人が求められますから、協調性の有無も立派なヒューマンスキルの一つと言えるでしょう。

ヒューマンスキルはどのようにアピールすべき?

企業が人材採用時に重要視しているヒューマンスキルですが、実際の転職活動ではどのようにアピールしていけばいいのでしょうか?

資格などで客観的にスキルレベルを判断できませんから、応募者の工夫次第と言えるでしょう。

ここからは、ヒューマンスキルのアピール方法を紹介します。

マネジメントスキルは職務経歴書で視覚化する

関わってきたプロジェクトの規模や応募者の役割などから、ある程度のマネジメント能力は推測することができます。

職務経歴書では業務を整理して伝えるだけでなく、どんなポジションで何を求められ、具体的にチームにもたらした影響を客観的にわかるように書きましょう。

例えば、チームリーダーというポジションであれば、部下の業務に対してどんな指示をだし、問題があったときの対応はどのように行ったのかなど。

チーム内の業務をスムーズに進めていくための工夫を常に行っている人が、高いマネジメントスキルがあると判断されるでしょう。

もちろん、職務経歴書だけでなく面接時に聞かれたときにしっかり答えられるかどうかも重要です。

職務経歴書で視覚化し、面接でも部下や後輩たちを統率する工夫を述べることができれば、高い評価を得ることができます。

部下を持つ立場にないという人でも、30代、40代はマネジメントスキルは必須。

日々の仕事で行っている後輩指導において、どんな工夫やアドバイスをしているかなど、具体例を整理しておきましょう。

コミュニケーションスキルのメインは面接での受け答え

コミュニケーションスキルの判断はやはり、面接でどんな受け答えができるかにかかっています。

単に覚えてきたことをスラスラと話せる能力ではなく、面接官の質問を聞いて意図を理解し、適切な答えを返せるかどうかが重要です。

質問の意味がよく分からない場合は自分の言葉に置き換えて聞き返すようにし、分からないまま答えて質問の意図とずれてしまうことがないようにしましょう。

聞き方も重要です。

面接は緊張する場面ですが、それは誰もが同じこと。

その中でも面接官の話に熱心に体や耳を傾けて聞いている様子の応募者に、面接官は悪い印象を持つことはありません。

相手が話しやすい環境を作れるかどうかもコミュニケーションスキルの一つ。

顧客のニーズをうまく聞きだしてくれる高い能力があれば、企業利益に大きく貢献するのです。

協調性は具体例の準備と面接の態度

「協調性があります。」と口では言っても、実際に協調性があるかどうかはわかりません。

具体的にどんな場面で協調性を発揮し、それが職場にどんなメリットをもたらしたのかを振り返っておきましょう。

応募書類や面接で協調性をアピールする際には具体例の準備が必要になります。

また、面接の受け答え方を見て協調性の有無を判断する面接官もいます。

例えば面接官が多少厳しいことを言ったときにすぐ不快感をあらわにしたり、「しかし」などの否定言葉から入る人。

そういう人は、職場の周りの人たちも自己主張が激しく協調性がないと思っているかもしれません。

面接ではにこやかで感じのいい態度を心がけるとともに、相手の言葉を真摯に受け止める誠実さをアピールしましょう。

ヒューマンスキルのアピールはプロの面接対策で

ヒューマンスキルは面接において判断されることが多いですから、面接対策によって底上げできます。

転職支援のプロである転職エージェントなら、本番の面接に近い環境下で面談を実施、対人スキルに問題があれば修正方法や注意点などをアドバイスしてくれるでしょう。

応募書類の添削や企業情報提供など全サービスが無料で利用できますので活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?昨今の転職では経験や業務スキルとともに必要なのがヒューマンスキル。

どんな業界や職種でも活用できる汎用性の高いスキルですから、磨かない手はないと言えるでしょう。

転職活動をより有利に進めるために、ぜひ身につけてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。