転職先として人気の事務職は、座りながら仕事ができて体力的な負担が少ない仕事であるという見方が一般的な意見でしょう。

もちろん、立ち仕事や肉体労働に比べると楽な面も大きく、働きやすい仕事という意味ではおすすめしたい仕事です。

しかし、事務職だから必ず楽というわけでは決してありません。

転職先として事務職を選ぶ場合には、「事務職だったら楽」という考えにとらわれすぎず、しっかりと転職先を見極めるようにしましょう。

今回は、事務職でも気を付けたい、ハードワークにならないための転職先の選び方をご紹介していきます。

事務職でも残業時間が多いとかなりハード

事務職でも、定時で毎日帰ることができる仕事であれば、体力的な負担が少なく規則正しい生活もできるため働きやすいでしょう。

そのような事務職が多いからこそ、事務職という仕事は人気がある職種でもあります。

多少残業があったとしても、座ってできる仕事なので乗り切ることができます。

しかし、残業時間が毎日3時間以上になってくると話は別です。

定時が17時の会社であれば毎日20時退勤、それって普通では?と感じるかもしれませんが、日によっては22時を超えることも大抵は出てきます。

しかも、人間は連続して何時間も集中することができない生き物ですから、残業が3時間以上にもなれば日中の集中力を保つことができず、著しく生産性が落ちています。

そうなると、日中と同じ仕事をしていても進むスピードや精度が下がっているため、非効率になってますます退勤時刻があと倒しになるという悪循環です。

月のトータルの残業時間で見ても残業時間が3時間以上になるとかなり危険と言えます。

月の出勤日数を20日と計算すると月の残業時間は約60時間ですから、季節的な繁忙などで残業が少しでも増えればあっという間に過労死ラインの月80時間を超えてしまいます。

残業が当たり前になってしまうと、月の残業が100時間になるなど、決して珍しいことではないのです。

深夜まで働いて朝は早い

残業が深夜にまで及んだとしても、勤務時間が変則的で次の日の朝はゆっくり寝ていられるのであれば、睡眠時間を確保できるという点ではまだ良いかもしれません。

しかし事務職は大抵規則的な勤務形態で、次の日の朝もいつも通り朝から出勤しなくてはなりません。

そうなると、毎日睡眠時間が短くなってしまい、様々な病気を引き起こすことになります。

脳疾患や心臓疾患の他、うつ病などの精神疾患にもなりやすく、感情のコントロールが難しくなるとも言われています。

求人票に記載されている残業時間はあてにならない?

転職先の仕事として事務職を選ぶ場合には、求人票に記載されている残業時間には注意しましょう。

月の平均残業時間などが求人票に記載されていることは多いですが、あてにならないことも多いです。

事務職と言っても部署が様々で、全体の平均を取っている場合も多く、実際に働く部署の残業時間とはかけ離れていることがよくあります。

また、1年を通してならした場合の平均残業時間であって、繁忙期には想像以上の残業を強いられるということもよくあります。

事務職の場合、担当業務にもよりますが年末調整や決算処理、人事担当などは季節によって忙しさに大きな差があります。

1年を通してならせば長時間労働にならないとしても、これらの時期に毎日深夜まで働くのは相当体力的にキツイです。

多少繁忙時期に違いがあったとしても、忙しい時期でどれぐらいの残業時間になるのかは知っておくべきです。

そうでなければ、その時期を乗り越えることができず、「こんなはずではなかった。」ということになってしまいます。

転職先の残業時間を確認するときは、「実際に自分が働く部署の残業時間」と「最も忙しい時期の残業時間がどれぐらい継続するのか」を事前に確認しておくようにしましょう。

業務分担がしっかりとされているかがポイント

転職先の残業が多いかどうかを判断するポイントとして、業務分担がしっかりとされているかがポイントになります。

業務内容に一貫性がなく、「いろいろやる」という事務職だと覚えることが多い割に専門性が低くなる、広く浅い仕事になってしまいます。

小さい会社などは一人で全部やらなければならないこともあり、体調不良などがあったときも、1人に対する業務負担が大きいため代わりがいない状態になってしまいます。

また、業務内容によって繁忙期がずれてきてしまうため、一つの仕事の繁忙期を乗り越えても、また別の仕事の繁忙期がくるという風に、常に繁忙期ということになってしまいます。

それよりも、仕事の担当分けがしっかりとされていて、さらにその係が複数人いるという事務職がおすすめです。

いざというときに他にも担当がいるため1人あたりの負担が少ないですし、繁忙期が決まっているため1年の予定が立てやすいということになります。

事務職は給与に恵まれていないから賞与有にはこだわるべき

事務職は相対的に見ると他の職種に比べて給与はさほど恵まれてはいません。

体力的な負担が少なく高い専門性が要求されるわけではないことを考えると、仕方がないとも言えます。

しかし、少ない給与で生活していくのはやはり大変です。

そうなると残業を自らして残業代をあてにする人が増えてしまうのですが、それは本末転倒です。

やはり定時まではしっかりと集中して仕事をし、残業は極力やらないのが生産性が高く人件費を抑えることができるため、結果的に会社のためにもなる働き方でしょう。

もちろん残業しないことで体力的な負担が少なく長く働くことができます。

となると、やはりこだわりたいのは賞与有という点です。

たとえ給与が毎月生活できるギリギリのラインであっても、賞与があれば貯金をすることができますし、急な出費にも対応できます。

給与が毎月それなりにもらえて賞与がない会社よりも、給与は少し低めでも賞与がある会社の方が、年収ベースで考えると高いということはよくあります。

毎月の給与だけでなく賞与にもしっかりとこだわるようにしましょう。

残業時間が多くなく賞与がある事務職を探すなら転職エージェント

残業時間が少なく賞与もある事務職は探せばちゃんとあります。

ただ、元々事務職は人気の職種なので、そのような条件の良い求人はあっという間に枠が埋まってしまうというデメリットがあります。

ハローワークや求人誌などでこまめに探していくのは非効率と言えるでしょう。

そこでおすすめなのが転職エージェントです。

あらかじめ希望の条件やスキルなどを登録しておくことで、適切な求人が出たら紹介してくれますから探す手間が省けます。

また、実際の残業時間など自分では聞きにくいこともエージェントが希望企業に確認してくれます。

他にも転職活動の全面的なサポートを受けることができますので、ぜひ活用してください。

最後に

いかがでしたか?今回は、ハードワークにならない事務職の探し方をご紹介しました。

事務職でも長時間労働や業務負担が大きいとハードワークになってしまいます。

転職エージェントを上手に利用して、事前にしっかりと確認してから転職先を決めるようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。