応募条件を満たしていて面接官とも話が盛り上がった、手ごたえを感じていたにも関わらず不採用になるというケースはよくあります。

この場合「なぜ?」という気持ちが沸きあがってきて、次の応募先を決めるなど気持ちの切り替えがつかない人もいるかもしれません。

失敗は次に活かしてこそ有益なものとなるのですから、不採用になった理由を知りたいと感じるのは不思議なことではありません。

では、転職活動で不採用になった場合に、その理由を知ることはできるものなのでしょうか?

今回は、不採用理由を知るための方法についてご紹介していきます。

応募書類で落とされた場合は聞かないのが普通

まずは応募書類の段階で不採用になった人が理由を知りたい場合について考えていきます。

面接で好感触だったのに不採用になったならまだしも、応募書類の段階で企業に聞くという人はあまりいません。

面接すらしていない人に聞かれても企業としては「どなたですか?」となってしまいますから、企業に聞くのは避けるべきと思われます。

多くの応募書類と格闘している人事担当者にとっては迷惑でしかありません。

ただ、応募条件を満たしているはずなのになぜ不採用になるのかわからないという人もいるでしょうから、一般的に書類で不採用になりやすい理由をご紹介していきます。

応募書類の段階で落とされてしまった場合、その理由として多いのは以下の3つです。

  • 応募書類がわかりにくい、見にくい
  • 求める経験やスキルなどが不足していて企業側の条件を満たさない
  • 条件を満たす応募者ばかりで全員面接はできないから特に強みがある人に絞っている

まずは、応募書類が相手にとって分かりやすく見やすくなっているのかを確認すべきです。

自分だけでなく客観的な意見を求めて第三者に見てもらう方が良いでしょう。

自分ではわかりやすいつもりでも、他人からみたら何が言いたいのか分からない書類というものはよくあります。

残り二つの理由については、企業が求めているものとマッチしていないという相性の問題もありますのですぱっと諦めることも必要です。

ただし、書類選考がほとんど通らないなどの場合は、自分の強みが明確でない可能性が大きいので自己分析やキャリアの棚卸からやり直しましょう。

この他にも書類選考でことごとく落ちてしまう人は、書類の書き方など基本的なことができていない、そもそも自分のスキルや経験を活かせる仕事に応募していないなど根本的な原因であることもあります。

転職エージェントの書類添削サービスを利用するなどして魅力的な書類作成を心がけましょう。

教えてくれないことが多いから聞くならダメ元で

では続いて面接で不採用になった場合に、企業に聞いても良いのかについてです。

まずは答えてくれる可能性ですが、かなり低いものだと思っておきましょう。

多くの企業では不採用理由を直接応募者に伝えるのは避けています。

不採用者に個別に理由を伝えるのは難しいですし、逆恨み等不要なトラブルを回避するためにも不採用理由については明言をしません。

聞くのであればダメ元で聞くのが前提ですが、聞いてはいけないということはありません。

企業としても、かなり迷って泣く泣く不採用にしたなど思い入れある応募者もいて、場合によっては不採用理由を教えてくれることがあります。

どうしても聞きたい企業にだけ、「聞いてだめなら諦めよう。」という覚悟で聞いてみるのは良いかもしれません。

電話ではなくメールで聞く方が良い

ただし、聞く場合は電話で問い合わせるのではなくメールで丁寧に聞いてみるというスタンスが良いでしょう。

電話でいきなり不採用理由を聞くということは、相手の時間を強引に奪おうとしていることと同じです。

忙しい人事担当者にとって、不採用にした人の対応で時間を取られることは、今後の採用活動のことを考えても負担が大きいことなのです。

メールであれば時間が空いたときに対応できることもあって、相手にとっての負担を減らすことができ配慮を感じられます。

この場合も「今回は採用を見送らせていただくことになりました。」など定型的な返事が返ってくる可能性は高いですが、その場合は切り替えて別の企業への応募を考えましょう。

転職エージェントなら不採用理由を聞かせてくれることが

不採用理由を知れる可能性がもっとも高いのは、転職エージェントに聞いてみることです。

転職エージェント経由で応募を行っていたのであれば、不採用理由について転職エージェントに聞いてみましょう。

転職エージェントは応募者の転職を成功させることを目的としていますから、不採用理由を分析して次の応募に活かしたいという考えがあります。

そのため企業の採用担当に不採用理由を聞いていることが多いので、その結果を元にアドバイスをくれます。

企業側にとっても、応募者に直接は言いにくくても転職エージェント相手であれば本音を話してくれるということもあります。

ただ、相手が転職エージェントであっても不採用理由を聞かせてくれない企業もありますので、すべてのケースではないということは理解しておきましょう。

その場合でも、転職エージェントは今回の応募で何が足りていなかったのかを一緒に考えてくれますので、転職活動で行き詰ったら相談してみると良いでしょう。

自分で何がだめだったのか分析する作業は大切

自分で聞いても転職エージェントに聞いても不採用理由が分からない場合は、不採用になった企業に固執せず気持ちを切り替えて他の企業への応募をしていくことが必要です。

ただ、今回は何がだめだったのかを考えてみることは有益な作業です。

面接で答えに詰まってしまったことはなかったか、面接官の表情から何を不満に感じているから読み取れるものはなかったかなど面接全体を振り返っておきましょう。

もしかすると、話が盛り上がっていたと思っていた間に調子に乗りすぎて言葉を崩してしまったなど、うっかりミスを犯しているかもしれません。

不採用になったという事実を受け止めた上で面接を振り返ってみることで、何が悪かったのかを冷静に考えることができます。

また、もう一度基本の面接対策を見直してみることも大切です。

転職活動が終盤になって応募企業が増えてくると、転職活動を始めた当初に気を付けていたことがおろそかになっている可能性もあります。

基本的なことは今回の面接でクリアできていたかなど、初心を思い出してみると良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?

今回は、転職活動中に不採用になった理由を知る方法についてご紹介しました。

企業に直接理由を聞いて答えてもらえる可能性は低いですが、不採用理由を次に活かしたいと思う気持ちは大切です。

失敗を次につなげるためにも、何が足りなかったのかはしっかりと分析するようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。