新しい事業や革新的なアプローチで経営を発展させていくベンチャー企業は、ITの発展などに伴い益々増えていっています。

既存の企業経営に嫌気が差した、自分の力を試してみたいという情熱を持った人たちから人気が高く、転職先としても注目を集めています。

もちろん人気があるということは転職するだけのメリットがあるということですが、デメリットも大きいため失敗したときのリスクが伴います。

ベンチャー企業への転職を考えている場合には、そのデメリットについてしっかりと理解した上で転職活動をすすめていくべきでしょう。

そこで今回は、ベンチャー企業に転職する前に知っておきたいデメリットについてご紹介していきます。

少数精鋭の場合が多いから休みたいときに休めない

ベンチャー企業は規模的には小さい会社も多いため、少数精鋭の人員構成になります。

人数が少ないということは代わりがいないということでもあるので、仕事を休みたいときに休むことができません。

また、ベンチャー企業は社員も社長も仕事熱心で面白がってやっている人も多いため、周囲で仕事を休む人も少ないこと、社長や役員との距離が近いこともあって休みづらいという環境でもあります。

一人当たりの期待値が大きすぎて激務になることも

ベンチャー企業では一人当たりの業務範囲が広くなり、一人でいろいろなことをやることが増えます。

やりがいにつながることが多いのですが、一人当たりにかかる業務量は非常に多くなります。

ベンチャー企業で働いている人たちの中には、毎日夜遅くまで残業し、休日返上で働いているという人も多いのです。

労働基準法があってないようなもの?コンプライアンスが気になる人は向いていない

ベンチャー企業では規模が小さいことや、少ない人手で新たなビジネスを立ち上げ収益を上げようとしていることから、実際問題としてコンプライアンスに対する意識が整っていない企業が多くなります。

また、社長自身が身を粉にして働いているため、従業員たちもそれに伴ってサービス残業もいとわないというスタンスになるようです。

労働基準法はもちろん適用されますが、コンプライアンスを細かいところまで気にしていては実際のところ大企業に太刀打ちできないという実情があります。

法整備がされたしっかりとした企業で働きたいという方にとっては難しいかもしれません。

大手ではないから今すぐメリットが欲しい人には向いていない

ベンチャー企業は若者から人気が高いところから聞こえは良いかもしれませんが、大手企業ではありませんから今すぐメリットが欲しい人には向いていません。

例えば福利厚生が恵まれた働きやすい環境で働きたいという希望は叶えることができません。

また、現在大きな収益を上げているベンチャー企業であればすでに高い給料をもらえることがありますが、基本的には成長企業なので将来的に高い給料をもらえることにつながるなど、現時点ではメリットを享受することができない場合もあります。

ある意味一攫千金のように、少ない可能性で高いメリットを得るということに賭けるという側面があります。

当たれば大きいけれど倒産リスクはつきもの

ベンチャー企業の中には革新的な経営手法や新ビジネスを展開して大きな収益を上げている企業もあります。

規模が大きくなくても大企業に負けない業績を挙げることもあり、当たれば大きいのです。

しかし一方で、ベンチャー企業の9割以上が10年以内に倒産しているというデータもあり、倒産リスクは常につきものです。

資金力が少なく経営体力がないため、何らかのトラブルや経営危機が訪れたときに対応できないのです。

ベンチャー企業の場合は倒産したときに経営者がいなくなってしまうこともよくあります。

また、退職金などに期待できないことが多いので、それなりの覚悟と、いざというときのために貯金などの蓄えは必要です。

社会保険未加入の場合も?最低限のことは確認しておこう

ベンチャー企業であっても、要件を満たせば社会保険に加入する必要があります。

しかし、中には悪質なベンチャー企業もあって、会社負担分を負担しないなどのケースもあります。

乱立しているベンチャー企業ですから見極めは難しいですが、会社として必要最低限のことは整っているかはしっかりと確認すべきです。

その確認をするのも、ベンチャー企業に転職するために自己責任として必要なことです。

転職組は一般企業以上に即戦力が求められる

前述したようにベンチャー企業は少数精鋭で一人当たりの期待値が大きいですから、一から育てている時間も人的余裕もありません。

皆それぞれが自分で考えて忙しく動き回っているため、分からないことを丁寧に教えてくれるということはほとんどないでしょう。

新卒でベンチャー企業に就職した場合には、社会人として必要なことを学べないと言われているぐらいです。

特に転職組は即戦力が求められます。

これに関しては一般企業でも同じことですが、ベンチャー企業の場合は特にその傾向が顕著で、転職してきたからには即結果を出さないと企業内に居づらくなってしまうこともあります。

ベンチャー企業にはもちろんメリットもある

ここまでベンチャー企業に転職するデメリットをご紹介してきましたが、もちろんベンチャー企業にはメリットもありますし、そのメリットゆえに人気が高まっているのです。

それはやはり組織という枠にとらわれすぎることなく自由に自分の裁量で仕事ができたり、重要な役割を任せてもらえるなどのやりがいがあります。

また、企画や提案が上に通りやすかったり、意志決定までがスピーディーで、一般企業にありがちな「現場の意見が上に通りにくい」ということは少ないです。

自分の能力が伴っていれば、結果を出すことが十分に可能、それがベンチャー企業の良いところです。

会社に依存しない生き方ができる人には向いていると言えるでしょう。

若いうちに自分の力を試してみたい、という方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

大手エリートサラリーマンが羨むような収入と地位を手に入れることができるかもしれません。

ベンチャー企業は転職エージェントで探そう

ベンチャー企業にはメリット・デメリットがありますから一概にベンチャー企業だから良いとか悪いと言えるわけではありません。

それぞれの要素をしっかりと加味し、それでもベンチャー企業に転職したいと考えるのであればチャレンジすべきです。

優良なベンチャー企業を探すのであれば転職エージェントがおすすめです。

大手転職エージェントであれば、掲載にあたって事前調査がしっかりされている場合が多く、悪質なベンチャー企業を避けることができます。

また、応募書類の添削や面接時のアドバイスなど転職に役立つサポートを受けることもできますから活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、ベンチャー企業で働くことのデメリットを中心にご紹介してきました。

ベンチャー企業には夢がありますが、リスクも伴います。

よく理解した上で転職を決めるようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。