漠然としてはいるものの、社風はときに会社を辞めたいと感じる大きな要素にもなるものです。

できれば転職前に、応募先企業の社風が自分に合っているのかは確かめたいところです。

どんな社風が自分に向いているのかを知るためには、まずはどんな社風の会社なのか応募企業を見極める必要があります。

その社風における適性と合わない場合のリスクについてという視点から、応募先企業を見つめていきましょう。

特に重要なのが合わない場合のリスクで、「自分がそれに耐えられるのか」という観点から見ていくと自分と企業の社風との相性が見えてきます。

今回は、特徴的な社風の例を挙げ、どんな人が向いているのか、その社風に合わない場合にどんなリスクがあるのかについてご紹介していきます。

社員同士が仲が良くわきあいあいとした社風

女性社員が多い事務系職場によく見られるのは社員同士の仲が良く、和やかな雰囲気で業務にあたっている職場です。

一見とても良い社風で合わないリスクなどなさそうですが、どうなのでしょうか?

わきあいあいの社風にはこんな人が向いている

一人で黙々と作業することやピリッとした雰囲気が苦手、同僚=親友など、職場とプライベートの人間関係の領域が重なることに抵抗がない人に適性があります。

社員同士の会話も比較的多く和やかな雰囲気で仕事をすることができるでしょう。

わきあいあいの社風に合わない場合のリスク

仲が良いのはいいことが行き過ぎると、相手のミスを指摘しにくい、規則違反を注意できないなど「嫌われたくない」という考え方に偏りがちになります。

ルールをしっかりと守っている人やミスが少ない人にとっては「上司が緩い」と感じることもあり、イライラしたり居心地が悪く感じる場合があります。

公私の境目があまりないため、終業後や休日などのお誘いを断るのに苦心することも多く、オンオフをはっきりさせたい人にはストレスに感じる可能性があります。

気合いと根性がなにより大事な体育会系の社風

爽やかで礼儀正しい挨拶ができる運送会社やマスコミ・出版関係など、昼夜問わず体を動かして働く職場に多い体育会系の社風です。

体育会系の社風にはこんな人が向いている

長くスポーツを行ってきた、特に団体競技の経験がある人は縦社会に慣れていて上の人から可愛がられるスキルを兼ね備えています。

何をするにも気合いと根性があれば乗り切れると感じる精神論者にとっては「それが当たり前では?」というレベルで不満に感じることはありません。

「忍耐強く乗り越えたこと」が感動的でもあり自身のモチベーションにもなるでしょう。

体育会系の社風に合わない場合のリスク

残業が多く何とかしたい、困難なことがあった場合に具体的なアドバイスが欲しいと思っても、「とにかく頑張れ」「努力していればいつか認められる」など精神面でのアドバイスを受けることが多くなります。

成績が振るわない、ミスをした場合などは他の社員が周りにいても大きな声で怒鳴られることもあり、人によってはパワハラだと感じることもあります。

また、体育会系の社風の職場では社内行事や飲み会も多く、それに参加してコミュニケーションを深めるのが当たり前という雰囲気が蔓延しています。

その場合は家族やプライベートの時間を大切にできないリスクが高いです。

無駄話の一切ない職場。黙々と業務を遂行するお役所的社風

基本的に職場内に話し声は聞こえず、お役所などによく見られる社風です。

事務系だけでなく、製造業の工場などにも多い傾向にあります。

お役所的な社風にはこんな人が向いている

電話の取次ぎや業務で必要な質問以外では話しかけられることがないため、自分の仕事に集中して取り組むことができる人に向いています。

効率重視、無駄のない仕事でオンオフをはっきり分けたい人にとっては最適な社風です。

ランチも自分の席で食べるという人も多いので、人間関係の悩みなどで精神を消耗したくないという淡泊な考え方の人には快適な職場環境です。

お役所的な社風に合わない場合のリスク

皆黙々と作業している環境なので、周りの人に色々と教えてほしい、積極的に質問をしていきたいと考える人にとっては「疑問点を周囲に聞きづらい」「教育体制が整っていない」などの不満を感じる可能性があります。

