子供ができたけど今の会社に理解がなく、とても育児と仕事を両立できる環境にない、夫の転勤についていくことになり転職を余儀なくされたなど、様々な理由で転職活動を行っているワーキングマザーがいます。

周囲の環境や考え方によって働き方に影響がでてしまうのがワーキングマザーの辛いところで、悩みや不安はつきないという人も多いでしょう。

しかし、転職することによって育児に理解がある職場で働けるようになった、自分が転職して頑張る姿を見て夫が協力的になったなど、転職して良かったと感じるワーキングマザーも多いものです。

その環境を手に入れるために、転職活動での心構えやアピールポイント、気を付ける点などを知っておきましょう。

子供がいるから不採用になるというケースばかりではない

ワーキングマザーの転職の悩みを聞くと、子供の年齢や人数などを伝えることで不採用になると言う人がいます。

それを不採用理由として公にすることは企業側としてもできませんが、実際にはこのような不採用理由も存在しています。

特に子供が小さい場合は仕事への影響を懸念されることはあるでしょう。

しかし、子供が小さくても良い企業に転職できる人は大勢いて、私が知っているケースでも、3歳の子と生後6か月の赤ちゃんがいる30代女性で、高い倍率の事務職に転職した人もいます。

その会社は特に女性社員の働き方改革に積極的というわけではありませんでしたが、明るくハキハキした性格と英語力があるという強みを上手にアピールできたのがポイントだったようです。

また、ワーキングマザーの転職は子供がいない女性に比べると不利だと思うかもしれませんが、子供がいない女性は「近いうちに子供を産んで辞めるのではないか?」と思われることもあり、それぞれの年齢や立場によって指摘されやすい部分はあるのです。

小さい子供がいるから絶対に転職できないということではなく、相性の問題や面接での対応など、自分の中に不採用理由があるケースも多いのです。

大事なのは、企業側が感じる不安要素をどう解消して自分を提案していくのかということです。

スキルや実績を整理して自分のアピール方法に工夫を加えていく、応募書類や面接対策に客観的視点を組み込んでいくなどして諦めずに続けていきましょう。

自分が不安に思っていると相手も不安に思う

仕事中に子供が熱を出したらどうしよう、育児や家事をしながら正社員として頑張れるのか、などワーキングマザーの転職活動には不安がつきものです。

しかし、自分が不安に思っていることは必ず相手に伝わります。

転職先はワーキングマザーの不安を「解消してくれる」場所ではありません。

冷たい言い方のように感じるかもしれませんが、会社が人を雇うのはボランティアではなくお金がかかりますから、会社にとってメリットがある、貢献してくれる人を雇いたいと思うのは当然のことなのです。

こうなったらどうしようと思うのであれば、そうなったときにどうするのか具体的に解決策を見つけておくことです。

子供が熱を出したら自分だけでなく夫にも迎えに行ってもらうようにする、近くの両親などに助けをお願いできるか頼んでおく、複数の対策方法を用意しておきましょう。

それが難しいようであれば、子育てに理解がある職場に絞って探していくなど転職の方向性を修正していく必要もあります。

また、頑張れるのかどうかの不安は、大丈夫、頑張れると言い聞かせて前向きに転職活動を行っていくべきです。

頑張れるかどうかわからないと感じている人を雇いたいと思う企業などないからです。

ワーキングマザーであることの強みとは?

自分はワーキングマザーだから働かせてもらえればどこでもいいという気持ちでは、何とか採用してもらおうと嘘をついてしまったり、自信のなさが面接に表れてしまって魅力を伝えることができません。

そういった消極的な姿勢ではなく、ワーキングマザーであることの強みを積極的にアピールしていいましょう。

元々女性は同時に複数のことをやったりすることが得意で、家庭と仕事の両立という点では男性より長けています。

時間が限られているワーキングマザーだからこそ、効率を考えて仕事ができ、生産性がアップする取り組み方を工夫していけるという強みがあります。

企業側にとって、ワーキングマザーを採用することでメリットとなるのは、他の職員たちの意識改革、業務改善や効率化を進めることによって職場全体として仕事の質が向上していくことにあります。

また、未婚女性が感じている将来の不安に対してモデルケースになることができるなど、職場の女性たちの励みにもなる存在です。

このように、ワーキングマザーだからこそ貢献できることがあるということをアピールしていきましょう。

そのような積極的な姿勢を持つワーキングマザーであれば、企業としてもぜひ採用したいと思ってくれます。

企業研究は内情まで調べていくのがポイント

ワーキングマザーに限らず、企業研究は転職活動の基本となるものです。

会社の業績や事業内容だけでなく、どんな社員が働いているのか、具体的な育児支援制度が使われているのかなど、詳細を調べていく必要があります。

ここでワーキングマザーが気を付けたいのは、「育児支援に積極的です。」など世間的に好印象を持たれやすい文言をうたっている企業です。

単に企業イメージを上げるために言っているだけのケースと、本当に積極的に制度利用を推進したり、独自制度を設立するなどして実際に利用しているワーキングマザーがいるケースとあります。

もちろん転職先として選ぶべきは後者の企業になります。

企業HPに載せられた文言だけを鵜呑みにするのではなく、転職口コミサイトを探す、面接で取り組みについて聞いてみるなどして、複数の方法で調べておくようにしましょう。

また、ママ友達など知り合いに聞いてみるなどすると、「知り合いの夫がその会社で働いている」など意外と近いところで会社の内情を聞けるチャンスがあることもあります。

ワーキングマザーの転職は転職エージェントが頼りになる

ワーキングマザーは、他の立場の人に比べて絶対に譲れない条件が多くあります。

面接では聞ききれないし、正直面接官の心象を悪くするのではという不安で聞けないこともあるでしょう。

そんなときに頼りになるのが転職エージェントです。

転職エージェントは企業とパイプを持ち、採用担当と連絡を取り合う中で企業内情を知ることができます。

育児支援制度の有無や利用状況、希望部署の育児に対する理解など、聞きたいけど聞けない情報を持っている、あるいは採用担当に聞いてくれるでしょう。

上手に利用して育児に理解がある職場を探していきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、ワーキングマザーの転職活動の心構えとアピールポイント、注意点などをご紹介しました。

家庭も仕事も手放さないことができる時代です。

ワーキングマザーとしての経験や強みを活かし、内定を勝ち取るための工夫をしていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。