今働いている会社に社員旅行はありますか?

社員旅行が楽しくて、進んで参加している人もいますが、実は、社員旅行に行きたくない!行くくらいなら会社を辞めたいと考えている人も多いのです。

社員旅行に行きたい人も、行きたくない人も、社員旅行とはどういったものなのか、正しく理解しておきましょう。

なぜ社員旅行にいきたくないのか?


社員旅行は本来福利厚生の一環で、労働者にとってメリットが大きいもののはずです。

しかし、実際には一般社員たちにとって社員旅行は負担であるという側面が大きく、本当に憂鬱で会社すら辞めたくなってしまうという人もいます。

その理由として、社員旅行が全く楽しくなく、気を遣うだけだということがあります。

重役たち相手にお酌を強要されたり、上司や先輩たちには一日中気を使わなければならず、さらにはセクハラまで受けてしまうというケースもあります。

これでは社員旅行に行きたいという人が少なくなるのも無理はありません。

社員旅行に行きたくない時はどうしたらいいの?

実費で親睦目的なら不参加でもOK

社員旅行とは名目上で、研修を兼ねていたり業務の性質があるものに関しては完全に仕事です。

その代わり、仕事である以上は手当の支払も発生するはずです。

手当が発生するのであれば普段と仕事内容が違うだけなので、割り切って参加するのが基本です。

ただし、実費で目的も親睦ということであれば仕事ではありません。

職場の飲み会と同じで、参加するかしないかは自由意志です。

仕事以外の時間を拘束されるれっきとした理由はないのです。

また、休日を利用した旅行の場合でも、強制参加かどうか、業務としての性質を持つかどうかによって休日手当の支払義務が発生することがあります。

強制的に積立金が引かれているなら労務課に確認しよう


社員旅行に使われる積立金が強制的に給与天引きされている場合には注意が必要です。

給与引きについては、社会保険料などのように例外的に認められているものの他は、労使協定が必要になります。

勝手に労働者の給与から天引きすることはできず、労使協定が締結されているかどうかは確認する必要があります。

さらに、旅行の目的やかかる費用などについても明確にした場合でなければ、労使協定による控除はできません。

旅行にかかる費用や時期などを知らないのに、勝手に控除されているという場合には、人事・労務課に確認するようにしましょうう。

親睦のための社員旅行を業務命令だと言われたら

前述したように、親睦のための社員旅行を実費で強制参加させられる場合は違法です。

社員旅行については曖昧な点が多く、近年は実施に慎重になっている企業も多い中で、堂々とそのようなことをしてしまう無知さも注目すべきポイントです。

恐らく、そのような企業は社員旅行以外にもおかしな点が多く、コンプライアンスを重視していないでしょう。

社員旅行が嫌で辞めたいと思うのは、全体的に会社に対する不信感が積み重なっている証拠とも言えます。

他の部分に何も問題がなければ、そもそも親睦のための社員旅行を強制参加にする行為はしないはずです。

いかなる場合でもパワハラ・セクハラは許されない


社員旅行に行けば、宴会場でお酒を飲む機会があることがほとんどです。

社員旅行の目的が何であれ、お酒が入るということで厄介な問題が発生することがあります。

それは「お酒の席であれば何をしても許される。」と勘違いしている人がいまだにいるということです。

社内での勤務中であればパワハラ・セクハラに気を付けている人であっても、お酒が入ることで理性が吹き飛び、暴言を吐く、人の体にさわってくるなどの非常識な行動をする人がいます。

それが上司や先輩であれば泣き寝入りするしかないと、苦痛に感じている若手も多いのです。

どんな場面であっても、パワハラやセクハラは許されない行為です。

お酒を飲んで人が変わってしまうなら、最初からお酒を飲まないようにするべきです。

お酒を飲んでパワハラ・セクハラをするということは、そもそもその行為自体があっても大丈夫だと思っているということです。

そのような上司や先輩の元でこれからも仕事をするべきかどうかは、一度じっくりと考えてみるべきではないでしょうか?

会社への不信感が募っているのであれば転職を

社員旅行への疑問は一つのきっかけに過ぎませんが、会社への不信感が募って色々なところが目につくという場合には、転職のタイミングにきていると言えます。

これを機に今の会社で長く働くことが本当に自分のためになるのかどうかをじっくりと考えていきましょう。

ただし、焦って辞めてしまうのは禁物です。

精神的に追い込まれていたり、暴力などで危険な目に合っているということでなければ、転職先を決めた上で今の会社を辞めるようにしましょう。

退職してからの転職活動は経済的にも精神的にも段々余裕がなくなってきて、妥協した転職先を選んでしまうことにもなるからです。

[ 関連記事 ]

在籍中の転職活動なら転職エージェントがおすすめ

今の仕事をしながら転職活動をするのは正直大変だと思う方も多いでしょう。

時間もあまりありませんし、転職活動は労力が必要なことですから、体力的にも負担が大きいと感じることもあります。

そこでおすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントはあらかじめ希望の条件やスキルを登録しておくことで、適切な求人を紹介してくれます。

わざわざ有休を取得して仕事探しをしなくても、効率良く求人を探すことができるのです。

また、応募書類の添削や面接時の対応など転職に必要なノウハウを持っていますから、一人でやみくもに転職活動をするよりも内定をもらえる確率が高くなります。

転職エージェントは無料で利用できますからぜひ活用してみてください。

社員旅行をきっかけに転職という選択も

今回は、社員旅行が憂鬱で会社を辞めたいと感じた場合に思い出してほしいことをご紹介しました。

社員旅行が嫌だということは、会社が正しい運用方法で行うための知識を持っていないということや、そもそも会社への不信感が募っていることの表れだと考えることができます。

社員旅行について考えてみることをきっかけとして、今の会社に長くいるべきかどうかを検討してみることをおすすめします。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。