転職活動で最も緊張する面接では、ひどいことを言われて傷ついたり、返事に困るような質問を受けることもあります。

そのような経験をすると、次の面接で萎縮してしまったり、応募に積極的になれなかったりしてしまうことがあります。

そこで今回は、面接でひどいことを言われて転職活動そのものが嫌にならないために、覚えておきたいことをご紹介していきます。

もっと心を開いて話してほしいというサインかも


面接で決まり切った返答しかしない応募者に対して、心を開いて話してほしいという情熱ある面接官が、敢えて応募者を責めるような言い方をすることがあります。

なぜなら応募者のことをもっとよく知り、採用するべきかどうかを真剣に考えたいからです。

身体的なことを指摘したり、人格を否定するような発言は問題視するべきですが、そうでない場合には応募者の面接でのアピール方法に問題があったのかもしれません。

質問に対して当たり障りのない回答しかしない応募者は面接官の心に残ることはありません。

口下手でも良いので、積極的に熱意ややる気をアピールしてみることが大切なのです。

面接できつく言われることがあると、面接官のことが嫌いになりそうになりますが、何を意図していたのかを考え、次に活かそうとすることは今後の転職活動の中でも役に立つことでしょう。

想定外のことを聞かれたときの反応を見ていることも

応募の職種にもよりますが、クライアントなどに理不尽な対応をされたり、クレームを受けたときなどにどのような反応ができるのかを面接で確認している場合があります。

面接ではどこに行っても聞かれるような質問もあれば、その企業でしか聞かれないような変わった質問を受けることもあります。

転職先で様々な立場の人やクライアントと関わる可能性があるのであれば、その確認をされているのだと思うようにしましょう。

これが面接ではなく仕事であれば、「こういう客にはこういう態度が効果的」などのように、経験から得た対応の仕方があるはずです。

それをしっかりと面接でも出すことができれば、柔軟な対応ができる人だというアピールになるはずです。

一見意味のないように思える質問も意図がある

面接では、一見何の意味もないように思える質問や、スポーツの話や好きな食べ物など、単なる雑談のように感じる質問もあります。

無意味な質問をされて時間を取られることに憤りを感じる人がいますが、大抵は意味があります。

応募者の想像力や、どんなことも頭を使って考える癖があるかどうかを確認していることも多いです。

また、雑談と思える会話にこそ、応募者の素が出やすいため、面接官はそれを狙っていることが多いです。

いくらフランクに話しかけられたり、趣味の話で盛り上がっても、敬語を崩したり社会人として常識のない返答をしてはいけません。

面接は落とすためのものだという意識を持とう

面接は企業側にとっては落とすためのものであると事前に覚悟しておくことも必要です。

なぜなら採用枠に対して多くの応募者が応募してくるため、ある程度応募者が困るようなことを言ったり、動揺を誘うことでボロが出やすいようにしているのです。

この覚悟があるのとないのとでは全然違います。

最初から分かっていれば、下手に動揺したり、感情的になって良いアピールができないということもありません。そういうものだと冷静に面接に臨むようにしましょう。

単に合わなかっただけと思おう


ここまでご紹介したように、しっかりとした意図があってされる質問を受けることばかりではないでしょう。

ひどい場合はあなたを心底傷付けるようなことを平気で言ったり、あまりに常識外れな質問を投げかけてくることがあります。

しかし、それをいちいち真に受けて傷ついてしまい、転職活動そのものが嫌になる必要は全くありません。

そのような面接官に会っても、単に自分と相性が合わなかっただけなのだと割り切って考えましょう。

あなたは面接に一方的に落とされたのではなく、元々こちらとも合わなかったのです。

聞いてはいけないことを聞いてくる会社はしっかりとした教育はないと知れる

面接では聞いてはいけない項目が法律で定められています。

家庭環境や身体的なことなど、誰が考えても分かるようなことから、尊敬する人物から愛読書まで、面接で聞かれがちなことまで含まれています。

これらの項目をすべてチェックし、一つでも聞かれたから「この会社はなっていない!」とするのは行き過ぎですが、差別的な発言があるなど明らかにおかしい質問をしてくる面接官がいたら、会社の体制を疑問視するべきです。

近年はコンプライアンスを重視する企業が増え、それは採用段階においても見られます。

通常面接官はしっかりと法的知識を持ち、教育や研修を受けた上で面接という場に立っているはずです。

差別的発言をするような面接官がいる企業では、しっかりとした教育体制が整っていない証拠です。

例え転職ができたとしても、丁寧な教育や研修を受けることができず、分からないことを質問もできないような状況かもしれません。

面接は企業があなたを選ぶだけではなく、お互いが契約関係を結ぶために納得できるかどうかを確認する場です。

自分からも企業を判断するための場なのだと認識し、面接官の態度をきちんと見極めるようにしましょう。

ひどいことを言う人と一緒に働きたいと思わないはず

面接でひどいことを言われて傷つき、泣きたくなるというときがあったら思い出してほしいのですが、そんなことを言うような人と一緒に働きたいですか?

職場で毎日ひどいことを言ってきたり、パワハラをしてくるような人かもしれません。

そんな人がいる会社に転職が決まらなくて良かったのだと思うようにしましょう。

つまり、面接でそのような人に出会えたことは、転職先で嫌な人に会うかもしれないリスクを回避できたラッキーなことでもあるのです。

そう考えれば、面接でひどいことを言われて傷ついた心も楽になるのではないでしょうか?

転職エージェントに相談してみると安心することも

転職活動は基本的に一人で行いますから、孤独感との戦いでもあります。

面接で嫌なことを言われたり、どうしようもない不安にさいなまされたときなど、転職活動の中では辛いと感じるときがあります。

そんなときには転職エージェントというプロの存在が助けになります。

面接でひどいことを言われたり、嫌な思いをしたとしても、転職エージェントに相談してみると「よくある圧迫面接で、気にする必要はない。」などとアドバイスをもらえることがあります。

転職支援のプロから言われることで安心感につながりますし、次からはどんな回答をしていけばよいかの具体的な対策を講じることができます。

転職エージェントは求人数が多く希望の条件に合う良い求人が見つけやすいというメリットもあり、転職活動ではぜひ活用すべき存在です。

無料で利用できますからまずは登録から始めてみましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、面接でひどいことを言われて転職活動が嫌にならないために覚えておきたいことをご紹介しました。

面接官も人間ですから、色々なことを言ってくる人がいます。

それをしっかりと認識した上で面接に対処するようにすれば、怖いものはありません。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。