今までは銀行員に就職することは、公務員になるのと同じぐらい安定していて、給料が高い仕事と言われていました。

しかし、現在はその様相は変わってきています。

実はデメリットも多く大変な仕事なので、辛いと感じている方も多いのが実情です。

そこで今回は、銀行員の仕事のデメリットについて紹介していきます。

銀行員の仕事の大変さとは

銀行員は周囲からはうらやましがられ、家族からは誇らしく思ってもらえるというイメージがあります。

しかし、銀行員の仕事は想像以上に大変な仕事で、辞めたいと感じている人は非常に多いです。

ここでは、銀行員の仕事の大変さをご紹介していきます。

安定ではなく走り続ける仕事

銀行員の仕事は安定していて、就職さえしてしまえば安泰と思う人がいまだに多いです。

しかし、ご存知のとおり銀行も潰れる時代です。100%の安定はあり得ません。それに、銀行員は入社してから覚えることが山のようにあります。

特に近年は、生命保険や金融商品なども幅広く扱っているため、知識を入れても入れてもまだ新しいことを覚える必要があります。

つまり、安定というよりは、努力して走り続けることが必要な仕事なのです。

もちろん、これはどんな仕事においても必要なことですが、特に銀行員は継続学習が必要な仕事でもあります。

営業職でなくても厳しいノルマがあることも

銀行で手続きを待っているときに、運用商品や保険などの勧誘を受けたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

銀行の方針にもよりますが、銀行では様々な商品も扱っているため、営業職のようにノルマが設けられていることがあります。

中にはかなり厳しいノルマがあったり、達成できないと皆の前で上司にきつく言われるなどのブラックな銀行もあります。

平日に銀行に来た人たちの対応をのんびりして、残業もそれほどせず良い給料がもらえる、そんな昔のイメージとは銀行は大きく変わっています。

残業が多い

夕方には銀行が閉まってしまいますから、利用者としては銀行員は定時で帰れる仕事だと思う人もいるでしょう。

しかし、営業が終わってからの仕事は想像以上に多く、1円単位でお金が合わないと永遠と帰れないなんて話もよく聞きます。

また、近年はネット銀行などの台頭により従来の銀行も危機感を抱いており、金融商品などのノルマを行員に課したり、プレッシャーをかけることも多いです。

そのため日中は営業に追われ、自分の事務作業は後回しになってしまうケースがほとんどです。

それが長時間に渡るサービス残業につながることもあり、実は残業が多くて体はボロボロという銀行員もたくさんいるのです。

体質が古く派閥があることも多い

銀行はその体質の古さも有名です。働く人たちにとっては体質が古く、働きにくいと感じることも多いです。

特に古い人たちの派閥があることが多く、その派閥争いに巻き込まれたり、派閥に所属しないことで煙たがられるということもあります。

人間関係がドロドロしていることで精神的にストレスを抱えることもあります。

融資担当は自責の念に駆られることもある

ベテランなどになってきて融資を担当することになると、精神的なストレスがさらに増えることになります。

企業や個人に対してお金を貸す銀行の融資の決定によっては、会社が倒産したり、最悪の場合には経営者の家族が崩壊してしまうケースもあります。

もちろん、お金を返せないと判断された人に融資をすることは、銀行としても損失になるため、冷静な判断のもと融資を却下したのは仕方のないことです。

しかし、自分が下した決定が誰かの人生を左右するということは、冷静に考えると非常に恐ろしく、精神的に負担がかかることでもあります。

不景気になればなるほど、銀行の融資担当は自責の念に駆られることも増え、精神的なストレスが相当なものになっていきます。

銀行員の仕事が辛いなら転職を考えよう

銀行員は就職するときの倍率も高く大変だったという理由で、どんなに辛い状況でも我慢してしまう人がいます。

また、世間体を気にする親から転職を止められたり、他の人からうらやましがられるという立場を、捨てきれないという人もいるでしょう。

しかし、銀行員の仕事が辛くて辞めたいと感じるのであれば、早いうちに転職をするのが吉です。

元銀行員はやっぱり有利。信用度が高いから採用につながりやすい

転職の中途採用では、やはり前職の仕事が着目されます。銀行で働いていたという前歴は、転職に有利に働くことが多いです。

銀行に入るための就職の競争を勝ち抜いてきた人材であれば、一般常識や地頭の良さなどが一定レベルを超えていると判断されやすいです。

どこの誰だか分からない人を雇うことは、企業側にとってリスクが高いことですが、元銀行員ということで安心感を与えることができ、採用に有利に働くことが多いです。

立場を捨てきれないことが引き起こす地獄

銀行員ということで、親や親戚から褒められたり世間的な立場の良さを実感しているという場合には、その立場を捨てきれないという人がいます。

もちろん、銀行員としての仕事にやりがいを感じており、立場はプラスアルファ程度の位置づけであれば良いのですが、仕事を続ける目的がもはや立場だけになってしまっているようでは危険です。

なぜなら、仕事にやりがいを見出すこともできず、楽しいと思うこともないため、どんどん精神的に追い込まれてしまうからです。

我慢が募り精神的なストレスがマックスになると、急に泣いたり怒ったり精神の安定が図れなくなり、最終的にはうつ病などの精神疾患を発症してしまう可能性もあります。

そうなってしまうと立場どころの話ではなく、働くこと自体ができなくなってしまいます。

もはや立場にしかメリットを感じられないといういう場合には、早急に転職を考えるべきです。

将来的な希望を持ちながら自由に仕事をすることの喜びを

安定性が高いとして人気の仕事ですが、実際には堅苦しい雰囲気の中で、ノルマに追われることもある大変な仕事です。

銀行員の仕事が辛いと感じているのであれば、その立場に固執せずに、自分自身の人生のためにも転職を考えてみてはいかがでしょうか?

民間企業では、銀行のような安定性は見込めないかもしれませんが、業界によっては将来的に飛躍する可能性を大いに秘めています。

そんな環境に転職をして、派閥や古い体制にとらわれず、自由に仕事をすることの喜びを感じてみるのも良いことです。

自分が持っている能力を十分に発揮でき、仕事そのものにやりがいを感じることができるかもしれません。

転職エージェントを利用するのがおすすめです

どんな業界が将来性が高いのか、どんな仕事があるのか情報収集をする場合は、転職エージェントを利用すると良いです。

転職支援のプロが自分に合った最適な職種を探してくれます。相談するだけでも十分な情報を得ることができるでしょう。

登録は無料なので、ぜひ活用してみてください。