保育士の転職活動では、面接がやはり重要視されます。

子供たちや保護者に与える印象面も大切ですし、高いコミュニケーション能力が必要な職業ですから、実際に会って話をしてみることで見える部分が大きいからです。

しかし、保育士は人手不足なのだから、それほど対策をしなくても大丈夫と思ってしまう人もいます。

保育士は園や施設の評判を左右する大きな要素ですから、園や施設としては保育士免許さえあれば誰でもいいというわけにはいきません。

また、給与や待遇の劣悪さが叫ばれている保育士だからこそ、条件がいい勤務先は人気が集中しやすくライバルが多くなります。

面接対策はしっかりと行った上で、自分の条件に合った職場を勝ち取るべきでしょう。

そこで今回は、保育士の面接対策として、面接で意識したいポイントをご紹介していきます。

保育士の転職面接は人柄が最も重要

保育士の転職は、経験も求められますがやはり重要なのは人柄です。

経験については応募書類を通過している段階でクリアしているものと自信を持ち、面接で最大限のアピールをすることに注力しましょう。

明るく笑顔で対応するのは基本ですがとても大切です。

いくら経験豊富な保育士であっても、元気がない、笑顔がないようでは「現場にでて大丈夫かな?」と思われてしまいます。

表情と姿勢、声の大きさには十分気を付けて面接に臨みましょう。

成功経験を整理しておき質問で答えられるように

保育士は免許という最低限の基準はありますが、スキルや能力は人によって大きく違うものです。

売り上げ額や契約件数などのように、具体的な数字でスキルや能力の説明ができるわけではない保育士ですから、経歴についていかに具体性を持たせるかが重要になります。

応募者のスキルや能力を面接官が判断するためには、その人が実際に経験したことが役に立ちます。

これまでの経験の中で、子供や保護者の要望にどんな風に応えていったのか、どんな工夫やアイデアによって子供が楽しく遊べるようになったのかなど、具体的成功経験を面接内で伝えられるようにしておきましょう。

面接官としても、応募者の保育士像がイメージできて採用に結びつきやすくなります。

積極的な姿勢が好まれる

面接では、積極的な姿勢で臨むようにしたいところです。

保育士の仕事は職員同士でイベントの企画を行ったり、子供たちの適性に合わせて臨機応変に遊び方を変えていく必要もあります。

常にアイデアを練ったり、積極的に提案していく姿勢が求められるのです。

子供たちの多様性を受け入れる懐の広さとともに、自ら発信していける能動的な仕事ができる人が面接官の印象に残ります。

聞かれた質問に対して当たり障りのないことしか言えない、面接の質問タイムで何も聞いてこないなどの消極的な姿勢はNGです。

面接対策としてよく聞かれる質問を把握しておくことは大切ですが、自分の言葉でオリジナル性のある答え方をできるようにしておきましょう。

また、面接の最後にある質問タイムは自分をアピールする絶好の機会です。

聞きたいことを整理しておき、積極的に質問するようにしましょう。

聞く力がない人は保育士としての適性がないと思われる

保育の現場では、子供同士が喧嘩をしたり、具合が悪い、友達が嫌なことをしてきたなど、何か辛いことがある場合もあります。

子供たちは自分の言葉で上手に話をすることができませんが、保育士側はフラットな視点で子供たちの話をしっかりと聞き出し、対策を講じる必要があります。

まだ言葉がほとんど話せない子供のクラスの場合は、保護者の話をしっかりと聞き、適切な対応を常に考える必要もあるのです。

保育士の勝手な判断や決めつけで子供たちの気持ちを推し量ることはできません。

子供たちと楽しく遊ぶことができるようなコミュニケーション能力ももちろん必要ですが、大切なのは相手が子供でも大人でも、人の話を聞く力があることです。

ここは面接でも十分に見られているポイントになりますので意識して臨みたいところです。

面接官の質問に対して、何が言いたいのか分からないような長々と一方的な回答をする、少し前に説明されたことを質問してしまうなど、聞く力がないと判断されることは避けましょう。

退職理由は慎重に伝えるべき

転職組が必ずと言っていいほど聞かれる退職理由は面接での重要ポイントになります。

どの職種にも言えることですが、退職理由として前の園での不満は言うべきではありません。

給与や待遇に不満があって辞めたとしても、ご存じの通り保育士の待遇はどこに行っても恵まれていないという現状があります。

企業としては「給与や待遇に不満を感じてここも辞めてしまうのでは?」と感じてしまうことでしょう。

なぜ辞めたのかは、応募先の保育園が前の園とどのように違うのかをしっかりと掘り下げて、応募先の魅力や強みを挙げるようにすると良いでしょう。

あくまでも退職は今の園に出会うために必要だったという視点で、前向きな退職理由を述べるようにしましょう。

職場見学はぜひしておきたい

面接の後か事前に可能かは相手次第ですが、職場見学はぜひしておきたいところです。

実際に働く現場を見ることで入社後の働く自分が具体的にイメージしやすいですし、やる気があって転職活動に熱心であることのアピールにもなります。

各クラスの人数や施設環境などを事前に確認しておけるところもポイントです。

ただし、見学中の態度もしっかり見られていますから、面接の延長だと思って笑顔で礼儀正しく臨むようにしましょう。

また、面接後に急に見学を申し出るのではなく、事前に可能かどうか確認しておくなど、相手側への配慮を見せる姿勢も大切です。

面接対策は転職エージェントを利用すべき

保育士の面接を成功させて内定を勝ち取るには面接対策が必須ですが、今回ご紹介したポイント以外にも面接では気を付けたいところがあります。

様々な転職ノウハウを持っている転職エージェントであれば、面接時の対応について良いアドバイスをもらうことができます。

条件のいい求人探しから応募書類、面接までと、転職全体を通じて全面的にバックアップしてくれ、すべてのサービスが無料で利用できるのも魅力です。

最後に

いかがでしたか?今回は、保育士の転職面接で意識したいポイントをご紹介しました。

人手不足の保育士だからこそ、面接対策をしっかりと行うことで内定を確実に勝ち取ることが可能になります。

保育士として生き生きと働くためにも、ぜひ希望の職場に転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。