面接官も人間ですから、同じ受け答えをしても好まれる場合とそうでない場合があります。

誰からも好まれる面接対応を心がけると、他の応募者との差別化ができずどこにでもいそうな人というイメージを持たれてしまいます。

ある程度面接官のタイプによって対応を変えていくようにしましょう。

面接官がどんなタイプかは見た目や話し方などで分類することができ、それは応募者が感じた印象が意外にも役に立ちます。

面接官と向かい合ったときにどんなことを感じたのかという直感は、当たらずも遠からずです。

その印象ごとに面接官をタイプ分けし、対応していくようにしましょう。

「随分若い面接官だな」と感じたら

面接官はその部署の長や人事課長など、基本的には40代以上と思われる見た目の人が担当することが多いです。

ただ1次や2次面接であれば見た目年齢が随分若い、場合によっては自分よりも年下では?と思うような面接官がいます。

このタイプは見た目の年齢が若く見分けやすいのですが、人事課の若手や役職があっても係長クラスで、将来的にメインの面接官となるよう育てられているケースが多いです。

このタイプは司会進行や書記的役割をすることも多く、質問する場合でもかなり定番の質問がほとんどです。

人事課の若手であればまだ不慣れな様子も見られ、こちらが答えた内容を一生懸命メモに取っている時間が多いです。

このタイプには積極的にアピールしていくというより、常識的な受け答えで落ち着いた印象を与えるのが効果的です。

このタイプの一存で合否が決まるということはまずないですが、一応「持ち点」もあって選考会議にも参加します。

質問タイムで相手が困るようなことを言ったり、個性的な返しをして困らせてムッとさせないように心がけましょう。

「声が大きくて気さくな面接官だな」と感じたら

比較的年齢が高めの中小企業の役員や経営者に多いのですが、とにかく声が大きい、しかしフレンドリーな感じで他愛のないことをよく話しかけてくるタイプの人がいます。

相手の話を聞くというより自分が話したがり、面接だったのが「君はこういうところが良いがまだまだ甘いところもある」など厳しくも温かい人生相談のような場になっていることもあります。

話し方にも感情が込められていて、ときどきさらに大きな声を出したりもします。

応募者が女性の場合は少し驚いたり、厳しいことを大きな声で言われて気持ちが落ち込むこともありますが、基本的に情が厚いからこそということを覚えておきましょう。

対策としては、自分も笑顔を出したり感情を込めて話すようにする、苦労した点や努力したエピソードなどを伝えていくなどすると良いでしょう。

具体的な実務スキルよりも意欲や人柄面で評価してくるタイプです。

「真面目で厳しそうだな」と感じたら

厳しい面接の場面に登場してきそうな「THE 面接官」とも言えるこのタイプは、余計な話はしないで質問を次々と投げかけてきます。

基本的な表情は眉間にしわを寄せて何かを悩んでいるような様子に見えます。

こちらが何を言っても笑顔は見せませんが、普段は悪い人ではないことも多いので特に気にする必要はありません。

ときどき「ありきたりな回答ですね」といったきつい一言を投げかけてきますが、応募者の反応を見ているだけなので動揺したり、反論したりしないようにしましょう。

応募者がどんなに良い回答をしても感情を表さず淡々としています。

このタイプの面接官に対しては気持ちを強く持ち折れないことと、相手の表情や雰囲気に流されないよう自分のペースで質問の内容に集中することが大切です。

厳しい質問も多いですが、ハキハキと的確な返事ができればきちんと評価してくれます。

質問に対する答えがダラダラと長くなり、段々話が変わっていくことのないよう、YesかNoかを先に述べてから根拠を述べるなど、論理的な話し方を心がけるようにしましょう。

「優しそうな雰囲気の人だな」と感じたら

40代~50代ぐらいで、ニコニコしていて優しそうな雰囲気のタイプは、ほっとして気を緩めがちですが注意が必要です。

このタイプは人事課の長など、面接を数多くこなしてきたプロ中のプロであることも多くあります。

下手に圧迫面接をしてくるよりも面接スキルに長けていることもあり、人を見抜く目を持っています。

このタイプは感じよく接することで応募者の「素」を出させようとしていますから、ついつい口を滑らせて前職の不満を言ってしまったり、敬語が崩れてしまうなど常識外れなことが無いようにしましょう。

感触が良いと自分では思っていても、バッサリ不採用になることもあるので、最後まで誠実な対応を心がけることが大切です。

「人事担当には見えないけど誰だろう」と感じたら

制服や作業着を着ていたり、年齢的にも若くもなく年配でもなく、この人はどんな立場の人だろうと感じるタイプは現場職員である可能性があります。

40代前後の女性であることもよくあり、役職者ではないけれどその担当のリーダー的存在であることも多いです。

つまり実際に採用が決まって働くことになったら、もっとも直接的に関わる人物ということです。

このタイプは一人で面接を担当することはなく、他の役職者に同席しているというスタンスで控えめな印象で面接に臨んでいます。

面接慣れしてはいませんが、「自分が教えやすそうな人かどうか」という視点で見ていますから、割と厄介です。

自分のスキルや経歴をアピールしすぎると「一緒に働きたくない」と思われてしまうこともあるので、謙虚で素直、低姿勢であることをアピールしていきましょう。

チームワークを乱す人も嫌うので、前職で周囲と協力して達成した仕事などをエピソードとして加えると良いでしょう。

面接対策は転職エージェントを利用して

面接は緊張する場面ですから、自分が話すことに精一杯で面接官のタイプを考えている余裕などないと感じるかもしれません。

しかし事前にきちんと面接対策をしておくことで、緊張を抑え自信を持って面接に臨むことが可能です。

面接対策としては転職支援のプロである転職エージェントに、カウンセリングを依頼すると良いでしょう。

初対面の相手に対して自分のスキルや経歴を話していくという点で、模擬面接としても有効です。

修正点があればその場でアドバイスももらえるので、本番前に依頼してみることをおすすめします。

最後に

いかがでしたか?今回は、応募者が感じた面接官の印象別にタイプを分類し、傾向と対策をご紹介しました。

面接官には様々なタイプがいて、1次面接や2次面接、最終面接でも登場してくるタイプが異なってきます。

完全にタイプを識別して対策するのは難しいですし、基本的な対応はどのタイプであっても同じで、「相手の話に対して誠実に耳を傾け的確に答えること」です。

ただ、相手によって好まれやすい点、敬遠されやすい点を加えていくことで、より内定の確率が高まっていきます。

今後の転職活動の参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。