宅配ドライバーの仕事は、きつくて辞める人が多いと言われる仕事ですが、ドライバーたちはどんな理由で辞めたいと感じているのでしょうか?

離職率が高いと言われるこの仕事の実態はどうなっているのか気になるという方も多いことでしょう。

そこで今回は、宅配ドライバーが仕事を辞めたい理由を解説していきます。

宅配ドライバーは離職率が高い?

自宅や企業などに荷物を運ぶ宅配ドライバーの仕事は、離職率が高いと言われています。

実際の離職率は企業によっても異なり、詳細は不明です。

しかしハローワークでも求人誌でも、宅配ドライバーの求人を頻繁に見かけることを考えると、常に人手が不足していることは容易に想像ができます。

人手が不足していると、企業としても内定のラインを下げるため、転職やしやすいけれど応募者の質が悪くなりがちです。

その為、新人にいきなりきつい仕事を任せることが多くなります。

そうなると、せっかく入った新人が辞める、また募集せざるを得ないという悪循環に陥っています。

宅配ドライバーを辞めたい理由として多いのは?

宅配ドライバーの仕事を辞めたい理由として多いのはどんなことなのでしょうか?

実際に宅配ドライバーとして働いていた人たちの声を元にご紹介していきます。

とにかく体がついていかない

宅配ドライバーを辞めたい理由として多くを占めるのがやはり体力的・肉体的な負担の多さです。

宅配ドライバーの仕事は、ただ荷物をトラックで運ぶだけではありません。

重たい荷物を持ったまま階段を昇ったり、車に上げ下ろしすることが多い仕事です。

また、宅配荷物には届けるときの時間が決められていることも多く、時間内に荷物を届ける必要があるためスピードも求められます。

宅配ドライバーが忙しそうに走り回っている様子を目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

重たい荷物を持ったまま走り回るのは相当大変ですが、時間管理についても会社から厳しく言われています。

体力に多少自信があるという人であっても、数週間で音を上げる人が多いです。

近年は女性の宅配ドライバーも増えてきましたが、やはり圧倒的に若い男性ドライバーが多いことを考えると、体力的な負担は相当なものであることが予想できます。

拘束時間が長くて時給に換算すると給料にも疑問

宅配ドライバーは意外と稼ぐことができる職業だと言われることが多くあります。

大変な仕事ですから給料ぐらいは高くて当然と考えることができるかもしれません。

しかし、実際には拘束時間が非常に長く、残業代がでないこともあります。

企業によって異なることではありますが、どちらにしても時給に換算すると、決して割のいい仕事というわけではありません。

手当などがつくため最初の頃は稼げる仕事だと感じますが、長く働いていくうちに、大変さの割には少ない仕事だと不満を持つようになる人も多いです。

休みが少なくプライベートを充実できない

業務内容にもよりますが、個人宅への宅配などを行う企業の場合には、休日も稼働していることが多くなり週末が休めない場合もあります。

また、休日そのものが少ない場合も多く、プライベートで家族や友人との時間を過ごすことができない、というデメリットを挙げる人もいます。

一時的に集中して稼ぎたい場合には良いかもしれませんが、長く働き続けることを考えると、休みが少なくプライベートを充実できないということは辛いことです。

体力自慢はやっぱり体育会系が多い?職場の雰囲気になじめないことも

宅配ドライバーは体力仕事の為、元々学生時代にスポーツをやっていたり、体力に自信がある人が集まる確率が高くなります。

大抵職場の雰囲気も体育会系であることが多く、上下関係が厳しい傾向にあります。

先輩の言うことは絶対で、自分では正しいと思わないことであっても、無理やり実行させられることもあると聞きます。

また、体育会系のノリ自体についていけなかったりする人もいます。

腰痛を悪化させて続けられなくなってしまう

重たい荷物を上げ下げする機会が多い為、足腰に毎日負担がかかる仕事です。

腰痛に悩みを抱えるドライバーも多いですし、腰痛が悪化して仕事そのものが継続できなくなってしまうことがあります。

同じ企業内で事務職などに異動できる場合もありますが、空きがなかったり、会社に理解がない場合などは難しく、異業界・異業種へ転職して苦労するというケースもあります。

宅配ドライバーがキツイなら転職しよう

ここまでご紹介したように、宅配ドライバーはやはり大変な仕事です。

年齢が上がっていっても、管理職などに昇格すれば長く続けることはできます。

しかし、簡単なことではありませんし、昇格する前に体を壊してしまう可能性もあります。

体力に自信がある若いうちであればまだしも、キツイと感じながら定年まで働くことは難しいでしょう。

腰痛を悪化させてしまって選べる仕事が少なくなってしまう前に、将来のことについては考えておくべきです。

将来に不安があるのであれば、早めに転職に向けて動きだすべきです。

今の仕事をしながら転職活動をしていけば気持ち的にも余裕がありますし、妥協せずじっくりと転職先について考えることができます。

転職は転職エージェントを利用しよう

宅配ドライバーの仕事を辞めて転職を考えるのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントにはハローワークや求人誌などに比べて圧倒的に求人数が多く、希望の条件に合う仕事が見つけやすいというメリットがあります。

特に全く別の業界や業種への転職を考える場合には、その業界や業種に求められる資質やスキルなどについて知るには一人での転職活動では心もとないです。

また、応募書類の添削や面接時のアドバイスなどを転職支援のプロの目線から受けることができます。

実際に希望企業が見つかった後も、面接の日程調整や給与交渉など具体的サポートが受けられます。

転職エージェントは最初から最後まで無料で利用できますからぜひ活用してみてください。

宅配ドライバーの仕事に限界を感じたら

今回は、宅配ドライバーが仕事を辞めたい理由についてご紹介しました。

人によっては非常にキツイと感じる仕事ですから、もう続けることができないと思ったら早めに転職に向けて動きだしましょう。

ぜひ参考にしてみてください。