自営業から会社で雇われる正社員へ転職するという人の場合、企業側が抱えやすい不安要素を払拭していく必要があります。

応募書類や面接を通して企業の不安をフォローしていかなければ、内定につなげることはできません。

では、企業側は自営業出身者に対してどのような不安を抱えがちなのでしょうか?

今回は、自営業から正社員への転職希望者について、企業が気になるポイントとフォローの仕方をご紹介していきます。

なぜ自営業から会社員を目指すのか


元自営業だからと言って正社員として採用できないということでは決してありませんが、企業側が知りたいのはなぜ自営業から会社員を目指すのかということです。

これは、会社員から会社員の転職における退職理由を知りたいということと同じです。

そこで納得できる理由を伝えられなくては、次につながる志望動機も、とってつけたような印象を与えかねないでしょう。

前職を辞めた理由として前向きな理由を述べることは、会社員からの転職と同様に必要なことです。

ただし、「ステップアップのため」というような、会社員転職で考えられる理由だけではあまり効果がありません。

それでは自営業を辞めた理由として説得力がなく、「仕事がうまくいっているのであれば自営業の方が自由に稼ぐことができるのでは?」と思われてしまうからです。

この場合は、経営が下火になり早めに見切りをつけた、個人経営でやれる範囲に限界を感じたなど、ある程度のマイナス要因も付け加える必要があります。

その上で経営者として行った判断が会社を畳むということであれば、自営業を辞めた理由として説得力があります。

ただし、取引先とトラブルを起こした、ずさんな資金管理が原因だったなど、そもそも働き手としての資質が疑われるようなことは述べるべきではありません。

あくまでも「やむを得ず」辞めたという理由にとどめておく工夫も大切です。

自営業に戻ってしまうこと

自営業を辞めた理由に納得ができたとしても、企業側には「いつかまた自営業に戻ってしまうのではないか?」という不安があります。

企業としては採用する以上長く働いてもらいたいと思うわけですから、基本的には自営業に戻るために退職されるのを避けたいと考えます。

この企業側の不安を解消するため、自営業を辞めた理由に付け加えたいのは前向きな要素です。

企業に所属することで成し遂げることができること、個人経営にはなくて企業経営にあるメリットは何があるでしょうか?

例えば企業規模の大きさや関われる業務内容について、「個人経営で培ったノウハウを企業規模で活かしたいと感じた」「下請けで一部の工程にのみ携わるよりも、企業に所属して幅広い業務に関わりたいと感じた」など。

企業で働くことに魅力を感じた点を退職理由として付け加えることで、単に仕方なく会社員を選び、状況が許せばまた自営業に戻る選択をしないとアピールすることができます。

単に安定を目指して自営業を手放したのではないか?


また、退職理由として言ってはいけないこともあります。

それは収入のために自営業を辞めたということです。

実際にはその理由が大きかったとしても、前職を辞めた理由としてはやはり敬遠されます。

会社員からの転職でも「給与が低かったから」という理由が嫌がられるのと同じことです。

「お金のためだけに仕事をする人」「給与や待遇に不満があればまた辞めてしまうのではないか?」と思われてしまうことでしょう。

また、安定を求めて会社員勤めを選んだという理由もNGです。

確かに会社員は一度雇われれば、よほどのことがなければ労働基準法で守られており、解雇されることもありません。

毎月同じ給料がもらえて社会保険料の負担や交通費も支給されるなど、メリットは大きくあります。

しかしその安定が目的であれば「会社に依存したい」「単に楽をしたいだけ」という印象を与えてしまい、肝心の「企業にどんな貢献ができるのか?」という点が見えてこなくなります。

自営業経験の長い人が周囲と協力してやっていけるのか?

自営業経験は、スタッフ管理や商品発注、営業など、会社員として働くにあたっても活かせるスキルをたくさん身につけています。

個人としての能力がありますが、気になるのは「チームの一員としてやっていけるのか?」という点です。

雇われである以上、上司や先輩から指示を受けることは当然ありますし、他の職員と協力して仕事を進めていく必要があります。

自営業の場合は仕事の方法やペースなど、すべてを自分の考えてやっていけましたが、雇われの場合はそれが叶わないということも多くあります。

それに対して物足りなさを感じる、あるいは周囲との人間関係がうまくいきにくい、など協調性については面接官としても気になる点です。

これを払拭するには、まず今後は会社員として長く働き続けていきたいという意志を示すということです。

自営業として個人でやっていくよりもチームでやっていくことのメリットを感じた、自分に適性があると判断した理由などを述べた上で、だから会社員勤めを選んだと伝えましょう。

また、自営業としての経歴の中から、協調性があることをイメージできるエピソードがあれば加えていくのも有効です。

自営であっても業界の団体に所属していて他の経営者と協力して何かをすることがあったとか、地域の組合に参加して活性化を目指す活動を行ってきたとか、他者との調整が必要とされた経験をアピールしていきましょう。

自営業から会社員に転職したいなら転職エージェントの利用がおすすめ

自営業と会社員では環境や周囲の職員との関係性など、異なる点が多くあります。

特に自営業時代が長い人であれば、いわば「会社員事情をよくわからないままの転職活動」になりますから、一人でやみくもに転職活動を行っていくことはおすすめできません。

転職支援のプロである転職エージェントを利用して転職活動を行っていきましょう。

企業が求めている人材について熟知していますから、サポートを受けながら転職活動を行うことで、企業が感じやすい不安を上手に解消することができます。

求人探しだけでなく、応募書類の添削や面接時のアドバイスなど幅広いサービスを無料で受けることができますから、ぜひ利用してみてください。

自営業独特の不安さえ解消してしまえば、一人でやってきた行動力や仕事のノウハウは高く評価されるはずです。

ぜひその魅力が伝わるように応募書類や面接を工夫していきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。