退職は自分の意志であるにもかかわらず、上司や同僚たちから引き止められて困っているという悩みをよく耳にします。

特に円満退職を目指す人にとっては、何とか会社に納得してもらって辞めたいと感じることでしょう。

退職がうまくいけなければ、せっかく決まった転職先に転職することができず、これまでの転職活動が水の泡になってしまいます。

そうならないためにも、しっかりと退職するための対処方法を覚えておきましょう。

今回は、会社から退職を引き止められて困る場合に、思い出してほしいことをご紹介していきます。

本当に辞めるという意志を持つ

転職したいけど辞められないという場合、まだ退職の意志が固まっていない可能性があります。

辞めると決めたのか、それとも辞めようか迷っているのか、この二つには大きな違いがあります。

後者の場合、上司や先輩に相談しても引き止められるに決まっています。

そもそも相談というのがおかしなことで、本当に辞めると決めたときは相談ではなく報告です。

まずは本当に辞めるのかどうするのか、自分の意志をしっかりと確認しましょう。

迷っているのであればそれは、引き止めに合って辞められないのではなく、あなたが辞めると決めていないという自分自身の問題に過ぎないのです。

会社は「代わりがいる場所」と認識しよう

引き止められるときの言葉として、「あなたには期待している」「あなたがいないと皆が困る」と言われることもあるでしょう。

引き止められる以上は、確かに辞めて欲しいとまでは思われているのではないのは事実です。

自分がこれまで言われたことのないような評価の言葉を投げかけられると、正直嬉しいと思ってしまうのが人間です。

しかしそれは、嘘とまではいかないとしても100%の気持ちではありません。

評価の言葉の真実はせいぜい良くて2~30%が本心、残りは「辞められると人員の確保が面倒」「余計な仕事が増える」などで埋め尽くされています。

はっきり言うと、会社はいくらでも代わりがいる場所です。

例えどんなに優秀な人材であったとしても、必ず代わりは見つかります。

なぜならそれが会社という組織であり、そうでなければ会社として成り立っていけないからです。

どんなにあなたをほめたたえる言葉を言われても、真に受けてはいけません。

引き止めるための常套文句であり、思ってもないことを言うのもまた上司の仕事のうちなのだと思っておきましょう。

辞める理由は必ずしも本当のことでなくても良い

辞める理由は「一身上の都合」、本来はそれで良いのですが、今まで一緒に仕事をしてきた上司や同僚たちが納得してくれないということもあるでしょう。

その場合は必ずしも真実を伝える必要はありません。

仕事内容や残業の多さへの不満など、改善が可能な理由であれば改善を条件に引き止めに合う可能性があります。

しかしそれで残ったとしても、自分だけ改善されることに肩身の狭い思いをしたり、口先だけで実は改善されないということもあります。

引越しや他にどうしてもやりたい仕事があるなど、例え嘘でも良いので相手がこれ以上引き止められない理由を伝えましょう。

自分と相手の価値観が違う以上、自分の退職理由を本当に理解してもらうことなどできないのです。

相手に理解してもらう必要はなく、ただしっかりと辞める、必要なのはそれだけなのです。

相手が強気ならこちらも毅然とした態度で

こちらが引き止めに応じない態度を取ると、相手が逆ギレして「非常識だ」「裏切り行為だ」などのようなことを言ってきたり、豹変したような強い態度に出てくる場合があります。

その場合はこちらも毅然とした態度で返しましょう。

そもそも自分の意志で辞めれば良いのに引き止めに合って困ってしまうという場合は、気が優しくて相手の立場を気遣いすぎてしまう他に、法律について詳しくないなどが考えられます。

会社と労働者とは雇用契約の関係にあり、あなたが「雇ってもらっている」という一方的な立場ではなく対等な契約関係にあります。

実は労働基準法には退職に関しての規定がなく、一般法である民法の契約の規程に基づいています。

民法の基準によると、退職の14日前までに解約の意志表示をすれば良いことになっており一般的に言われるような「退職の1~3ヶ月前までに伝えなければならない」という決まりはありません。

それは、あくまでも就業規則などの会社上の規則や一般常識として言われることなので、法律上は14日前で良いのです。

これを理解してさえおけば、相手の脅しとも取れる言動に怯える必要はないのです。

辞めるときこそビジネスライクに徹しよう

退職は「これまで一緒にやってきたのに。」「残された仲間たちはどうなる?」など感情論で引き止められることもありますが、そのような感情的なことを色々話をしてもきりがありません。

これまでお世話になった人には辞める最後の日にしっかりと感謝を伝える、それで良いのです。

あとはビジネスライクに、退職の具体的な手続きをすすめる動きを見せましょう。

上司が何とか説き伏せて退職の意志を弱めようと曖昧にごまかすこともあるでしょう。

そのときは「〇日までに返事をください。」と期限を定めてあやふやにされないように、自ら働きかけるべきです。

これまで社会人として培ってきたビジネスライクにする技術を、辞めるときにこそ実行しましょう。

同じような悩みは多いから転職エージェントに相談しよう

会社から引き止めに合うことを考えても、転職活動は転職エージェントを利用してするのがおすすめです。

転職エージェントは転職支援のプロで、多くの転職を手助けしてきた実績があります。

この引き止めに合って困るという悩みはよくあることであり、転職エージェントとしても退職をスムーズに行うための知識を持っています。

退職と転職は切り離すことはできませんから、転職先での入社日と現職との退職日の調整をどうするのか、どのように上司に伝えたら円満退職できるのか、具体的なアドバイスを受けることができます。

もちろん、辞めるのを最後に決めるのは自分です。

しかし転職エージェントのバックアップがあれば安心して退職に向けて動き出すことができるでしょう。

転職エージェントは、無料で利用できるのでぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、退職を引き止められて困る場合に思い出してほしいことをご紹介しました。

辞める強い意志と適切な行動さえあれば、しっかりと辞めることはできます。

次の転職先で頑張るためにも、現職との別れはスムーズに行っておきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。