パソコン教室でパソコンの操作や、周辺機器などの使い方について教えるパソコンインストラクターは、一時期人気が高い職業でした。

しかし、近年は需要が減少傾向にあります。

現状と将来性を考えると厳しい状況にあります。

早めに転職を考えてみましょう。

そこで今回は、パソコンインストラクターが、早めに転職を考えるべき理由と転職先についてご紹介していきます。

早めに転職を考えてみるべき6つの理由とは?


パソコンインストラクターが、早めに転職に向けて動きだした方が良い理由は、どんなことが挙げられるのでしょうか?

理由1.教室数も頭打ち状態にあるから

パソコンスキルの必要性が高まり、急激にパソコン教室が増えた時代は終わり、現在はその教室自体も頭打ち状態にあります。

パソコン教室の廃業も増えてきています。

今後同じ業界にいて働き続けるということは難しいかもしれません。

また、教室が頭打ち状態にあるということは、職場の人間関係などで働きにくくなったときに、業界内では逃げ場がないということでもあります。

理由2.基本的な知識は学校で教えてもらえる時代だから

今は義務教育であってもパソコンやタブレットを使った授業がある学校も多いです。

以前は自宅にパソコンを購入するか、教室に通ってスキルを磨くことが主流でした。

現在は子供の頃から自然とパソコンになじみ、敢えて教室に通ってまでスキルを磨くというものでもなくなってきています。

また、今の現役世代の人たちも、すでに基本的なパソコンスキルは身についている人が多いので、仕事で困らない程度には使いこなせるという人が多いです。

理由3.インターネットでいくらでも情報が手に入るから


パソコンの使い方についてよくわからないという場合でも、インターネットで調べればいくらでも情報が手に入ります。

動画などで丁寧に指導してくれるサイトなどもあり、お金を払って教室に通うのと同じレベルのスキルを磨くことは十分に可能です。

インターネットすら使えない向けに力を入れている教室もありますが、最近の高齢者にはパソコンを使える人も増えてきました。

それも将来的には先細りになっていくことでしょう。

理由4.パソコンが使えない人は将来的にいなくなるから

パソコン教室に通う必要があったのは、パソコンがまだ新しいものだった時代に生まれた人たちです。

パソコンは登場してからもはや何十年も経っており新しいものではありません。

現役世代の人たちが高齢になるころには、パソコンが使えない高齢者という需要ももはやないでしょう。

理由5.施設自体が閉店することがあるから

パソコン教室は独立して店舗を構えている場合と、ショッピングモールなどの施設内に店舗を構えている場合があります。

ショッピングモールなどに店舗がある場合には、そのモール自体が閉店してしまうという可能性があります。

近年は大型ショッピングモールであっても閉店に追い込まれることがありますから、そうなった場合には転勤を余儀なくされます。

理由6.年収がアップする可能性が少ないから


ここまでご紹介したように、パソコン教室自体や業界全体として先細り状態にあります。

パソコンインストラクターの給料が劇的に上がることはありません。

ただでさえ、決して高いとは言えない給料なのに、今後年収がアップする可能性が少ないというのは大問題です。

日本経済は先行きが不透明ですし、年金制度はすでに崩壊しています。

老後のことを考えても年収は上げていくことが必要になってくるでしょう。

パソコンインストラクターが考えたい転職先について

パソコンインストラクターは、その年収と将来的な不安要素を考えるとそろそろ転職を考えるときが来ているのではないでしょうか?

ここが潮時だと捉えて早めに動き出すことが、良い企業へ転職を成功させるためにも必要なことです。

では、パソコンインストラクターの転職先についてはどのように考えるべきでしょうか?

IT関連企業への転職はスキルによる

パソコンインストラクターであれば、IT関連企業への転職は考えるかもしれません。

ただ、パソコンインストラクターが教室で一般の人に教えるようなスキルは基本的なことが多いです。

そのため、IT関連企業で求められるような専門性があるかどうかは別問題です。

自分自身のスキルについては、冷静に分析しておくべきでしょう。

今ならそのパソコンスキルを武器に転職可能

IT関連など専門性が高い業界でなければ、パソコンインストラクターとして働いていたということは今ならまだ強みになります。

どの仕事でもパソコンの基本的なスキルは求められることがほとんどです。

インストラクター経験は企業側にとっても安心材料になります。

特に事務系などであれば仕事に慣れるのも早く、周囲の人にパソコンスキルなどを教えてあげることもできますから好まれるはずです。

接客スキルがある人なら接客業界も


パソコンインストラクターは接客的要素も大きい仕事です。

人にわかりやすく説明したり、感じの良い対応が求められます。

パソコン教室に通う生徒は、若い人からお年寄りまで様々です。

幅広い世代に対しての接客スキルが身についていることでしょう。

パソコンインストラクターの転職先としては、接客業も向いていると言えます。

大変な集客を担当していれば営業も可能

個人経営のパソコン教室などで、インストラクターとして勤務していたのであれば、営業活動を行った経験があるはずです。

集客のためにチラシを作成する、そのチラシを色々なお店に置いてもらうように飛び込み営業を行うなどの実績は活かすことができます。

営業が成功したときに喜びを感じたのであれば、営業として働くという選択肢もあります。

営業職ではなかったとしても、その実績をアピールすることは十分可能です。

転職先は転職エージェントを利用して探そう

パソコンインストラクターが転職先を探すには転職エージェントの利用がおすすめです。

ハローワークや求人誌などに比べて圧倒的に求人数が多いため、希望の条件に合った求人が見つかりやすいというメリットがあります。

また、パソコンインストラクターを辞めるということは、他の業界や業種に目を向けてみることですから、正直不安も大きいはずです。

そんなときに、転職支援のプロに相談をしてアドバイスを受けることができますから、力強い味方となってくれることでしょう。

転職エージェントは無料で利用できますから、ぜひ活用してみてください。

本格的に需要が無くなる前に

今回は、パソコンインストラクターが早めに転職を考えるべき理由と転職先についてご紹介しました。

パソコンのスキルを活かして転職をするなら今のうちです。

早めに動き出し、将来性のある仕事に転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全て無料でプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

転職エージェントについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。