会社が倒産しそうなときに、倒産前に転職をするか、倒産するまで待ってから転職活動をするのかの選択を迫られます。

倒産がほぼ確実であれば、早めに見切りをつけて倒産前に転職活動を行うようにしましょう。

今回は、倒産してからの転職活動に潜むリスクと、倒産前に転職をすることのメリットについてご紹介していきます。

倒産してからの転職の金銭的なリスクとは?

倒産してからの転職活動では、まず金銭的なリスクが大いに考えられますが、どのようなことなのでしょうか?

給与未払いや退職金不支給のリスクも

倒産した会社には支払能力がないため、最悪の場合には給与の支払に遅延が生じることがあります。

経営者の夜逃げなどで、給与が支払われないというケースもあります。

また、未払い賃金を国が立て替えてくれる未払賃金立替払制度というものがありますが、未払い賃金の全額ではなく8割です。

しかも、ボーナスに関しては対象にならないため、注意が必要です。

さらに退職金に関しても対象になりえますが、上限が定められているため、高額の退職金を全額受け取れるということはありません。

給付日数が長くなるのは実はデメリットかも

倒産して退職をした場合、雇用保険のいわゆる失業手当に関しては給付日数が多くなったり、自主退職よりも早めにもらえるというメリットがあります。

しかし失業手当でもらえる金額は、あくまでも賃金の6割程度に過ぎず、自立して生活をしていくのはかなり厳しい金額です。

いくら給付日数が長いと言っても、その間貯金を切り崩していく必要はありますので、倒産後の援助について安心しきってしまうのは実はリスクがあることなのです。

倒産してからの転職が与える精神的な影響とは?

倒産してからの転職活動は、精神的に悪影響を及ぼすことになります。

どんなことが考えられるのでしょうか?

失業期間が長くなると働くのがバカらしくなる

失業手当をもらい、貯金を切り崩しながらの生活は厳しいです。

しかし、実家に帰って住む家などを確保できれば、何とか生活していけるレベルを保つことは可能です。

その間は、働かなくても収入があるため、失業期間が長くなればなるほど働くのが馬鹿らしくなることがあります。

特に倒産したために給付日数が長い場合には、自分の中に甘えの心が生まれてしまい、「失業手当をもらえる間は敢えて職探しをしなくてもいいや」という気持ちになります。

怠惰な気持ちが生まれてしまうと、そこから気持ちを切り替えて仕事を探すのはなかなか難しく、気分が乗らないため、転職先にもうまくアピールすることができなくなっていきます。

焦りがでてくるため転職が失敗しやすい

自立して生活している人にとっては、倒産したあとの転職活動はかなり焦りがでてくるものです。

なぜなら、早く転職先を決めないと生活自体が困難を極めるからです。

焦る気持ちが生まれることで転職先のレベルを下げてしまったり、「ここで決めなくては!」という強い気持ちが気負いになり、応募先の企業に好印象を与えることができなくなってしまいます。

倒産してからの転職活動は、長引けば長引くほど焦りの気持ちが増えていくというデメリットがあります。

倒産する前の転職活動にはこんなメリットが

倒産する前に転職活動を行うことは、倒産後の転職活動に比べてもメリットが大きいことです。

一体どんなメリットが考えられるのでしょうか?

気持ち的な余裕を持って転職活動に臨めるため能力を十分にアピールできる

倒産する前に在籍しながら転職活動をすると、時間的にも気持ち的にも余裕があります。

焦る気持ちが少ないため、面接などでも落ち着いて冷静に対処することができ、結果として自己アピールをしっかりと行うことができます。

気持ち的な余裕があるのとないのとでは、転職の成功にも大きく影響を与えることなのです。

転職先でブラック企業につかまらない

焦りが生まれる倒産後の転職活動と違い、内定をもらった企業に多少不満があれば、妥協して転職する確率が低くなることは大きなメリットです。

気持ちの余裕があれば自分自身で冷静に転職先を見極め、しっかりとした企業を選ぶことができます。

妥協をして就職した会社は結局自分の希望とずれがあるため、満足できないことが多いですし、中には転職先がブラック企業だったということもあります。

ブラック企業につかまれば長時間労働で体を壊したり、ノルマが厳しくパワハラ上司がいたりなどで、再度の転職活動を強いられるはめになります。

貯金を削らず経済的な安定が図れる

倒産前に転職先を決めてしまうことで、収入が途絶えることがないため経済的なメリットは非常に大きいです。

さらに倒産前であれば企業側の支払体力がまだあり、給与の遅延や退職金の未払いなどを避けることもできます。

倒産の兆候を敏感に察知しよう

会社の業績が良くないことは薄々感じるかもしれませんが、倒産の兆候にはどんなことが考えられるのかを知っておく必要があります。

それに該当することがあれば倒産の可能性が高まるため、素早い行動に移すことができるからです。

例えば一般社員には知らされない内容の役職者会議が頻繁に行われるようになったとか、銀行関係者がよく訪ねてくるようになったなどは、経営が悪化しているサインです。

さらに、経理課の職員の退職が相次いでいる場合には危険です。

経理課は会社の資金繰りなど経営状況を把握していますから、倒産前に脱出を図っている可能性が高いです。

新しく人員の補充がなければ、経営悪化はほぼ確実でしょう。

[ 関連記事 ]

在籍中の転職活動には転職エージェントがおすすめ

倒産後の転職活動は非常にリスクが高いことですから、倒産前にしっかりと転職先を見つけておくようにしましょう。

在籍中の転職活動には、転職エージェントの利用がおすすめです。

ハローワークなどに出向かなくても求人を探すことができますし、面接の日程調整など具体的なサポートを受けることができます。

業績悪化でなかなか有休がとりにくいという状況であっても、転職活動を進めていくことができるのが大きなメリットです。

転職エージェントの登録は無料なので、賢く利用していきましょう。

会社の倒産前に転職をしよう

今回は、倒産してからの転職に潜むリスクと、倒産前の転職活動のメリットについてご紹介してきました。

会社と一緒に沈没しても、将来その会社が助けてくれる保証はどこにもありません。

自分の身は自分にしか守れないのだと理解して、倒産前の転職を心がけましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。