転職の応募書類を作成している際、「特技・趣味」欄で立ち止まってしまうという人は多くいます。

「これって必要ないよな。」「何も書けるものがないけどどうしたらいい?」など、素朴な疑問を抱える人もいるでしょう。

今回は、そんな素朴な疑問を解決すべく、特技・趣味欄の存在理由と人事担当者に伝えたいポイント、記載時の注意事項などをご紹介していきます。

応募書類は空欄NGなので、特技・趣味欄もしっかりと埋められるようになりましょう。

特技や趣味欄が設けられている理由

市販の履歴書を見ると多くのもので特技・趣味欄が設けられています。

しかし、仕事と関係ないのになぜ書く必要があるのか?という疑問をお持ちの方も多いでしょう。

特技・趣味欄には応募者の人柄を知ったり、仕事で活かせそうな強みがないかなどの判断材料になります。

もちろん特技や趣味としてすごいものを持っていたから採用とはなりませんが、見ず知らずの応募者がどんな人なのかを知る上の情報源の一つとなるというわけです。

ですから、特技・趣味が全くないからと言って空欄にしてしまうと、何の特徴もない人、人間性がよく分からない人という風に見られてしまうことになります。

どんな特技・趣味を書けば良いの?

特技・趣味欄はとりあえず空欄だけは避けようと何となく書く人が多いですが、応募書類の項目はすべてがアピールにつながるものです。

書くからには人事採用者に興味を持ってもらえるものを選びましょう。

興味を持ってもらえる特技・趣味というのは、意外性のあるものであるということではなく、応募者の仕事への適性が想像できるようなものが良いです。

例えば、特技:バスケットボール(小学校から大学まで部活に所属しすべてキャプテンを任されました。現在も体力作りのため継続しています。)と書いてみます。

ここから、一つのことを継続できる忍耐力があることや、キャプテンとしてチームをまとめた経験は仕事でのリーダーシップにもつながるのでは?など推測できます。

さらに体力作りをしていることで社会人としての自己管理能力がある人と思われるかもしれません。

他にも、パソコンが得意で自分で趣味としてHPを作って運営しているのであれば、どの業界でも使えるIT系スキルがあることのアピールになります。

小さな子供を相手にする職種であれば、音楽や手品なども子供たちに喜ばれる要素になりますからポイントが高いです。

書くべきではない特技・趣味もある

人間性を知るためのものだと言っても、これは転職活動の応募書類であることを忘れてはいけません。

常識がない人であることを想像させたり、仕事への悪影響が懸念されるような、書いてはいけない特技・趣味もあります。

例えばパチンコや競馬などのギャンブルも、趣味の範囲内でやる分には問題ありませんが、何となくお金にだらしなさそう、運を天に任せるなど、計画性がないイメージを持たれることはあります。

また、これを応募書類に書くこと自体をどうかと常識を疑う人もいるかもしれません。

漫画やアニメ、ゲームなども決して悪い趣味ではありませんが、娯楽要素が強いため応募書類には不向きと思う面接官もいますし、稚拙な印象を与える可能性もあります。

ただし、ホビーや娯楽を扱う出版系など、応募する企業がこれらの分野を扱っている企業であれば問題ありませんし、仕事内容に興味があることも伝わります。

応募企業が扱う商品サービスの内容や風土を研究した上で、良い印象を与えそうなものを選んで書くというスタンスが必要です。

ありきたりな趣味を書く場合はコメントを添えて

趣味欄に読書など定番の趣味と書いたことで「よくある趣味だね。」と面接官に言われてしまった人がいますが、読書は立派な趣味です。

少ないコストで著者の考えが知れますし、ビジネスで必要な知性を養うために大いに役立ちます。

活字離れが進んだ現代で、本当に読書が趣味と呼べるほど本に親しんでいるのは素晴らしいことです。

ただし、ここで問題なのは、「よくある趣味」だと思われてしまうということです。

つまり、特技や趣味がないから取ってつけたように書いただけと思われる、無特技・無趣味の典型だと伝わってしまうことです。

「趣味:読書」とだけ書くとありきたりですが、好きな本のジャンルや著者、年間にどれぐらい読むのかなども付け加えてみましょう。

本当の趣味だと伝わりますし、「よくある趣味」どころか「すごいね、こんなに本読むの?」と面接で面接官と話が盛り上がることもあります。

読書以外にも、映画鑑賞やスポーツ観戦、料理などもよく書かれる趣味です。

これらについてもプラスαを付け加えてみると興味を持ってもらえます。

本当に無特技・無趣味の場合はどうすればいいの?

ありきたりな特技・趣味どころか、本当に何も特技や趣味がないと言う人もいます。

しかし実際は本当に何もないという人はいません。

自分では特技や趣味と言えるほどのものではないと認識しているだけで、人から見れば「あなたってこういうのが得意だよね。」と言えるようなことが誰にでもあるのです。

例えば几帳面で部屋の片づけがしっかりしていないと落ち着かないという人は、掃除や片づけの技術や工夫を知らず知らずのうちに行っています。

片づけが苦手な人から見ればすごい特技なのです。

例えば、特技:掃除・片づけ(短時間で効率的に掃除・片づけをするのが得意で、見やすい収納技を聞かれることがあります。)と書けば立派な特技です。

他にも、規則正しい生活を送っているという人は、そのために意識していることなどを付け加えば、特筆すべき自己管理能力の高さをアピールすることができるでしょう。

特技・趣味と聞いてしまうと一歩引いて「自分にはそんなものない」と思ってしまいますが、自分が人より少しだけ好きなこと、得意なことを整理していくと書けることが見えてきます。

応募書類の添削を転職エージェントにしてもらおう

履歴書や職務経歴書などの応募書類は、自分で一通り作成が終わったら第三者の目を通して客観的な意見をもらうようにしましょう。

自分ではうまく書けているつもりでも、他人から見れば読みにくい、内容が伝わらないなどダメな点が浮き彫りになります。

第三者としては転職支援のプロである転職エージェントがおすすめです。

プロの視点から人事担当者の目に留まる応募書類にするためのアドバイスをくれます。

こんな特技や趣味を書いても大丈夫なのかな?と不安に感じたら聞いてみても良いでしょう。

転職エージェントには求人紹介だけでなく、応募書類の添削サービスなど幅広い支援がありますのでぜひ利用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、履歴書の特技・趣味欄の存在理由と人事担当者に伝えたいポイント、記載時の注意事項などをご紹介しました。

意外と適当に書きがちな特技・趣味欄ですが、一工夫加えることで他の応募者との差別化を図り、人事担当者の興味を引くことも可能です。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。