「社会貢献性」という言葉はよく使われますが、特に病院関係者は社会貢献性を理由に就職する人が多いです。

病院という場所は人の命に関わる場所ですから、社会貢献度が高い場所と言えるのは間違いありません。

もちろんこれは良いことなのですが、社会貢献ができるということを理由に就職してしまった人が、それが足かせとなって自分自身を苦しめてしまうことがあります。

一体どういうことなのでしょうか?

今回は、病院関係者が陥りがちな社会貢献性のワナについてお伝えしていきます。

社会貢献性を理由に就職すると辞められなくなるのはナゼ?

社会貢献をしたいという理由は、就職理由としては周囲からも尊敬され、自分自身も胸を張って言えることでしょう。

しかし、それだけを理由に就職してしまうと、実際の仕事の大変さや人間関係の辛さに直面したとき、どうしても辛くなってしまっても辞められないというジレンマに陥ることになります。

一体なぜなのでしょうか?

社会貢献をしなくなるという後ろめたさに耐えられないから

その一つに「社会貢献性を捨てることに対する自己嫌悪」があります。

つまり、「辞めて社会貢献ができなくなる自分ってサイテー」ということです。

病院という場所を去ることに対してどこか後ろめたさを感じてしまうため、それが足かせになって辞めることができないのです。

世の中には病気で辛い思いをしている人がいるのに、仕事が嫌でこの場を離れることを考えている自分は何て小さな人間なのだ、と思ってしまうのです。

ひどい場合は上司から言われることもある

仕事が辛くて辞めたいと考えて上司に相談すると、病院関係の仕事では「世の中には困っている人がいるのに仕事を投げ出すのか?」と社会貢献性を盾に自分自身を否定されるような発言をされることがあります。

辞めたい理由がなんであれ、このようなことを言うのは間違っていますが、実際にこのような引き留め方をする上司というものは存在します。

確かに仕事で辛いことがあっても、「人の役に立ちたい」という想いがそれを打ち消し、社会貢献できる喜びが勝ることはあります。

しかし、「本当に辛くて辞めたい」というぎりぎりの状態にまでになった人に対し使われると、その人を追いつめてしまうことにもなりかねないのです。

病院関係の仕事は家族から止められることもある

病院関係の仕事をしているということは、その本人だけでなく家族にとっても「誇り」です。

「人の役に立つ仕事をしている自分の家族って偉い」という風に、仕事としてのランクが高いと思うこともあります。

周りにも自慢できることでしょう。

「私の子供は病院で働いている(人の役に立っている)んですよ。」という風に。

そうなると、仕事が辛くて辞めたいときに家族に相談しても「どうしてそんな素晴らしい仕事を手放すのだ?」止められることになります。

例え家族であっても、本人がどれだけ辛い状況で、なぜ辞めたいのかを考えることができるのは、本人がうつ病などになった後だったりするということはよくあることなのです。

辞めたくても辞められないとどうなる?

では、社会貢献性を理由に辞めたくても辞められないとどうなっていくのでしょうか?

逃げ場がなくなり追いつめられる

辞めることができない、辞めないで続けるべき、という強い思いは自分自身を苦しめることになります。

どんなに仕事が辛くても、我慢してこの仕事を続けなくてはいけないのだという強迫観念を持つようになってしまいます。

追いつめられるとうつ病になることもある

病院関係者は人の命を救ったり、治療をしたりする仕事に携わりますが、仕事をする本人も一人の人間であることに変わりはありません。

長時間労働が続けば他の業界で働く人と同じように体を壊しますし、精神的に負担がかかりすぎることによってうつ病になることだってあります。

正常な判断ができなくなる

精神的に追いつめられた人は、普通に考えれば分かることができなくなるなど正常な判断ができなくなります。

正常な判断とは、例えば「どうしても仕事が辛いときに自殺するぐらいなら辞めた方がよっぽど良い」というような判断も含みます。

過労自殺する人たちの周りは「なぜ死を選んだのか、それなら辞めれば良かったのではないか」と思うかもしれませんが、すでにその正常な判断ができない状態に追い込まれていたということです。

社会貢献性を理由に辞められないと感じたら思い出してほしいこと

病院関係者が社会貢献性を理由に辞められないと感じたら思い出してほしいことがあります。どんなことでしょうか?

自分を保つことができなければ社会貢献はできない

人の役に立つのは自分のことができてから、ということは誰もが当たり前だと思うかもしれません。

しかし、社会貢献性のワナにはまった人にはこの当たり前に気づくことが難しいのです。

自分自身を保つことができない、自分の体がボロボロで精神的にも追い込まれているのであれば、社会貢献ができる状態ではありません。

まずは自分自身が幸せに、生き生きと生活することを第一に考えましょう。

文句を言いながら嫌々やっているボランティアの人に手助けをされて、一体どれほどの人が「嬉しい、ありがとう」と心から思うでしょうか。

自分を保つことがいずれ世のため人のためになるのです。

本当に社会貢献したいのか考えてみる

世の中には本当に社会貢献のために働いている人たちがいます。

それは本当に素晴らしいことですが、それだけが素晴らしい生き方ではありません。

自分自身は本当に社会貢献したいのかを考えてみましょう。

もしかすると、人に言いやすい、人格が優れていると思われる、という考えがどこかにありませんか?

また、自分を好きになれないということを、社会貢献で埋めようとしていませんか?

社会貢献をしているから自分が好きなのではなく、自分が好きが大前提にあるべきです。

順番を守ろう

社会貢献をするには、前述したようにまずは自分です。

そこから大切な家族のため、社会のためへと広げていくという順番があります。

その余裕ができてから社会貢献をするのであれば、きっと素晴らしい貢献ができることでしょう。

自分も家族も、社会も、皆が幸せになれるということです。

「社会貢献しなくては」から解放されたら転職しよう

社会貢献をしなくてはいけないという気持ちから解放され、辞める覚悟ができたら転職に向けて動きだしましょう。

転職活動には様々な方法がありますが、おすすめは転職エージェントを利用することです。

転職エージェントには優良な求人が多数掲載されていますから、希望の条件に合った求人がきっと見つかります。

最後に

いかがでしたか?今回は、病院関係者がはまりやすい社会貢献性のワナについてお伝えしてきました。

社会貢献性という言葉は響きが良いですが、自分自身をおざなりにしては叶えることはできません。

仕事が辛くて辞めたい、そう感じたら、自分を大切にして「辞める」という選択を取ることも必要なことなのだと覚えておきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。