世の中には女性が多い職場の人間関係に悩みを抱えている人は多く、社会人として失格ではないかと自分を責めてしまうことがあります。

しかし、女性の多い職場は種特殊な環境下にある為、その中でうまくやれないという人でも、男性もいる職場に移ることで驚くほど働きやすくなることがあります。

今回は、女性職場に向いていない人と、悩みを抱えている場合に転職すべき理由、職場の男女比を確認する方法についてご紹介していきます。

女性職場に不向きの人はこんな人

女性だらけの職場に向いていない特性を持つ人がいます。

女性が多い職場で悩みを抱えている人は、その特性のせいで女性から浮きやすいのかもしれません。

どんな人が女性職場に不向きなのでしょうか?

気が弱い人

女性の多いの職場で働いている人たちは総じて気が強いです。

そのため気が弱く大人しい性格の場合、悪気がないのにイライラされてしまうことがあります。

また、強めの口調で仕事の指示を出したり、注意をすることも多いため、気が弱い人にとってはきつく感じ、毎日怒られているように思うことがあります。

それが苦痛になって辞めたいと感じてしまうことも少なくないようです。

一人行動が多い人

社会人なので、一人で行動することは何ら問題のないことだと思うかもしれませんが、女性は非常に協調性を大切にするものです。

悪く言うと一人で行動できなかったり、集団の中にいることに安心感を覚えるものでもあります。

そのため、一人でランチに出たり自由な行動が多い人は、女性からは疎まれる対象になりやすかったり、協調性のない人間だと思われてしまうこともあります。

一人行動ができること自体は決して悪いことではないのですが、女性の多い職場で働く場合には周りから浮いてしまったり、自分が働きにくいと感じてしまうことがあります。

男性もいる職場であれば、男性は抵抗なく一人で行動することが多いため、職場全体から見て浮くことも少なくなります。

メイクやお洒落に興味のない人

女性たちが集まると、メイクやファッションのことで会話が盛り上がることが多いです。

特に女性の多い職場では、美容やアパレルなどを仕事としていることもあるため、メイクやお洒落にさほど興味のない人にとっては苦痛に感じることがあります。

周りに合わせようとして買い物に付き合ったり、すすめられた化粧品を使ってみたりと努力をしても、本来それほど興味のないことなので無理があると感じている人もいます。

気が強すぎる人

女性だらけの職場では、気が弱い人もうまくなじめませんが、逆に気が強すぎる場合もうまくいきません。

自分の意見をいつでも主張したり、きつい態度が多い人は、陰口を叩かれてしまうことになります。

自分が上の立場の場合も、ついてくるフリをしているかもしれませんが、実際には尊敬されず「ああはなりたくない」と思われています。

これが男性もいる職場であれば、気の強い女性が他の女性にきつくあたるということはかなり少なくなります。

男性の目を気にするという意味もありますが、逆に気が強い女性は、男性から気の弱い女性を守ろうとする傾向にあり、結果としてその人間関係がうまくいくということが多いです。

どうしても嫌われてしまう場合に女性職場を諦めるべき理由

自分では努力しているつもりなのに、どうしても女性が多い職場ではうまくやれないという人も中にはいます。

その場合には、女性職場が合っていないことが考えられます。

女性の多い職場ではなく、男女比が同程度の職場に転職した方が良いでしょう。

ここでは、女性だらけの職場になじめない人が転職すべき理由についてお話していきます。

女性は男性がいることで変わるものだから

女性は男性がいると人が変わる、そんなのは男性に媚びを売る女性だけだと思うかもしれませんが、そのような意味だけではありません。

なぜなら、女性の多い職場では、女性自身が社会における男性の役割を自然と果たそうとしているために、本来あるべき状態から無理をしていることが考えられるからです。

例えば、男性上司がいない職場では、本当は強く言いたくない場合でも、自分が強く言わざるを得ない状況になることがあります。

女性は本来は、気が弱いところがあり、相手を気遣う性質を持っているので、無理をして強がっている人も多いのです。

男性もいる職場であれば、女性が女性らしく本来の性質を活かすことができるため、職場全体として役割がはっきりしてやりやすくなると言えるのです。

働くことそのものが嫌いになってしまうから

女性の多い職場を転々としても、毎回同じような悩みを抱えることになるという方は注意が必要です。

育った環境や根本的な考え方の違いなどが原因だとすると、そう簡単に変えることはできないからです。

本来仕事自体は嫌いではないのに、いつも同じような人間関係に悩みを持つことで、会社に行きたくないと感じたり、仕事そのものに嫌悪感を抱くようになってしまいます。

女性が多い職場から離れることで、仕事に集中できたり、元々感じていた仕事へのやりがいを取り戻すことができるでしょう。

我慢しすぎると病気になってしまうかも

常に転職理由の上位に挙げられる人間関係の悩みは、我慢しすぎると大きなストレスになり心身ともに疲れ果ててしまいます。

胃が痛くなったり慢性的な頭痛が続くなどの他にも、最悪の場合にはうつ病などの病気の原因ともなってしまいます。

一度うつ病になると職場復帰までに時間がかかり、転職活動も難しくなることが考えられます。

そうなる前に、早めに手を打つことが大切です。

男女比がほどほどの職場を探すには

では、男性も女性もいる、男女比がほどほどの職場を探すにはどうしたら良いのでしょうか。その確認方法をご紹介します。

客として行ってみる

転職先として気になる企業が接客業がメインの職場であれば、応募前にその職場に客として行ってみると良いでしょう。

男性もいるかの確認ができる他にも、職員同士に笑顔があって雰囲気の良い職場かどうかも確認できます。

面接のときに確認する

客として訪問することが難しい職場であれば、面接の待ち時間や面接後に、職場内の様子を確認するという方法もあります。

このときに見るべきポイントは男女比の他にも、社員同士がコミュニケーションを取りながら仕事をしているか、職場が静まり返っていたり、ピリピリとしたムードがでていないかを探ってみましょう。

キャリアコンサルタントに聞いてもらう

自分で面接のときに確認するのが難しいのであれば、キャリアコンサルタントに聞いてもらうという手があります。

キャリアコンサルタントとは、転職エージェントに所属している転職支援のプロのことで、転職時の様々な相談や具体的な調整をしてくれる転職の強い味方です。

企業の内情に詳しかったり、企業の採用担当と連絡を密に取り合っていることが多いので、男女比についても聞いてもらうことは可能でしょう。

人間関係に悩みを感じたら早めの転職を

今回は、女性の多い職場に向いていない人と、転職をした方が良い理由、転職希望先の男女比の確認方法をご紹介してきました。

男女は関係なく仕事をする時代と言われてはいますが、実際には男女の生まれ持った特性が違うために、どうしても女性職場に向かない人はいます。

自分が働きやすい環境で仕事をするためにも、男女比にも着目してみてはいかがでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。