転職活動をしている中で企業側が提示した応募条件が自分と合致していないことはよくあります。

例えば経験年数や保有資格など様々です。そんな時「自分には応募する資格がない」と諦めていませんか?

もしその企業に魅力があってあなたが「本当は応募したい」と感じるならば、応募条件を満たしていなくても積極的に応募すべきです。

その理由をお伝えしていきます。

1.資格がなくても実績・やる気が認められることがある

応募条件として資格を指定してある企業は多くあります。資格はわかりやすい応募条件のため、指定された資格を持っていないとその時点で諦めてしまうこともあります。

例えばその資格を勉強中だけれど現時点では合格していない場合に「合格していないと応募できない」と思い込んでしまうこともあります。

資格が必要なケースとして2つあります。

  1. 資格がないと仕事そのものができない場合
  2. 資格レベルの知識が求められている、単なるスキルの目安的な場合

1の場合は資格がないと仕事にならないため、今からすぐ目指せる資格なのか、入社してから取得するという方法はないのかを確認する必要があります。

2の場合、企業側も応募人数を絞るために必要なスキルの目安として資格を指定しているケースです。

例えば資格欄に「簿記」と書かれていたとしても「簿記は持っていないけれど10年以上財務部で実務経験を積んでいて仕訳の考え方は分かっている」人であれば、企業としては欲しい人材であるという場合もあります。

また、いずれその資格を使って活躍してしてほしいという場合もあります。

例えば、税理士や社会保険労務士などの難関資格の場合、現在合格していなくても応募の際に受験した経歴を書いて「今も勉強中」であることをアピールすることで、採用してくれることもよくあるのです。

このように、求人欄の資格の基準は意外とクリアできる場合が多いですから希望の企業には諦めずに応募してみてください。

2.給与は見た目の数字と違うこともある

求人欄を見てまず気になるのは給与だという人もいるでしょう。

その場合、ぱっと見の給与額が低いからすぐに応募したい企業から除外してしまうことがありますが、自分の場合の給与額はどうなのかをしっかり見極める必要があります。

理由は求人欄の給与は、新卒の給与や最低基準が書かれていることもあるからです。

例えば、経験年数に応じて俸給表を採用しているような企業の場合、転職する人によって経験年数が異なり、すべての給与を記載できないため、そのような記載となるのです。

ただし、注意が必要なのは「逆のケースもある」ということです。

つまり、最低基準額ではなく最高でどれぐらいの給与をもらっているのかを記載することによって応募母数を増やす、という手法を取っている場合です。

悪質な記載もあって入社後にトラブルになることもありますから、そういう意味でも給与の額は見た目に惑わされないようにしましょう。

面接でいきなり給与のことは聞きづらいという方もいるでしょうから、転職エージェントに登録して事前に「自分の経験年数の場合の給与額」を確認しておいてもらうという方法がおすすめです。

3.全国転勤ありなしは雇用形態によって異なることがある

特に女性の場合などは結婚していて全国転勤ができないという方もいます。気になる求人があっても「全国転勤あり」と書かれているだけでその企業は除外してしまうことになります。

しかし、全国転勤のありなしは雇用形態によって異なる場合があります。例えば、総合職は全国転勤ありだけれど一般職はないといった場合です。

総合職の求人を見て全国転勤ありと書かれていても、総合職以外の求人も同時に応募していることがありますから、是非確認してみましょう。

4.年齢はあくまでも目安だから

応募条件として年齢を指定してあるケースがあります。

自分がその年齢を超していることは紛れもない事実のため、それだけで応募を諦めてしまうことがありますが非常にもったいないです。

例えば35歳までの応募条件の求人があったとします。あなたが40歳だったとしても、企業のニーズにマッチしていれば採用されることがあります。

もちろんかたくなに「何が何でも35歳まで!」とバッサリ切り捨てる企業もありますが、あくまでも応募者数を絞るための目安に過ぎないことも多いです。

年齢が多少オーバーしていても、優秀でやる気のある人材であれば、ただ若いだけの人よりもずっと欲しいと思っている企業もあります。

5.経験年数は年数そのものよりも中身が大切だから

資格や年齢と同様に、経験年数についても目安的な要素が強いことがあります。例えばよく見かける経験3年以上と書かれた求人票。

その場合、ただその部署に5年いて実際別の業務も多かったというだけの人か、2年しかいないけれどかなり濃い業務内容だった人かは当然後者の方が即戦力になります。

本人のやる気とアピール力も必要になりますが、経験年数が満たないからと言って応募の土俵に立てないというわけではありません。積極的に応募することをおすすめします。

応募条件を満たしていなくても積極的に応募しよう

このように、求人票の内容と企業側が実際に欲しい人材は必ずしもぴったりと一致しているわけではありません。

応募の門戸を広げすぎてしまうと、ただでさえ忙しい採用担当者が大変になってしまうため便宜上、目安を設けているにすぎないのです。

あまりにもその目安とかけ離れている場合は難しいかもしれませんが、やる気や実績をアピールすることで採用されることも十分可能です。

是非諦めずにチャレンジしてみてください。

求人票の裏に隠された詳細を知るには

求人票はいわば企業側の建前です。その裏には本音が隠れていますからその本音を見極めることが必要です。しかし、本音と言っても求人票を眺めているだけで見えてくるはずがありません。

企業の本音を知るための具体的な方法、転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントから情報収集するのが一番確実でおすすめの方法です。

転職エージェントを利用している企業は多数あり、企業の採用担当とキャリアコンサルタントは密接に連絡を取り合っていることが多いです。

そのため、企業の裏事情的なことに精通しているキャリアコンサルタントも多く、求人票には載せきれなった希望の人物像なども教えてもらえることがあります。

自分の気になる求人があったらまずはキャリアコンサルタントに相談してみましょう。応募しても可能性があるのかどうか見極めてくれるはずです。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。