大きなバスを運転して地域住民から感謝される路線バスの運転手。

子供の頃から路線バスに慣れ親しんでいる人は一度は憧れたことがあるかもしれません。

一般的なサラリーマンと比べると特殊性が高い仕事ですが、実は路線バスの運転手は他の業界や職種からの転職組が多く、社会人になってから転職で夢を叶えたという人もいるのです。

今回は、そんな路線バスの運転手への転職で夢を叶えたい人の転職活動の方法についてご紹介していきます。

バス運転手の適性はある?まずは自己分析をしっかりと

路線バスの運転手というと、大きなバスを運転できる、運転が好き、ということをなりたい理由に挙げる人は多いです。

しかし、残念ながらそれだけでは路線バスの運転手としての適性としては不足しています。

大きなバスを運転する技術があったり、そもそも車の運転が苦にならないなどは必要な要素ではありますが、それ以上に大切なことが接客業としてのスキルです。

それは、乗客を安全に目的地に送るだけでなく、快適な環境を提供する、気遣いを怠らないなどの意識が必要なことです。

いくら運転が好きだとしても、乱暴な運転で乗客に不快な思いをさせたり、乗り降りなどで困っていても対応しないような運転手ではバス会社の評判が落ちてしまうことにもなります。

トラック運転手などで高速をバンバン飛ばし、荷物だけを運んでいたような人が路線バスの運転手になると、辞めやすいと言われることもあります。

それよりも、大型車の運転経験が浅くても元接客業や営業職などのような人の方が適性があることもあります。

バス運転手は基本的に一人での仕事が主ですから、人付き合いが苦手な人におすすめと言われることがあります。

しかし、コミュニケーション能力が高く接客スキルがある人の方が路線バス運転手としての適性があるのです。

大きな車を運転したいだけなのか、それとも地域住民のインフラとしての役割を果たし、快適な交通手段を提供したいという思いがあるのか、路線バスの運転手に応募する前にしっかりと分析しましょう。

路線バスの運転手は常時募集でも応募する価値あり

通常、求人が常時公開されている場合は長時間労働などの過酷な労働環境で人が辞めやすい職場であることが考えられます。

人が辞めやすいから常に人手不足で、常時求人を公開することになるのです。

ただ、路線バス運転手の場合は必ずしもそうではありません。

路線バス運転手の求人は常時公開されていることも多いのですが、それはバス運転手ならではの特殊な事情も考えられるのです。

例えばバス運転手は事務職などの一般的なサラリーマンのように、条件が良い会社であればすぐに応募しようということにもなりません。

人の命を預かる仕事ですし、特殊性が高い仕事なので募集をかけてもすぐに良い人が集まるというわけではないのです。

覚悟を持った上で応募するという人が多いため応募者が限定されます。

また、採用してからすぐに現場というわけにはいきませんから育成に時間がかかります。

運転手に空きがでたり、バスの増車などが決まってから募集をかけたのでは間に合わないため、常時募集をかけておき、希望者は履歴書を預かっておくというスタイルも多いのです。

バス運転手への転職は在籍中が基本

転職する場合にはどんな職種であっても、在籍中に転職先を決めてしまうことが基本だと言われます。

その方が、経済的にも精神的にも余裕があるからです。

もちろんこれはバス運転手にも言えることなのですが、バス運転手の場合は絶対条件とも言えます。

なぜなら、前述したようにバス運転手は応募をしても実際に内定に至り、働けるようになるまでは時間がかかるからです。

今の仕事を辞めてから応募していくのでは無職の期間が長引く恐れがあるということです。

在籍中に履歴書を送っておくなどの活動を行っておき、内定をもらって働き始める時期のめどがたってから、今の職場を辞めることが必要になります。

実際の拘束時間やシフト形態は確認しておこう

バス運転手は人手不足から拘束時間が長いと指摘されることがあります。

会社や地域の環境によって異なりますが、事前にしっかりと確認しておくことは必要です。

例えば、求人票上では実労働時間〇〇時間と書かれてあっても、中休と呼ばれるような勤務と勤務の間の自由時間が設けられていることがあります。

路線バスは通勤・通学などのラッシュ時にダイヤが集中しますから、それ以外の日中の時間に6時間程度の中休があるシフトを導入していることもあるのです。

自由時間なら問題ないのでは?と思うかもしれませんが、実際には自由時間であっても中休明けの勤務に備えて精神的には休まりません。

1日の仕事が終わって体を休める時間とは異なる性質を持っているのです。

労働時間として給与がでればまだ良いですが、自由時間のため多少の手当が出る程度という場合もあります。

その他、急な休日出勤がどれぐらい発生するのかや、地域の交通状況によってはダイヤの乱れが発生しがちになり残業が多くなるなどもありますから、実際の状況を確認しておいた方が良いでしょう。
 

在籍中の転職活動は転職エージェントを利用しよう

今の仕事をしながら転職活動を行うには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

在籍中は今の仕事が忙しくてなかなか転職活動に時間を割くのが難しいですが、転職エージェントであれば効率良く転職活動ができます。

あらかじめ希望の条件やスキルなどを登録しておくことで、適切な求人を紹介してくれますから毎日求人検索をする必要もありません。

面接の日程調整や給与交渉などを応募者に代わって行ってくれるため、時間的な余裕が少ない在籍者にとっては非常に助かります。

また、転職支援のプロである転職エージェントを利用することで、転職活動の方向性を相談したり、転職に必要なノウハウを得ることもできます。

応募書類の添削や面接時のアドバイスを受けることもできますから転職の成功確率がぐっと上がるのです。

転職エージェントは無料で利用できますからぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、路線バス運転手への夢を叶えるための転職活動方法についてご紹介しました。

路線バスは地域のインフラですから社会貢献度が高い仕事です。

転職組も多いですから、子供の頃の夢だったとう方は今からでも遅くはありません。

ぜひその夢を叶えるための転職活動を行ってください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。