ブラックとホワイトと分けられることが多い会社ですが、最も多いのはグレー企業です。

賃金未払いやパワハラなど明らかなブラック要素がなかったとしても、限りなくブラックに近いグレー企業の場合は、違法行為がないか、従業員のことを考えている会社なのかどうか確認する必要があります。

今回は、ブラックになり得る、気を付けたい会社の特徴をご紹介していきます。

業績が悪化しているのに役員が高級車を新たに購入した

会社全体として明らかに業績が悪化している、そして社員たちの給与減額やボーナスカットがあった場合には役員たちの様子をしっかりと観察しましょう。

役員たちの報酬は一般社員では確認することはできませんから、社員たちと同じく痛い思いをしているのかは怪しいものです。

業績が悪化してから役員が高級車を新たに購入したなどの場合、業績悪化をすべて社員たちにかぶせようとしている可能性があります。

これは家族経営の会社などに割とよく見られることで、残念ながら違法とまでは言えませんが、道義的には役員報酬の減額が先にされるべきです。

会社が危ないときでも社員よりも自分たちの贅沢を優先する、そのような会社がいざというときに社員を守ってくれるはずもありません。

残業代の計算が1日ごとに端数が切り捨てされている

残業代の計算をするときに、1日ごとに端数の切り捨てがされている方法は違法です。

例えば、1日の残業時間が1時間14分だった場合に1時間とすることはできず、14分に対しても残業代が発生することになります。

例外的に、月の残業代の「合計」の30分未満端数を切り捨て、30分以上の端数は切り上げにするという方法は、事務手続きの簡素化の意味でできるとされています。

しかし、日々の端数に関しては適用できないことを覚えておきましょう。

原則的に残業時間は1分単位で支払われるのが正しいのです。

これは、会社の事務員ですら勘違いしていることもあり、それが当たり前だと思ってやっている会社もあります。

しかし、残業代の未払い請求をされたら支払い義務が発生する可能性がある違法行為です。

会社の給与計算が正しく行われているかを確認するために、自身のタイムカードによる残業時間と実際に支払われた残業代が正しく計算されているかは、給与明細でしっかりと確認するようにしましょう。

有休を勝手に使われている、取らせてくれない

年末年始や夏期休暇の季節になると、なぜか有休を勝手に使われているということはよく聞かれます。

申請した有休は絶対に取らせてくれないけれど、有休残日数が少ないのであれば疑ってみましょう。

確かに有休には、「計画的付与」と言って5日を超えて付与した分に関しては計画的に付与させることは可能です。

しかしこれには労働組合や過半数労働者との協定が必要で、会社側だけの都合で勝手にすることはできません。

さらに就業規則にも記載が必要な事項ですから、就業規則を確認することも必要です。

計画的付与ではない場合、基本的に有休は労働者の自由意志のもと請求できますから、会社が勝手に使わせたり、取らせないということもできないのです。

有休に関しては、曖昧にしたり「捨てる」のも仕方がないと思う人が多いですが、お金と同じものだと考えるようにしましょう。

有休40日分を捨てることはできても、40日分の有休で得られる現金が例えば40万円だったと考えれば、簡単に捨てるべきではないと分かるはずです。

歩合給営業だから契約が取れなければ給与がほとんどない

営業に多い歩合給の場合、契約を多く取ることができれば給与に反映される代わりに、契約が取れなければ生活できないほど苦しくなる、というイメージがあるかもしれません。

成績次第なので給与が少ないのは自己責任で仕方のないこと、と思っている人もいます。

しかし、歩合の営業であっても雇用関係が成立している以上は、どんな雇用形態であっても最低賃金法が適用されます。

つまり、歩合給の営業が成績が悪い場合でも、最低賃金だけは保障されるということです。

意外にも勘違いしている事業主も多く、「景気が良いときは高い歩合を払っているのだから成績が悪ければ仕方がないだろう。」と最低賃金を考慮しないケースもあるのです。

自分が営業担当でも、自分以外の人が給与が低すぎて悩んでいる場合でも、最低賃金を下回る給与を出している会社はかなりまずいです。

他にも法違反を犯している可能性もありますから要注意です。

当てはまっていることが多い会社は脱出するのが正解

ここまでご紹介したことに一つでも当てはまっている会社=いわゆるブラック企業か、と言うと必ずしもそうではありません。

無知が原因で間違って行為をしていた場合、普通の会社であれば改善されるはずです。(もちろん、知らなかったら仕方がないということではありませんが。)

しかし、かなりの項目に当てはまる、わかっていてやっているという場合は危険信号です。

ブラック色が強く、従業員のことを大切にしない会社である可能性が高いです。

そのようなブラック企業からは、早めに脱出し健全なホワイト企業へ転職するのが身のためです。

自分の身は自分にしか守れませんから早速動き出すようにしましょう。

転職は転職エージェントを利用しよう

今の会社がやばいかも…そう感じても、できる限りは在籍中の転職活動をおすすめします。

もちろん精神的にも追い込まれているのであれば退職を優先すべきですが、余裕があるのであれば転職先を決めてから辞めるのがベストです。

在籍中の転職活動は大変だというイメージがありますが、転職エージェントを使えば大丈夫です。

転職エージェントは平日の夜は土日も利用できますし、あらかじめ希望の条件やスキルを登録しておくことで適切な求人を紹介してくれます。

わざわざ有休を取得して求人検索に行かなくても、効率よく職探しができます。

また、応募の段階でも、面接の日程調整や給与交渉などを応募者に代わって行ってくれるため非常に助かります。

転職エージェントは無料ですから、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、気を付けたい会社の特徴をご紹介しました。

意図してやっているブラック企業なのか、無知なだけで改善の見込みがあるのかはしっかりと見極める必要があります。

どちらにしても、従業員のことを考えていない会社だと判断できた場合には、さっさと見切りをつけて転職する方が明るい未来が待っているのかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。