外資系企業で働いていると聞くと、映画ができてグローバルなイメージで憧れるという方も多いのではないでしょうか。

しかし実際に外資系企業でで働く人からは、外資系企業で働くことのデメリットも多く聞かれます。

そこで今回は、外資系企業で働くデメリットから見る、転職を考えるべき理由についてお話していきます。

上司が頻繁に代わることがある

どんな会社であっても上司が代わることはあり、そのために仕事のやり方や方針ががらりと変わることもあります。

今までのやり方に慣れて成果を挙げてきた人にとっては、上の都合で上司が代わり、慣れないやり方で仕事をやるということは大きなストレスでしょう。

外資系企業では、これが頻繁に起こります。業績を上げられず短期間でクビになってしまう上司も珍しくなく、そのたびに新しいやり方を余儀なくされることでしょう。

リストラの危険性が高い

いくら憧れの外資系企業で働いていたとしても、その身は常に不安定です。

外資系企業の場合、一番大切なのは本社の社員の雇用であって、現地の日本はいつ撤退するかもわからないおまけ的な存在とも言えます。

日本市場からの撤退はもちろんですが、成果主義の外資系企業では成果を挙げられずにリストラの対象になるということも珍しくないのです。

そのような不安定な身ですと常にプレッシャーとの戦いで、残業や厳しいノルマにも耐え続けてうつ病になってしまう人もいます。

短期的に稼ぎたいというのであれば良いのですが、長く働き続ける職場としては疑問が残ります。仕事が辛くて大変という方は、病気などになる前に転職を考えるべきではないでしょうか。

年俸制で残業代がでないこともある

外資系企業の場合、年俸制の場合も多く残業代という概念がないことがほとんどです。残業をしないで成果を上げられれば良いのですが、現実はそう甘くはないようです。

成果を出そうと長時間労働を余儀なくされ体を壊してしまうケースもあります。そこまでして外資系企業で働くのは一体何のためなのでしょうか。

長く働き続けようと思うのであれば、転職を考えてみるのも必要なことです。

人間関係が淡泊で孤独感を持つこともある

欧米などでは日本と違いオンとオフの差をしっかりつける傾向があります。そのため、外資系企業ではプライバシーを尊重したり、プライベートでまで職場の人と付き合いをしない人も多いそうです。

それはそれでメリットでもあるのですが、あまりに淡泊な人間関係に、辛いときに孤独感を持つ人もいます。

何かあったときに相談できる人が見つからない、励ましあえる仲間に出会えないなどは、日本人にとっては辛いこともあります。

福利厚生が弱い

成果主義の外資系企業の場合、成果を上げれば大きな収入が見込める一方で、福利厚生などが弱い傾向にあります。

特に退職金がないことも多く、年収だけでなくトータル的に得られる収入を考えると日系企業に比べて高収入とは決して言えないのではないでしょうか。

外資系企業からの転職で気を付けたいこと

外資系企業に嫌気をさして日系企業への転職を考える場合、転職活動では気を付けたいことがあります。

それは、個人主義の外資系企業と違い、日系企業では協調性が非常に重視されるということです。いくら優秀で語学力があっても、周囲と協力姿勢を持てない人材は敬遠されがちです。

面接でもそのことを聞かれる可能性がありますから、外資系企業の中でもチームで取り組んだ仕事や人と協力することで得られたことなど、面接官の安心材料となるようなエピソードを交えて話をすると良いでしょう。

また、英語力は当然あると思われることもありますが、外資系企業であっても英語を全く使わないような部署や職種もあります。

実践力に自信のないという方は、転職後に困らないように準備をしておく、英語力を求められない仕事に就くなど工夫をしておくことも必要です。

外資系企業からの転職をするなら転職エージェント

外資系企業からの転職を決めたら、まずは転職エージェントに登録することをお勧めします。

転職活動の方法としてはハローワークや求人誌など様々ありますが、転職エージェントには、多数の非公開求人を始めとする圧倒的な求人数があるので、多くの求人の中から比較検討して希望の求人を探すことが可能だからです。

また、担当のキャリアコンサルタントから職務経歴書などの応募書類の添削を受けたり、面接時のアドバイスをもらうことができます。

応募先企業へのアピールをするにあたって大きなヒントになることでしょう。

お勧めの転職エージェント紹介

ここでは、絶対に登録しておくべきお勧めの転職エージェントをご紹介します。

マイナビエージェント

職務経歴書の添削や面接対策などのカウンセリングに力を入れ、応募者と近い距離感で親身になって相談に乗ってくれると評判が高い転職エージェントです。

転職にあたって不安が大きく誰かに相談したいという方は、色々と相談に乗ってくれるので不安を解消できることでしょう。

キャリアコンサルタントは事前に知りたい企業の内情などにも詳しいので、応募前に確認しておくこともできます。

DODA

転職フェアや合同転職面談など、様々な転職イベントにも力を入れている転職エージェントです。転職イベントに参加することで、転職先の生の様子を感じることが可能です。

自分がいた業界以外について知りたいという方は、一度足を運んでみることで新しい業界や職種についても興味を持つことができるでしょう。

担当のキャリアコンサルタントに外れがなく熱心なサポートが受けられると評判です。

リクルートエージェント

転職成功実績№1、大手リクルートが運営する転職エージェントです。非公開求人約10万件と圧倒的な求人数を誇ります。

様々な案件の求人の中から自分の希望に合った求人を探すことができます。まずどこに登録しようと迷ったのであれば安定感抜群のリクルートエージェントはお勧めです。

最後に

いかがでしたか?

今回は、外資系企業で働くデメリットから見る転職を勧める理由についてお話してきました。

華やかなイメージが強い外資系企業ですが、実際には長く働き続ける環境としては難しい面も多いです。

無理して働き続けて体を壊してしまっては元も子もありません。転職を考えてみてはいかがでしょうか。

その先にあるのは、転職を成功させて生き生きと自分らしい人生が待っていることでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。