転職活動の成果が出て内定をもらえてほっとしたのもつかの間、まさかの内定取り消しなど思いもよらない事態が起きてしまうことがあります。

そうなったときには運がなかったと諦めるのか、納得できるまで企業側に訴えるのか、応募者としてはどうするべきなのでしょうか?

転職活動をしていくうちにふとよぎる不安を解消するためにも、いざというときのトラブル対策として最低限のことは知っておくようにしたいものです。

そこで今回は、内定取り消しを受けた場合についてお話していきます。

内定取り消しと法律との関係とは?

内定取り消しは頻繁にあることではありませんが、転職活動中のトラブルとして起きる可能性があることです。

そうなってしまったときに慌てることのないように、まずは内定取り消しと法律の関係について知っておきましょう。

よほどの事情がない限り内定取り消しは違法

採用内定については明確な法律の規定はありませんが、判例等から、採用内定の段階は一般的には労働契約を締結した状態を言うものと考えられています。

そのため、客観的に合理的と認められ社会通念上相当として是認できる事由がない限りは、内定取り消しは違法であると判断されると考えられます。

急な事業方針の転換があった、退職予定の人が辞めなくなったからなど、一方的な企業側の事情では内定取り消し事由としては認められないでしょう。

まずは内定取り消しについて、簡単に泣き寝入りする必要はないと覚えておきましょう。

応募者側に問題があれば内定取り消しが認められる

理由のない内定取り消しは違法と認められることがありますが、内定取り消しが適法と判断されるケースもあります。

例えば応募書類の学歴欄に嘘が書かれていた、資格必須の仕事で有資格者だと言っていたのに実際には合格していなかったなど、応募段階では分からなかった経歴の詐称があるケースです。

この場合は応募者側に重大な責任があると考えられますから、内定取り消しが認められる可能性が高いです。

他には、怪我や病気などで正常な勤務ができなくなった場合なども認められることがあります。

もちろん事例ごとに判断が必要なことになりますので、内定取り消しが発生した場合には専門家に相談するなどの対処が必要です。

急激な業績悪化等やむを得ない理由による内定取り消しは?

では、企業側がやむを得ない理由で内定取り消しに至ったケースはどうでしょうか?

例えば、募集段階では人員を増やす予定でいたのに、取引先の倒産などで急激な業績悪化が起こり、人員整理を余儀なくされたケースなどがあります。

この場合は基本的にすでに雇用している従業員を解雇するときに準じた判断基準で、内定取り消しの妥当性を確認していくことになります。

妥当性が認められてしまった場合は不運なことではありますが、業績が著しく悪化した企業に転職するのは応募者にとっても好ましくないことです。

実際に転職する前で良かった、不幸中の幸いであったのだと、前向きに捉えることも必要です。

ここで転職活動への気持ちを切らしてしまっては勿体ないです。

切り替えて別の企業に応募をしていくようにしたいところです。

内定取り消しによって損害を被った場合

内定取り消しを受けても、今の会社に退職の意志を伝えていなければ転職活動を引き続き行うことができます。

では、内定取り消しを受けた時点ですでに今の会社の退職手続きが完了しており、転職活動の継続を余儀なくされてしまう、経済的に大きな損害を受けた場合などはどうでしょうか?

この場合も損害の大きさや状況等によって一概には言えませんが、判例では企業側に慰謝料の支払を命じた例もあります。

途方に暮れることがあっても、何等かの対策が可能であるということは覚えておきましょう。

違法な内定取り消しを訴えるべきか?

特別な事情もなく一方的に内定を取り消しされてしまった場合、怒りや悔しさがこみ上げることでしょう。

明らかに違法であると認められる場合は、取り消し無効などの訴訟を起こして裁判で認められる可能性はあります。

それには、内定取り消しの理由を企業側にしっかりと確認しておき、内定通知書などの資料も揃えておくなどは必要になります。

ただし、裁判には時間も労力もお金もかかりますし、そもそも違法な内定取り消しをするような企業で働きたいかという問題もあります。

仮に内定取り消しがなく転職していたとしても、法律に無頓着でブラック要素が満載の企業で大変な思いをしていた可能性もあります。

そのような企業を相手にすることなく済んで良かったのだと思うことも必要かもしれません。

転職活動中に困ることがあれば転職エージェントに相談しよう

内定取り消しなど困った事態に直面した場合、一人で悩みを抱えるのではなく、労働局や労働基準監督署に相談してみましょう。

今後の動きとしてどんな方法があるのか、具体的に誰に相談すべきなのかを教えてくれます。

内定取り消しを求める場合、最終的には訴訟などで弁護士の力を借りることにはなりますが、いきなり弁護士では費用もかかります。

まずは無料相談を利用するなどして、できるだけ自分自身に負担がない方法を選ぶことも大切です。

また、転職活動の今後については転職エージェントに相談するなどしてみると良いでしょう。

今後の方向性や気持ちの切り替え方などについてアドバイスをくれます。

内定取り消しは滅多にないから転職活動に集中して

ここまで内定取り消しについて法律との関係や対策についてお話してきました。

転職活動中に不安に感じてしまうことはあるかもしれませんが、内定取り消しは滅多にあることではありませんから、不安に感じ過ぎてしまうのは避けたいところです。

先ほどご紹介したように、応募者側が経歴詐称を行うなど不誠実な対応をしない限りは普通では考えにくいことです。

転職活動はただでさえ不安が大きいものですから、先のことを考えすぎてしまって転職活動がスムーズにいかなくなることのないようにしましょう。

最低限知っておきたいことだけ覚えておいて、あとは転職活動そのものに注力するという意識が大切です。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職活動中に内定取り消しを受けた場合にどうすべきかについてご紹介しました。

あってはならない内定取り消しですが、必要以上に不安にならないことと、いざというときのために最低限のことを知っておき冷静に対処するという心構えが必要になります。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。