自己分析は転職活動の基盤となるものです。

会社選びから始まり、応募書類を書くときや面接での対応などすべてが自己分析の結果を元に動いていると言っても過言ではありません。

今回は、そんな自己分析がなぜ必要なのか、その重要性と自己分析方法としてポイントをご紹介していきます。

新卒と比べて中途採用はおろそかにしがち

自己分析は新卒での就職活動をした経験がある人なら、嫌というほど聞いたことがある言葉かもしれません。

新卒の場合は面接対策がよく分からないため、そういうものだと思って自己分析をしていたという人も多いのではないでしょうか?

一方転職組の場合、新卒に比べると自己分析を意外にもおろそかにする人が多いです。

理由としては、社会人経験があるから自分のことなどよく分かっている、新卒のときに散々やったから今は特にやる必要がない、などと考える人もいるのです。

しかし、自分で自分のことを分かっていると考えている人ほど実際はよく分かっていないということがほとんどで、自分はこういう人間だと決めつけている人も多いものです。

そして当然ですが、新卒のときと今とでは、経験も考え方も変わってきているはずです。

再度の自己分析は必ず必要になるということを覚えておきましょう。

自己分析とは何なのか

そもそも自己分析とは何なのかという疑問を感じる人もいるでしょう。

自己分析とは、自分自身を客観的に評価し、自分という人間を整理していく作業のことです。

客観的というのがポイントで、過大評価や過小評価はせずあくまでも等身大の自分を事実として整理していかなくてはなりません。

そういう意味では難しい面もあるのですが、逆に言えば自己分析をしっかりとやっていくことで、転職活動全体を通して自分という人間を等身大にしっかりとアピールしていけることになるのです。

自己分析はなぜ必要なのか

自己分析の必要性・重要性について知っておくと、何となく曖昧にしてきた自己分析をしっかりやろうという意欲が沸いてきます。

ここでは自己分析がなぜ必要なのかをお話していきます。

自分のやりたいことがわからなければ会社選びすらできない

まず、自己分析をしなければ「なぜ転職したいのか?」「なぜこの仕事をやりたいのか?」を知ることができません。

つまり、自分のやりたいことがわからず、転職先を選ぶことすらできないということです。

漠然と転職を考えているけれど応募したいと思う会社がよくわからないという方は、明らかに自己分析ができていないものと思われます。

例え今の会社に不満があって辞めたいというのが転職活動のきっかけだったとしても、自己分析をしていくことで転職先を考えていくことができます。

「なぜ辞めたいのか?」というところから始まり、「ではその不満を感じない仕事は何なのか?」「その仕事にはどんな魅力があるから不満を感じないのか?」という風に、仕事の魅力や就きたい理由につながる答えが見えてきます。

自分を整理していなければ書類で相手に伝わるはずがない

転職活動で必ずと言っていいほど提出を求められる応募書類は、ほんの2~3枚の用紙の中で見ず知らずの人事担当者に自分という人間を伝えなくてはなりません。

人事担当者はぱっと見て読みやすく、わかりやすい応募書類でなければ詳細まで読んでくれることはありません。

「私はこういう人間です。」ということが整理されていなくては伝わることはないでしょう。

そもそも自分で自分のことをよく分かっていないのに、それを相手に伝えることは不可能です。

ビジネスの場でも、サービスの内容をよくわかっていない新人が顧客に説明しても伝わらず、せっかくのサービスを利用してもらえないということはよくあります。

転職活動でもこれと同じことが言え、ましてや顔の見えない応募書類では自己分析なしで自分の良さが相手に伝わるはずもないのです。

志望動機に退職理由など必ず聞かれる質問に応える

面接ではよく聞かれる質問があり、例えば志望動機や退職理由などがそれに当たります。

これらはまさに自己分析をすることで導き出せる質問なので、自己分析をすることがそのまま面接対策にもなるのです。

自分のことはよく分かっていると思っている人でも、面接で突っ込んだ質問に対して固まってしまうことがあります。

こういう人は、分かっているつもりで分かっていない、頑固で独りよがりなタイプに多いです。

自己分析という作業は時間がかかりますから面倒に感じるかもしれません。

しかし、転職活動全体を通して基盤となるものなので、遠回りに見えてもっとも効率的に転職活動を行える方法なのです。

自己分析のポイントとは?

転職組の自己分析は新卒と違っていくつか重要なポイントがあります。

どんなことを意識して自己分析を行っていけば良いのかを見ていきます。

新卒と違って実務経験と結びつける必要がある

自己分析の方法は、新卒と転職組とでは違いがあります。

自己を掘り下げるという意味では同じなのですが、転職組はそれをこれまでのキャリアに結びつけて考える必要があります。

例えば自分の強み一つとっても、単に「忍耐強い」などというだけでなく、これまでどんな仕事をやる上で忍耐強さを発揮し、結果はどうなったのかなど仕事を通して自分の強みにつながることを具体的に考える必要があります。

自己分析の結果が企業の求める人材像と一致していなければならない

自己分析はやって終わりではなく、その分析結果が応募先企業の求める人材像と一致しているのかを確かめる作業が必要になります。

企業研究などを通じて企業が求めている人材像を把握することが同時に必要で、それに適したスキルや能力が自分の分析結果にあるのかを見ていきましょう。

転職活動を効率的に成功させるには、応募者と企業の求める人材像との一致が不可欠で、それがなければどんなに優秀な人でも採用には至らないのです。

自己分析はキャリアコンサルタントの力を借りて

自己分析は客観的に自分を評価する作業だと言いましたが、自分一人で自己分析を完了させてしまうと客観性に欠ける場合があります。

自分ではこうだと思っていることが、必ずしも他者評価と一致しているとは限らないからです。

一通り自己分析が終わったら、それを第三者に見てもらうのが良いでしょう。

転職エージェントに所属するキャリアコンサルタントであれば、自己分析の方法を教えてくれ、客観的な評価までしてくれますから、精度の高い自己分析結果を得られることでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、自己分析がなぜ必要なのか、その重要性とポイントを踏まえてご紹介しました。

自己分析は転職活動全体の基盤となる大切なものです。

決しておろそかにすることなく、しっかりと掘り下げて行うようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。