安定的な職業の筆頭として挙げられることが多い銀行員ですが、安定がゆえに社内の風土が保守的で、堅苦しいと感じる銀行員も少なくありません。

自由がない環境に息苦しさを感じて、転職を考える人もいます。

転職理由が「自由を求めて」という場合、転職先に候補として挙がるのが、自由な社風が多いベンチャー企業やIT関連などの将来性が高いと言われる企業です。

銀行からこれらの企業へ転職して成功した例は多くありますが、失敗に終わるケースもありますから注意が必要です。

今回は、金融からベンチャー・IT関連に転職する際に、気を付けたいことを紹介していきます。

金融系は自由がない世界

銀行や信用金庫などの金融系の業界は、業界全体としての安定性が高い、高収入として人気があります。

その反面、規制やルールも多く、保守的・官僚的で自由な風土ではない機関が多いです。

柔軟な発想で新しい企画を提案したり、自分の意見が取りいれられることも少ないため、仕事に慣れた頃には面白味を感じないという人もでてきます。

また、各金融機関の風土は支店長などの性格がダイレクトに反映されるため、支店長が口うるさいタイプの人だと、さらに仕事がつまらなく感じてしまうことも多いです。

[ 関連記事 ]

ベンチャーやIT業界への転職を考える人も多い

金融系の自由度の低さに息苦しさを感じると、自由度の高いと言われるベンチャー企業やIT関連へ思い切って転職をしようと考える人がいます。

これらの業界と金融系は真逆の位置にあるとも言える存在です。

そのため、金融系の保守的な体質に不満が大きいほど、チャレンジしたいという想いが強くなっていきます。

金融系からベンチャー・IT関連へ転職するときに気を付けたいこと

ただ、これらの業界に転職するのはやはり慎重になるべきです。

自分の本質を見極めた上で、新しい業界の特性に合うのかどうかをじっくりと考えた上で、転職をする必要があります。

主にどんなことに着目すれば良いのでしょうか?

自分の本質を見つめてから転職すべき

元々銀行などの金融業界に新卒で就職を決めた人は、安定志向型が多いです。

しかし、銀行に入行すると、「思った以上」の規制があったり自由度がない風土に驚くことになります。

安定志向の人であっても、多少の息苦しさは感じるのが普通なのです。

それを「多少の息苦しさ」と捉えるか「自分と本質と根本的に違う」と捉えるのかは大きな違いがあります。

銀行からベンチャーやIT業界に転職すると、最初は自由な風土が最初は心地よいと感じますが、次第にそれが重荷になってきます。

自由ということは自分の意志をしっかり持ち、常に考えて提案していくことが必要になります。

銀行で決められた仕事をしてきたことに慣れている人にとっては「あれ?もしかして決まり切ったことをしていた方が楽かも。」ということになってしまいます。

その人の本質は、自由が好きで能動的に仕事をするのが得意なのではなく、どちらかというと受動的な仕事をすることに安心感を覚えるタイプだったというわけです。

「自由がなくて息苦しいから転職したい」は、本当に自分の本質と合っているのかはしっかりと見つめてみることが大切です。

残業が多くなる覚悟は必要

ベンチャー企業やIT関連は、将来的な伸びしろに期待ができる一方で、企業が成熟していないケースが多いです。

コンプライアンスの意識が低い、制度充実がなく働きやすい環境が整っていないということは考えられます。

特に残業に関しては多くなる覚悟は必要で、急成長を遂げるために残業は当たり前いう企業もあります。

また、資金力が少なく残業代を出せないため、サービス残業が当たり前というケースも多いです。

それでも仕事にやりがいがあって、努力次第で成長できれば耐えることができるのか考えておくべきです。

個性的なタイプの同僚がいることを受け入れられるか

人の性格やタイプは様々とは言え、金融系に集まる人とベンチャー・IT関連に集まる人のタイプは全く違います。

金融系は元々安定志向で保守的、世間体を気にするタイプが多いと言えます。

一方ベンチャー・IT関連は若い人も多く、考え方も柔軟で個性的なタイプの人も大勢います。

このような人たちが同僚になるわけですが、この多様性を受け入れられるかどうかも、転職後に続けていくことができるのかに影響を与えます。

「いろいろな人がいて面白いな」と思えるのかと「常識のない人が多くてイライラする」と思ってしまうのかでは全然違います。

後者の場合は、人間関係にストレスを感じて辞めてしまう確率が高いと思っておきましょう。

安定しないという不安と共存できるか

ベンチャー・IT関連は伸びしろは期待できますが、不確実な部分が大きいため安定はしません。

いつ会社が倒産するかもわかりませんし、進歩が目覚ましいIT分野では業界内の競争も激しいです。

その不安を、やりがいや面白味に変えることができる人であれば良いのですが、将来の不安につながりやすい人であれば、精神的に負担が大きくなってしまいます。

特に金融系にいて元々安定志向が強い人は、安定しないという不安はかなりのストレスになりやすいものです。

不安を持ちながらもそれを楽しむぐらいの覚悟はあるのか、今一度自分自身に問いかけてみましょう。

覚悟を決めたら転職エージェントを利用して転職活動を

ここまで金融系からベンチャー・IT関連に転職するときの注意点をお伝えしましたが、実際にこのパターンの転職を成功させた人も多くいます。

今は超有名企業に成長した会社の取締役などでも、金融系出身という人は多いです。

いずれはそうなれるように突っ走りたいのか、それとも自由な風土で自分らしく仕事をしたいのか、どちらにしても金融系からこれらの業界へ転職するのはアリです。

今回ご紹介した注意点もしっかり確認し、覚悟を決めたら転職に向けて動きだすようにしましょう。

失敗しないためにも転職活動は、転職エージェントを利用して確実に行うのがおすすめです。

非公開求人を含む優良求人が集まっている転職エージェントであれば、将来的に成長できるベンチャー・IT企業に出会えることでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。