呉服販売店で着物を売る仕事は、格式が高く職場として憧れを持つ人もいるかもしれませんが、実はブラック企業が多いことでも知られています。

企業体質が古く非常識がまかり通ると言われることもあります。

今の呉服販売店での仕事が辛く、何が正しいのか分からなくなってしまったという場合には転職を考えてみるべきです。

他は通用しない非常識が常識だと思ったまま時が過ぎると、転職が難しくなってしまいます。

今回は、呉服販売スタッフの仕事の辛さと、転職を成功させるための方法についてご紹介していきます。

呉服販売スタッフの仕事の辛さとは

ブラック企業が多いと言われる呉服業界ですが、販売スタッフとして働くことの辛さにはどのようなことがあるのでしょうか?

厳しいノルマがあることもある

呉服店では洋服販売などの他のアパレルなどに比べても、ノルマが厳しいことが多くあります。

高額なものなので売りにくい商品でもありますが、店長から厳しく言われたり、ノルマが達成できないと暴言を吐くような、パワハラ体質が横行しています。

もちろん、呉服店の方針にもよりますし、個人経営で優れた販売を行っているお店も多く存在します。

しかし、実際に厳しいノルマが辛かったという声は、多く聞かれているのがこの業界の特徴です。

着物を買わされることも

高額な着物を自腹で買わされたことがある、という経験をしている人もいます。

就職時には買わされることはないと言われている場合も同じです。

強制的に買わされるのでは、違反になってしまいますから、実際には「買わざるを得ない状況」に追い込まれることが多いです。

例えば前述したノルマが達成できない場合には厳しく言われるため、その達成のために自腹を切るなどはよくあります。

店員を下に見る横柄な客もいる

着物を着る機会が多い人はやはり裕福な傾向にあります。

生活も苦しいのに着物を買うという人は、依存症でもなければそうはいないと考えるのが妥当でしょう。

中には、お金持ちの奥様などで店員に対して横柄な態度を取ったり、見下してくるような客もいます。

接客業である以上色々な人と接することになりますが、着物という特殊な商品を扱っているがゆえの客層の特徴に悩みを抱える人は多いです。

着物の知識がない人にローンを組ませることの罪悪感

呉服店によっては、強引な販売方法を取る店もあります。

試着した状態で周囲を取り囲み、電卓をたたく、買うまであの手この手で帰らせてくれないなどはよく聞く話です。

気が弱い人や、着物の知識がない人は、よくわからないままに契約書にサインをして、ローンを組まされてしまうこともあります。

販売員としては、上から厳しくノルマを課されているため自分の身を守るために行っている人も数多く居ます。

その為、罪悪感にいたたまれなくなってしまう人もいます。

古い慣習が残る世界

着物という伝統のある商品を扱っていることは素晴らしいことなのですが、業界の体質が非常に古いということも指摘されています。

社長など経営者やベテラン社員などは、昔ながらの考えをしていることも多いです。

例えば教えてもらうのではなく先輩の姿から見て盗むものだという理由を盾にして、研修制度がしっかり整っていない事もあります。

年齢による上下関係が強く上の人には絶対服従などは当たり前にある世界です。

呉服販売から転職を成功させるためには

ここまでご紹介したことは、すべての呉服販売店に当てはまることではありません。

しかし、今の呉服店で当てはまることが多い場合には、時代遅れのブラック企業である可能性が高いです。

仕事が辛いと感じているのであれば転職を考えましょう。

では、呉服店からの転職を成功させるためにはどうしたら良いのでしょうか?

知識や経験を活かすことは難しいためできるだけ早い方がいい

呉服店から転職を考えるのであれば、できるだけ早い方がいいでしょう。

理由は、別の呉服店に転職するのでもない限りは知識や経験を活かすことができないからです。

接客スキルと言っても、独特の販売方法を取っていますし、古い慣習や非常識がまかり通っている世界ですから、別の業界や業種には通用しないことも多くあります。

こんな世界もあるということを知れただけでも良い社会勉強になったと思って、早めに転職するべきです。

接客業は山ほどあるから心からの接客ができる場所で働こう

販売の仕事を選んだのであれば、接客が好きという人も多いことでしょう。

接客業は世の中に山ほどありますから、別の接客業を探してみてはいかがでしょうか?

商品を売るという販売以外にも、サービスを提供する、来てくれた人を案内する仕事など、人と接することができる仕事は多くあります。

押し売りをしたり、自分が納得できない方法で接客をするのではなく、心から客のことを考えられる接客業こそがやりがいがあって楽しい仕事と言えるはずです。

着物が好きなら販売よりも着付けなどを極めるのも

着物が好きで着物に関わる仕事をしたいのであれば、着付けなどの着物を着せる方法を提供する仕事もあります。

着付けの利用者は自分では着付けができないから頼みに来ますし、自分で着付けをしたいからその方法を学びにきます。

販売に比べて利用者と提供側の思惑が一致しやすく、無駄な罪悪感を感じることもないです。

転職は転職エージェントを利用しよう

ブラックな呉服販売店を辞めて転職をするのであれば転職エージェントを利用しましょう。

優良な転職エージェントであれば、今回ご紹介したようなブラック体質の企業を事前にリサーチしている場合があります。

ブラック企業を回避できる可能性が高まりますからメリットは大きいです。

また、転職支援のプロから応募書類の添削や面接時のアドバイスなど、様々な支援を受けることもできます。

一人でやみくもに転職活動を続けるよりも、プロの力を借りた方が早期転職が叶うことでしょう。

転職エージェントの利用は無料ですから、ぜひ活用してみてください。

古い体質の呉服店と感じたら、転職を考えよう

今回は、呉服店販売スタッフの仕事の辛さと転職を成功させる方法についてご紹介してきました。

今の仕事が辛い、ブラック企業では?と感じる場合には我慢は禁物です。

生き生きと自分らしく働ける仕事に転職しましょう。