宅配ドライバーは激務で知られていますから、辞めたいと感じる人も多いです。

しかし、同じような仕事に転職してしまう人もいて、転職前と仕事の大変さや待遇が変わらないというケースもあります。

宅配ドライバーは転職先に活かせるスキルも多いですから、視野を広く持って転職活動をしていくようにしましょう。

今回は、宅配ドライバーを辞めたい理由と転職先に活かせるスキルについてご紹介していきます。

宅配ドライバーを辞めたい理由

宅配ドライバーの仕事はどんな大変さがあるのでしょうか?

宅配ドライバーを辞めたい理由をご紹介していきます。

再配達によるオーバーワーク

宅配ドライバーの大変さと言えば、近年問題視されているのが再配達によるオーバーワークです。

団地の上階や道路環境が整っていない自宅に届ける場合には、玄関前まで行って空振りということもあります。

時間指定をしているにも関わらず外出しているケースもあり、精神的にもストレスを感じやすいことです。

荷物を届けに行っても不在の場合は不在票を入れてきますが、それに伴って残業時間が増えてオーバーワークの要因となっているとも言えるでしょう。

重たい荷物を持つなど肉体的な負担

宅配ドライバーは体力がある人がほとんどではありますが、重たい荷物を運ぶのは相当体に負担がかかります。

荷物を持ったまま階段を昇り降りすることも多く、企業の集荷担当であれば相当数のものを荷台に乗せる作業も発生します。

年齢が上がるにつれて肉体的な負担は大きくなり辞めたいと感じやすくなっていきます。

人がどんどん辞めていくから一人当たりの仕事量が多い

宅配ドライバーの仕事は、メディアなどでもその激務ぶりが取り上げられることも多く、きつい仕事として知られています。

そのため若い人たちからも人気が落ちていますし、辞めていく人が多いので残された社員たちの仕事負担が膨らんでいきます。

それに加えて、翌日配達や時間指定など消費者の利便性だけはどんどん高まっていきますから、宅配ドライバーの負担は増えていく一方なのです。

高収入は幻?サービス残業が多いから時給換算すると低い

宅配ドライバーと言うときつい仕事である代わりに高収入であると言われています。

確かに手元に入るお金は多いかもしれませんが、その代わりに実労働時間が長いため決して割のいい仕事というわけではありません。

サービス残業が多く、実労働時間の対価がすべて支払われていないこともあり、時給換算するとそれほど多くないケースもあります。

宅配ドライバーはつぶしがきかない?転職先に活かせるスキルとは

宅配ドライバーの仕事は、激務ぶりが問題視されるなど、業界全体として転換期に来ています。

ただ、利便性を求める消費者との兼ね合いもあり、宅配ドライバーの労働環境が大きく改善されるまでにはまだまだ時間がかかると言えそうです。

転職を考える人も多いですが、宅配ドライバーはつぶしがきかないと言われることもあり躊躇する人がいます。

宅配ドライバーは決してつぶしがきかない仕事ではありません。

宅配ドライバーで培ったスキルは様々な場所で活かすことができます。

礼儀正しく感じの良い接客ができる人が多い

宅配ドライバーの仕事に就いている人たちは、挨拶がしっかりとでき、明るく礼儀正しい人がほとんどです。

昨今は接客業であっても愛想がない、態度が悪い人も多いですから、下手な接客業の人よりよほど接遇スキルがあります。

この感じの良さはどこに行っても活かすことができます。

接客業はもちろん、どんな業界であってもコミュニケーション能力が求められますから、明るく礼儀正しい宅配ドライバーは受け入れられることも多いはずです。

企業の流通部門所属なら残業が多くない

宅配ドライバーはサービス残業が多く長時間労働になりやすいですから、転職先として企業の流通部門も考えられます。

トラックなどを運転して自社商品を運んだり、取引先の近況を確認するなど営業的な役割も果たします。

宅配ドライバーの配送先は個人宅が多いため、在宅確認などで効率が低下しますが、相手が企業なのでその必要はありません。

企業の営業時間に合わせて訪れることがほとんどなので、日中の仕事がほとんどで残業も多くないというメリットがあります。

肉体的なきつさが辞めたい理由なら営業はおすすめ

宅配ドライバーは重たい荷物を運ぶ、階段を駆け上がるなど肉体的なきつさを感じる仕事です。

体を動かすことが好きで苦にならないのであれば良いのですが、辞めたい理由になっているのであれば営業職への転職はおすすめです。

前述したように感じが良く接遇スキルが高い人が多いですし、フットワークが軽いドライバーは営業向きです。

また、宅配ドライバーの仕事の中にも、企業への営業活動を行うことがありますから、共通点も多いのです。

営業の仕事も大変な面も多いですが、重たいものを持ったりするなどの肉体的な辛さは激減するでしょう。

中でも法人営業やルート営業であればノルマなどに追われず精神的にも安定した仕事ができるのでおすすめです。

プライベート重視派なら製造業なども

宅配ドライバーは勤務形態が不規則で、土日に勤務することも多くなります。

家族や友人と時間を合わせにくかったりと、プライベートの充実が図りにくいということがあります。

もっとプライベートを大切にしたい、家族との時間を過ごしたいと考える場合は、製造業なども良いでしょう。

製造業はとにかく効率の良い仕事を目指しますから、個人的な残業がなかったり、土日も休みであることがほとんどです。

また、ゴールデンウィークや夏休みなどの大型連休があるのもメリットです。

転職エージェントなら思わぬ適職に出会える可能性も

宅配ドライバーの仕事がきつくて転職を考えている場合には、転職エージェントを利用しましょう。

宅配ドライバーは体力があって接遇スキルも高いとあって、思っている以上に転職の選択肢も多いです。

ただ、運送業界以外にどんな仕事があるのか分からないという人も多いでしょうから、プロの力を借りることで視野を広く持って転職活動ができるのです。

自分では思ってもいなかったような好待遇の求人に出会えることもありますから、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、宅配ドライバーを辞めたい理由と転職先に活かせるスキルをご紹介しました。

仕事力が高いドライバーも多いですから、ぜひその能力を活かして適切な転職先を見つけてください。