仕事で成果を挙げるには、自己管理能力が必要だと言われます。

さらに、自己管理能力を高めることで常々考えていた転職についても優位に進めることができます。

しかし、自己管理能力はどのようにして高めれば良いのでしょうか?その方法と転職に与える影響についてお話していきます。

仕事に役立つ自己管理能力を高めるには

仕事に役立つ自己管理能力を鍛えるにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?

具体的な方法についてご紹介していきます。

中長期的な目標を設定すること

自己管理能力を高めるのに最も大切なこととして、目標設定を行うということが挙げられます。

自己管理能力を高めるのは、自己管理能力の高い人間になること自体が目的ではありませんよね?

人によって目標は異なりますが、自己管理能力を高めることによって人からの評価を得たいのか、自己実現のためなのか、最終的にどうなりたいのかを定めておくことは大切です。

また、そのような長期目標だけでなく、目の前の目標、中期的な目標と、段階的な目標を決めることも必要です。

例えば、自己管理能力を高めてまずは仕事効率を上げることを目下の目標とします。

次に、それによって成果を出し、さらに出世して収入をアップさせる、最終的にはマイホームを購入し、家族の幸せを実現する、という風に中長期的な視点で目標を定めましょう。

このように段階的な目標を設定することで、そのためにやるべきことは何かを考えることができるようになります。

モチベーションを保つことができて自分を律するようになるでしょう。

人に相談してストレスを発散するのも自己管理

自己管理能力が高い人というのは、何でも自分でできたり解決してしまうという人のことではありません。

結局人は自分一人では生きていけませんし、仕事においても必ず誰かの助けや協力が必要なのです。

例えば、悩みを一人で抱えこんでしまってストレスを溜めこみ、精神的に参ってしまう人は残念ながら自己管理能力という点では不足しています。

早い段階で自分の悩みやストレスと向き合い、「このままではこうなってしまう」という危機を察知して回避方法を考えることができる人が自己管理能力が高い人と言えるでしょう。

悩みがあったら一人で抱え込まずにその都度信頼できる人に相談する、ストレス発散方法を見つけて適度に発散していく、このように意識していくようにしましょう。

どんなときでも時間厳守を自分に課する

自己管理能力というと時間管理は必ず含まれるものです。

時間にルーズな人は自己管理能力が低いと言っても過言ではありません。

特に時間は自分だけでなく人にまで影響を与えるもので、遅刻などによって相手の貴重な時間を奪うような人は、到底仕事で成果を挙げることなどできないのです。

鍛える方法としては、毎朝出勤時刻を守るという当たり前のことだけでなく、「どんなときも時間は守る」ということを自分に課しましょう。

例えそれが友人や家族など近しい人との約束で、遅刻しても許してくれる相手であろうともです。

また、自分が「この時間に眠ろう」と決めた時間には必ず寝るように習慣づけるなど、日々の小さな時間厳守を自分に課しましょうましょう。

そうして小さな「時間の約束を守ること」を習慣化していくことで、時間の大切さに気づくようになります。

結果として、限られた時間の中でどう行動するかを常に考える、管理能力が身についていくのです。

食生活や睡眠など体調に直結するものは一番大切だと心得る

食生活の管理や睡眠時間の確保は社会人としての基本ですが、意外と難しくできない人が多いのも事実です。

特にお酒が好きや人や夜遊びに行くのが好きな人は、二日酔いや睡眠不足で次の日の仕事に影響が出てしまうなんてこともあるのではないでしょうか?

また、そこまでいかなくても、ついつい食べ過ぎてしまうというのも、次の日に何となく体が重く感じて良いパフォーマンスが発揮できなくなります。

まずは暴飲暴食はやめて、仕事の前の日には飲み会も早めに切り上げるようにしましょう。

その次に体に良いものを意識して食べたり質の良い睡眠を得るための工夫を行うなど、段階的にできることから始めるようにしましょう。

TO DOリストを作成する

自己管理の方法としては、毎日の仕事の中でTO DOリストをつけることもおすすめです。

自分の仕事なのだから頭に入っているよと思うかもしれませんが、リスト化することで仕事の優先順位が明確になりますし、一つ一つクリアしていくことでモチベーションを保ちやすく集中力につながります。

細かくリストを付けすぎてしまうと、リストをつける時間がかかりすぎてしまうので、大まかでも大丈夫です。

一番良いのは、今日の仕事が終わったら、明日の朝から取り掛かる仕事のTO DOリストを作成してから帰宅することです。

一旦リセットされてしまった頭でやるべきことを思い出していくより、仕事終わりで業務の進捗状況を理解している頭で書いたリストの方が、より早く的確な内容になるのでおすすめです。

日記やノート、家計簿など「書くこと」を習慣にする

自己管理能力を高めるために、日記や家計簿など自分の言動を書いていくことによって客観的に振り返るという方法が有効です。

何となく心の中で感じたり考えていることや動きを、書くという行為によって視覚化されるので、自分を管理する方法としてはもってこいです。

記録として残すことで後々の振り返りに利用でき、自分の変化を客観的に分析することができるでしょう。

頭の中の思考や何気ない行動を形にするということのその威力は素晴らしく、これをするだけで自分を律する力がついてくるようになります。

自己管理能力を高めることで転職の確率が上がる理由

自己管理能力を高めるように意識していくうちに、常々機会をうかがっていた転職についても成功確率が上がるようになります。

一体どういうことなのでしょうか?

自己管理能力は転職にも役立つ

自己管理能力を鍛えるために、目標を設定して一つ一つの過程をクリアしていくことが身につくと、実は転職活動にも大いに役立てることができます。

転職というのは転職が最終目標ではなく、転職したあとにどんな働き方をしたいか、どんな自分になりたいのかは目標です。

目標を定めるという行為や、そうなるためには何をするべきなのかを考えていくという意味で、転職活動と自己管理能力を鍛えることは同じことなのです。

職務経歴書も書きやすくなっているはず

自分の考えや言動を書き記すことを習慣にしていると、思考を使って客観的に自分を分析できるようになってきます。

これが、転職活動に必須の職務経歴書にも役立てることができます。

自己管理能力を高める前と後では、職務経歴書の書きやすさが全く違うことに気づくでしょう。

完成した職務経歴書はぜひ応募前に第三者の目で見てもらうことをおすすめします。

第三者の目が入ることでより確実に応募企業の目に留まるような、会ってみたいと思わせる職務経歴書に近づくことができます。

第三者としては、近しい人でも良いのですが、やはり転職支援のプロであるキャリアコンサルタントが良いでしょう。

転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントに応募書類の添削を行ってもらうことで、書類審査での通過率は格段にアップするはずです。

転職エージェントへには無料で登録することで、キャリアコンサルタントに応募書類の添削の他にも様々な支援をしてもらうことができますので、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、仕事に役立つ自己管理能力を高める方法と、転職に与える影響についてご紹介してきました。

自己管理能力を高めるというのは、言葉にするとなんとなく面倒でハードルが高いことに感じるかもしれません。

しかし実際にやってみると、自分の新たな一面を発見したり、成長を感じられて楽しいことでもあります。

できることから始めてみませんか?

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。