一言で薬剤師と言っても、その働く場所には種類があります。病院、調剤薬局、ドラッグストアから一般企業まで…。

今回は、その中でも病院で働く病院薬剤師にスポットを当てお話をします。病院薬剤師として働くということ、そのメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

病院薬剤師とは

薬剤師さんと言えば、病院でお薬をもらうときにお薬の説明をしてくれる人、というイメージがありますが、実際その仕事は多岐にわたります。

病院薬剤師とは、病院や診療所に勤務しており医療チームの一員として働く薬剤師のことです。調剤業務の他、薬歴管理、医薬品情報の提供を医師や看護師に行う機会もあります。

また、注射薬の調剤などもドラッグストアで働く薬剤師では経験できないことかもしれません。

病院薬剤師として働くということ

薬学生に人気が高いのは、大病院の病院薬剤師だそうです。やはり一般企業と同じように安定を求める傾向があるのかもしれませんね。

しかし、安易に安定やステータスだけで病院で働くことを選択すると思わぬ落とし穴があるかもしれません。どこで働くか迷っているという方は是非参考にしてみてください。

病院薬剤師として働くメリットとは?

メリットについては多くを「やりがい」が占めるとます。

そもそも薬剤師さんを志す方、は医療に関わり社会の役に立ちたいという気持ちがある人が多いため、やりがいの大きい病院での就職を希望する学生が多いのかもしれません。

やりがいを感じられることの具体例は下記のような場面があります。

医師から薬についての深い知識や意見を求められることがあります。常に勉強は必要ですが、医師と共に働く環境にあるということは、大きなやりがいを感じる一つです。

医師や看護師などの仕事ぶりや実情を肌で感じることができますので、薬剤師としてどんなことができるか、自分の価値を高める仕事をしようと向上心を持って仕事に取り組むことができます。

ドラッグストアや調剤薬局、一般企業などでは学べない「現場でしか学べない知識」を得ることができます。特に大病院の場合は様々な事例が考えられるため経験が豊富になります。

給料や待遇面でのメリットもあります

ハードワークの割にはそれほど高給ではありませんが、事務職などに比べるとやはり給与は高めです。

病院であれば基本的に昇給や賞与もありますし、病院によっては医療費がかからないなどの福利厚生が設けられているところもあります。

病院薬剤師として働くことのデメリットとは?

病院薬剤師は人気が高い一方で離職率が高いという実情もあります。それはやはりデメリットがあるからですね。どんなデメリットがあるのでしょうか。

当直や夜勤がある

病院薬剤師には夜勤があります。しかも、病院でも薬剤師は人材不足のため当直や夜勤に当てることのできる人員は限られています。

病院の年間休日日数などを守りながらの人員配置となるので仕方がないことなのですが夜勤を1人体制で行う場合もあります。

そうなると、夜に1人で当直をしているときに重要な判断を求められるような場面に遭遇することもあります。

もちろん新人が一人でそのような判断を求められることはないはずですが、ベテランであってもこのプレッシャーはかなり負担になります。

それに、そもそも夜勤や当直はやはり肉体的にハードなのでこれを理由に辞めてしまうという方も少なくありません。

かなり深い知識を求められることがある

これをやりがいに感じることもありますが、毎日のハードワークの中学び続けるということは並大抵のことではありません。病院で医療現場の第一線で働くことはやはり大変なことです。

一般常識や接客スキルが学べない

一般企業での経験がない場合、外部の人との交流が少なく、閉鎖的な場所で働くこともあるため一般社会がどういうものかということに疎くなります。

意識的に新聞を読んだりビジネスマナーを学んだりしないと薬剤師である前に社会人としてどうかということになってしまいます。

また、ドラッグストアや調剤薬局などのように接客的要素が薄いため、接遇マナーが身につかないことがあります。

病院という現場での精神的ダメージ

病院はやはり「現場」ですから、重篤な患者さんに接する機会があったり「死」を目の当たりにするような出来事もあり得ます。そういった意味で精神的ダメージを受けやすい場所とも言えます。

ハードな仕事の割には給与が安い

事務職などに比べれば高めの給与ではありますが、それでも夜勤や精神的ダメージ、責任の重さなどを考えると決して高い給料ではありません。

それはやはり病院という特殊な経営の元で働いているということが理由です。どうしても医師や看護師などへの人件費を優先させるため、給与や人材確保が後回しになってしまうと考えられます。

薬剤師の転職なら転職エージェント

ここまで病院薬剤師のメリット・デメリットを見てきました。一言で薬剤師と言っても、働く場所によって大きな違いがあるんですね。

今までは病院で働いていたけれど、調剤薬局やドラッグストアでも働いてみたい…という方は、どのような職場があるのか探してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

その場合はまずは薬剤師の転職エージェントに登録されることをおすすめします。

病院以外にも地元のドラッグストアや調剤薬局などが多数掲載されていますし、実際転職活動を始める際にキャリアコンサルタントから無料でサポートを受けることができます。

逆に病院薬剤師として働いてみたい!という方も、薬剤師の転職エージェントなら全国多数の病院や診療所などの非公開求人も掲載されています。サポートも無料なので登録してみて損はないと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

薬剤師として、自分自身がどんな働き方、生き方をしていきたいかを是非じっくりと考えてみてくださいね。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。