女性の社会進出が進み保育士のニーズが益々高まっています。

ただ、相対的に見ると保育士の給与や待遇は恵まれていないため、給与や待遇の良い保育園への転職は人気が集中して倍率も高くなりがちです。

ライバルたちに差をつけて、少しでも条件の良い場所に転職するためにも、まずは応募書類を完璧に作成し、面接の場につなげる必要があります。

そこで今回は、保育士転職のための受かる応募書類の書き方、注意点についてご紹介していきます。

パソコン作成が多くなっても保育士は手書き&字を美しく

最近はWeb上での応募を採用する企業も増え、一般企業に転職するときの応募書類はパソコン作成をする人も多くなっています。

しかし、保育士の場合は職種柄、手書きの文字を使うことが多いですから、手書きの応募書類が好ましいです。

字が汚く雑であるのもマイナス要素になりますから、丁寧に見やすい字を心がけて書くようにしましょう。

字の上手い下手というよりも、相手が見やすい字を意識することが大切です。

応募書類としては履歴書と職務経歴書を送るのが一般的ですが、職務経歴書は特にボリュームが多く大変だという場合もあります。

その場合は、履歴書は手書き、職務経歴書はパソコン作成と使い分けると良いでしょう。

保育の現場でも、パソコンを使ってチラシを作成する機会などもありますから、最低限のパソコンスキルがあることの証明にもなります。

写真の印象は大切。表情が硬くならないように気を付けて

保育士は見た目の印象がとても大切ですから、応募書類の写真は注意が必要なポイントです。

笑顔を忘れず、表情や姿勢には気を付けて撮影するようにしましょう。

できれば写真館などで撮影した方が、多少割高でもプロのアドバイスを受けられますし、応募先が増えてきた場合など、必要に応じて焼き増しができて便利です。

服装ですが、保育士は普段は動きやすい服装での仕事になりますが、応募段階ではスーツなどフォーマルな服装が基本です。

スーツでないにしても、シャツとジャケットなどきちんとした服装で写真撮影を行うようにしましょう。

保育士の仕事は子供だけを相手にする仕事ではありません。

大人である保護者たちを相手にするわけですから、ときと場合を使い分けて、常識的な行動ができる保育士であることは最低条件です。

趣味や得意なこともしっかりとアピール

趣味や得意なことなどプライベートでの人物像は、一般企業であれば重要視されないことも多くあります。

しかし、保育士は別です。

手作りが得意とか、運動を何かやっているとか、子供たちを喜ばせて楽しく園での時間を過ごしてもらうために趣味や特技は重要な要素にもなるのです。

応募書類に記載する際は、単に「趣味は〇〇です。」で終わらないように、「〇〇が得意なので子供たちにも喜んでもらうために取り入れたいです。」などのように、保育士として役立てたいという気持ちを一言付け加えると良いでしょう。

保育に役立てるような趣味や特技がないという方でも、子供は色々なことに興味を持ってくれます。

何が興味の引き金になるのかはわからないのですから、プライベートでも楽しんで自分の好きなことをやっておいて損はありません。

園の形態や業務内容は詳細まで記載すること

応募書類を書くときの注意として、これまで働いてきた園の形態や業務内容までしっかりと記載するようにしましょう。

履歴書の経歴は正式名称を用いること、職務経歴書は業務内容まで詳細に記載すべきです。

保育園と一口に言っても、認可に認可外、公立に私立、託児所、病児保育も扱っているなど、それぞれ形態や業務内容に違いがあります。

昨今は待機児童が社会問題化されていますから、各自治体で独自の基準を設けて保育園を増やす試みが行われていることもあります。

業務内容も幅広くなっていますから、詳細を記載することで、応募先で具体的に使えるスキルは何なのかを明確にすることができます。

転職組はやはり即戦力が基本なので、「何ができる保育士なのか。」は書類審査突破のために重要になります。

転職回数が多い人は多様な経験と長く続けたいというやる気を伝える

転職回数が多く、様々な園を渡り歩いてきたという人は、応募側から見ると大きな不安材料になります。

基本的には4月入園の園児が最も多いため、年度が替わるまで同じ保育士さんに見てもらうのが、子供たちも戸惑わず、保護者にとっても好ましいと言えます。

そのため、保育士が年度の途中で辞めてしまったり、すぐに転職されるようでは園の評判にもかかわることです。

とは言え転職回数が多いという事実は消せるものではありません。

転職回数が多いことへの不安を解消してもらうために、転職回数が多くなったことについて前向きな理由を書くようにしましょう。

「色々な形態の園を経験することで将来に役立てたかった。」「転職回数が多いことで経験値が増え、応募先の企業に辿りつくことができた。」などの視点が必要です。

そして、大切なのは、これまでの経験を活かして応募先では長く働くということです。

応募先の魅力や志望動機をしっかり書き、長く働く気持ちをアピールしましょう。

応募書類通過率は100%を目指そう

保育士は人柄やコミュニケーション能力が大切ですから、やはり大切なのは面接になります。

経験が少なくとも面接で人柄が評価されて合格することもあるのです。

ただし、それには応募書類を突破する必要があります。

せっかく人柄がよく保育士としての適性がある場合でも、応募書類の書き方一つで不採用になってしまうのは勿体ないことです。

面接で自分の魅力をアピールするためにも、応募書類の通過率は100%を目指して適切な応募書類を完成させましょう。

そのために必要なのは、応募書類を客観視することです。

独りよがりの応募書類になっていないか、経歴が見やすく相手にとって見やすい書類になっているか、第三者の目を通すのが大切です。

第三者としては転職支援のプロである転職エージェントがおすすめです。

受かる応募書類、落ちる応募書類をよくわかっていますから、添削サービスを利用して受かる応募書類の作成をサポートしてもらいましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、保育士の転職希望者が知っておきたい受かる応募書類の書き方、注意点をご紹介しました。

応募書類をしっかり書けるようになることで、面接での質問にも対応できることが多くなります。

ぜひ考えを掘り下げて、面接につながる応募書類を完成させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。