また、誰かが困っている雰囲気を察知して自ら手を差し伸べてくれるということが少ないので、困った場合は自分から助けを求める必要があります。

職場の人との人間関係に期待をしていた人にとっては「職場の人が冷たい」と感じて辞めたくなるリスクがあります。

成果至上主義の社風

外資系や住宅、生命保険など歩合制営業が多い職場に代表される成果至上主義の社風です。

成果至上主義の社風にはこんな人が向いている

バリバリ働いて仕事で高い評価を得たいという野心がある人や、高収入を得たいという人に向いています。

どんな過程であっても結果が出れば評価されるという分かりやすい評価制度なので、上司に媚びを売るのが嫌だという人でも実力があればやっていけるでしょう。

成果を求められることで燃えるタイプの人や、逆境をモチベーションに変えられるポジティブな性格の人に適性があります。

また、成果を挙げられれば残業をしなくても休日を連続して取っても文句を言われることはありません。

自分の役目を果たせばお付き合い残業などはしたくないなどという現代的な考え方の人にとっては働きやすい環境と言えます。

成果至上主義の社風に合わない場合のリスク

常に結果を求められる社風のため、精神的なプレッシャーで潰れやすいという人には高いリスクがあります。

結果を出せなくなった場合は、居心地が悪く感じ早々に職場離脱する可能性もあるでしょう。

同僚もライバルなので皆と仲良くやっていきたいという人にとっては辛い環境です。

経済的、精神的ともに安定志向の人には向いていない社風です。

勤務時間や服装などすべてにおいて自由度が高い社風

IT系やゲーム業界、ベンチャー企業など経営者の年齢が比較的若い革新的な企業に多い自由度が高い社風です。

フレックスタイム制の導入やスーツ着用不要など、勤務時間や服装などに従業員の裁量権があるのが特徴です。

自由度が高い社風にはこんな人が向いている

ルールを守るのが面倒、締め付けのない環境下で働きたいという人に向いています。

これまでの経歴や学生時代を含めて、自分の意志や行動をきっかけとして良い方に働いた経験が多いという人は、自由な社風で思う存分能力を発揮することができます。

自由度が高い社風に合わない場合のリスク

自分を律するのが苦手な人は、遅刻やさぼり癖がつき結果的に成果を挙げられず退職に追い込まれる可能性があります。

いくら自由度が高い社風とは言え会社です。

会社に貢献しなければ何もならないという意識がない人は、ある程度ルール化された組織で与えられた仕事をこなす方が、長い目で見ると適性があると言えます。

どんな社風かを事前に知る方法

応募先企業の社風を完璧に知るのは難しいですが、企業HPなどで見られる経営者の考え方や面接に訪れたときの社内の雰囲気、質問タイムで聞いたことなどをヒントにある程度推測することは可能です。

経営者の考え方は社風に大きな影響を与えますし、面接時に社内の雰囲気を確認してみる、職場見学などを申し出るのも一つです。

面接の質問タイムでは、社内行事など社員同士がコミュニケーションを深めるために行っている工夫や、面接官の仕事の取り組み方などを聞いてみるだけでも参考になります。

また、転職エージェントに聞いてみると業界や企業事情に精通していたり、企業の採用担当に社内の雰囲気のヒントとなる情報を聞いてくれたりします。

最後に

いかがでしたか?今回は、特徴的な社風への適性と合わない場合のリスクについてご紹介しました。

社風なんて入ってからでないと分からない、そう考えて一切社風を考慮しないで転職をしてしまうと、「社風が合わなくて辞めたい」ということになりかねません。

自身の適性と合わない場合に何が起きるのかについて考えておくようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

30万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

スキルや強みを分析し、最適なキャリアプランを考え、転職を成功に導いてくれます。

年収交渉や企業とのやり取りも、安心して任せることができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動を進めましょう。

リクルートエージェントの登録は簡単

b28

リクルートエージェントのサイトに移動後、「かんたん!スピード無料登録」ボタンを押しましょう。

簡単な基本情報を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。