将来のビジョン設定は、転職活動中の人にとってつまづきやすいポイントでもあります。

社会人になると目の前の仕事に追われてしまい、将来のビジョンを明確に持っているという人が少ないからです。

しかし、転職という転機を迎えた今、将来のビジョンを考えることができる良いチャンスだと思って前向きにビジョン設定に取り組んでいきましょう。

今回は、将来のビジョンの定め方と注意点をご紹介していきます。

将来のビジョンが明確でないと応募書類にも魅力がでてこない

将来のビジョンは面接でもよく聞かれる質問ですが、面接対策というよりは、そもそもビジョン設定がされていないと応募書類にも個性が感じられなくなります。

将来のビジョンというのは「私はこういうことをやりたい人です。」ということなので、ビジョンがないまま応募書類を書いても、志望動機も曖昧になり、いわゆる普通のものができあがってしまいます。

他の応募者との差別化ができないため、「会ってみたいな」と思わせる応募書類にはならず、単にスキルとか資格とか、わかりやすいものだけで判断されてしまうことになります。

こうなるとよほど経験豊富で明確に役立つ強みがない限りは、書類審査で落とされてしまうことになります。

特に未経験職種への転職組は厳しいですし、例え社会人経験豊富な人であっても、ビジョンがないと「この人は何も考えないまま何となく仕事をしてきた人なのかな?」という風に捉えられてしまいます。

将来のビジョンの定め方

将来のビジョンの定め方としてまずは全体の方向性を決め、次に期間を区切ってビジョン設定をしていくとわかりやすいです。

その際ビジョンの根拠となる理由も考えると実現性が高く具体的なビジョンとなります。

全体的な方向性を定めておく

将来のビジョンを決めるとき、方向性が定まっていなければ具体的なビジョンは立てることができません。

方向性というのは、全体的な方向性のことであって詳細でなくても構いません。

いずれ管理職になって部下をマネジメントしたいのか、それとも役職にはつかず専門性をとことん極めていきたいのかというようなことです。

これを考えると、そもそも企業が描くビジョンと同じ方向性なのかを知ることができます。

例えば企業が管理職候補を探しているのに、専門性を高めたいと言っている人を採用することはほぼないでしょう。

期間を区切って考えておくとわかりやすい

将来のビジョンと一言でいっても、将来が一体いつのことなのかよくわからないはずです。

そのためどんな風に聞かれても答えられるように、「将来」を短期的、中期的、長期的と区切ると良いでしょう。

期間に正解はありませんが、短期的であれば入社1~3年以内、中期的なら5年先、長期的は10年後などとしておくのが一つの例です。

それぞれ新入社員時期、中堅社員、管理職と位置づけることができます。

中途採用で経験豊富な方であれば仕事を覚えてステップアップするのも早いため、1年、3年、5年というスパンで考えてみても良いでしょう。

どちらにしても、〇年後に自分がどうなっていたいのか、それを考えていくのが将来のビジョンを考えるということになります。

なぜそのビジョンを設定したのか理由も考えよう

〇年後の自分の姿をイメージしにくいという方は、モデルケースとなるような先輩や上司がいれば「〇年後にはあの人のようになりたい。」というのも一つの切り口です。

また、今の自分では関われない仕事でも、「いずれはあの仕事をやりたい。」と具体的な仕事内容に照らし合わせて考えてみるのも良いでしょう。

この切り口から考えていくと、具体的なビジョンを設定することができ、なぜそのビジョンなのかという問いに対してもしっかりと説明することができます。

将来のビジョン設定で気を付けたいこと

将来のビジョン設定をするときに気を付けたいポイントをご紹介します。

転職先で叶えることができないなら意味がない

将来のビジョン設定で非常に大切なのが、企業の描くビジョンの方向性と自分のビジョンが同じ向きなのかどうかということです。

例えば結婚に置き換えて考えてみると、将来子供をたくさん作って温かい家庭を作りたいと思っている人と、子供はいなくていいから夫婦でバリバリ稼いで起業し、大成功を収めたいと考えている人では方向性が違っているためうまくいかないことが予想できます。

転職も同じで、方向性がそもそも異なっていれば応募をやめるという選択もできます。

自分のビジョンは自分で考えることができますが、企業の描くビジョンは企業研究や求める人材像などを調べるしかありません。

そのためにも下調べが大切なのです。

会社HPや経営情報、求人票記載情報、転職エージェントからの情報など、あらゆる手段を使って企業ビジョン、求める人材像の確認をしておきましょう。

女性は結婚や出産などについても考えておく

女性は数年後のビジョンを考えるにあたって、結婚や出産などによるライフプランの変化についても考えておくべきです。

結婚も出産もどうなるかわからないしと思うかもしれませんが、そうなったときにどうしたいのかの方向性は決めておきましょう。

結婚・出産で一時的に職場を離れることになっても仕事を続けたいのか、それともそれを機に専業主婦やパートになりたいのかは大きな違いがあります。

方向性さえ決めておけば、育児休業や時短などの制度を利用をしながら、あらかじめ立てたビジョンに向かって進むことはできるでしょう。

女性はキャリアが中断したり優先順位が変わることもありますが、ビジョン達成までの方法はいくらでも修正していくことができます。

何よりビジョン達成に向けて努力する意志があるかどうかを見られているのです。

これはNG!自己中なビジョンは敬遠される

将来のビジョンは自分で考えるものですが、自分の夢を一方的に語る場ではないと心得ておきましょう。

例えば「いずれ起業したい」「将来のための人脈を築きたい」など、企業ビジョンとは関係のない個人的な夢は敬遠されます。

このような回答では「うちの会社を踏み台にしたいってこと?」と思われてしまいます。

自己中心的なビジョンではなく、あくまでも企業ビジョンとともに歩むという姿勢を見せるようにしましょう。

将来のビジョンの設定に悩んだら転職エージェントに相談しよう

将来のビジョンやキャリアプランについては、なかなかイメージがつかめず苦労するという人も多い部分です。

そんな人は、転職エージェントを利用して一緒に考えてもらうと良いでしょう。

将来のビジョンについて具体的にどんな風に考えていけば良いのか、応募者の頭の中にあるものを引き出して整理してくれる手助けをしてくれます。

最後に

いかがでしたか?今回は、将来のビジョンの定め方と注意点をご紹介しました。

将来のビジョンを明確にすると、応募書類もスムーズに書けるようになりますし、面接でも熱意が伝わりやすくなります。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。