転職活動の面接では、自己紹介から始まるパターンが多いです。

面接官の心をつかむような自己紹介をすることができれば、合格もぐっと近づきます。一方で、「自己紹介ぐらい何とかなるだろう。」と、しっかりと用意しておらず自己紹介で失敗する人が多いのも事実。

自己紹介の大切さを理解した上で、面接で失敗しないためにも、自己紹介についてしっかりと知っておきましょう。

今回は、自己紹介のコツや心構えについてご紹介していきます。

自己紹介を求められて頭が真っ白は準備不足

面接が始まると「では、まず簡単に自己紹介をお願いします。」と、いかにもさらっと聞かれます。

さらっと聞いていても、実際にはすでにここから面接がスタートしています。

まずここで「え?自己紹介?」と、動揺して答えられないというのはNGです。

自己紹介は面接で絶対に求められるというぐらい鉄板の質問なので、全く用意していないのは明らかな準備不足です。

面接官も当然用意してあって当たり前と思っていますから、いきなりスタートからつまづくことになるでしょう。

その場ですぐに考えて返事をできるという人以外は、ある程度の内容を準備しておくのが安心です。

自己紹介は何を言えば良いの?

自己紹介なので、本来はどんな内容でも良いはずです。

ただ、ここは仕事の面接ですから、最も伝えたいのは「私はこんな仕事ができる人」という紹介です。

自己紹介だからと言って、いきなり趣味の話をしたり性格の特徴を伝えるのでは、友達同士の自己紹介になってしまいます。

趣味や性格については、面接官の意向で聞かれることも聞かれないこともある内容なので、聞かれたら答えられるようにしておくのが良いです。

自己紹介では趣味や性格については触れず、前職と転職先での仕事、という2点を軸に仕事人としてどんな人なのかをコンパクトにまとめるのが好ましいでしょう。

具体的には以下の流れで伝えていくと良いです。

氏名、前職の内容などを簡潔に

まずは氏名と前職の内容を簡潔に伝え、面接の機会を設けてくれたことのお礼を伝えましょう。

例えば「〇〇と申します。〇〇会社で営業部に所属しておりました。本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」などの言い方です。

アピールしたい前職での仕事の成果を短く伝える

次に、前職での仕事の成果を伝えます。

これについては、後ほどしっかりと説明するための質問が想定されますから、あくまでも端的に伝えることを心がけましょう。

例えば「〇〇会社では入社して5年間、マンション物件をメインに営業をしておりました。契約件数は5年で〇〇件、総額〇〇円の売り上げに貢献しました。6年目から現在に至るまでは営業チーフとして営業部隊育成にも携わっています。」などです。

転職回数が多い人や成果がたくさんあるという人は、最もアピールしたい仕事の成果や転職先の仕事内容に活かせるものを中心に伝えるようにしましょう。

これまでの経験で得たことを伝える

続いて、仕事をする上で大切だと感じたことや身につけたスキルなど、これまでの経験で得たことを簡単に伝えます。

こちらについても、後ほど内容について大抵聞かれます。

長々と話しすぎるのではなく、あくまでも後につながる布石、タイトルだけ伝える、そんな感覚で短く伝えるようにしましょう。

ここを伝えることで、面接官は「この人は仕事を通じてどんな風に成長してきた人なのか?」を知るきっかけになり、興味を持ってもらえます。

転職先でやりたいことや志望動機を伝えて締める

最後のまとめは前職での仕事の成果やこれまでの経験で得たことを、転職先でぜひ発揮したいという「熱意を伝えること」です。

転職先でこんな仕事をやりたいとか、志望動機などを簡潔に伝えるようにします。

そして「本日はよろしくお願いします。」と締めくくり自己紹介を終わらせます。

熱意を伝えることを最後に持ってくることで、締めくくりにふさわしい前向きな終わり方になり、これからの面接がスムーズにいきやすくなります。

何分ぐらいでまとめるのが良い?

人によって3分が良いとか5分が良いとか言うことがありますが、基本的には短く簡潔に伝えるのが自己紹介です。

実際にストップウォッチを使って話してみるとわかりますが、3分は少し長い印象で、5分は長すぎます。

「3分程度で」と言われることを想定して少し長めに用意しておくことも必要ですが、実際には「簡単にお願いします。」と言われることが多いです。

1~2分程度でまとめた短いバージョンも用意しておくと良いでしょう。

ちなみに、上記でご紹介した内容を話すと大体1分ぐらいになります。

もう少し長くしたい場合は前職の成果や経験をもう少し掘り下げて伝えていく、自己PRなどを付け加えるなどになります。

自己紹介の心構えとは?

自己紹介は応募者にとっては最初に話し出す場面なので非常に緊張するかもしれません。

しかし、ウォーミングアップという意味でも、自己紹介があると肝心な面接の内容に入ったときに心がほぐれていて落ち着いて面接に臨むことができます。

自己紹介をすることは、自分にとってのメリットも大きいのです。

自己紹介を要求されたらラッキーぐらいに思うようにしましょう。

また、自己紹介はこれから始まる面接のつかみになるものです。

ここでぐっと面接官の心を引き寄せることで、自分の魅力や熱意が伝わりやすくなります。

さらに、第一印象をアップさせるためにも大切なポイントです。

明るく大きな声で、面接官の目を見て笑顔で自己紹介をするようにしましょう。

アナウンサー試験ではありませんから、噛んでしまっても大丈夫です。

できるだけゆっくり丁寧に気持ちを込めて言うようにすると、慌てず自分の頭の中が整理されてきます。

自己紹介は事前に練習しておこう

面接の前哨戦とも言える自己紹介ですが、これから始まる面接の流れを引き寄せるためにも大切なものです。

つかみはOKとなるように、あらかじめ自己紹介文を用意しておき、練習もしておくのがおすすめです。

自己紹介文の内容やボリュームについて不安があるという方は、事前に第三者に聞いてもらうと良いでしょう。

第三者に聞いてもらうことで、自分では気づかないポイントに目がいくことになります。

第三者は、家族や知人でも良いのですが、おすすめは転職エージェントです。

転職支援のプロですから、面接官の心をつかむ自己紹介に導いてくれることでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職面接での自己紹介のコツや心構えについてご紹介しました。

自己紹介は準備不足で挑むと命取りになることがあります。

面接の流れを引き寄せるためにも大切な自己紹介ですから、しっかりと対策をしておくようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。