転勤の可能性があることは入社時に分かっていたとは言え、ある日突然下される転勤辞令には妻としては少なからず動揺することでしょう。

専業主婦であれば問題ありませんが、今は夫婦共働きが当たり前の時代、妻の転職活動をどうするのかという問題に直面する夫婦は多くいます。

これは、夫婦そろって考えていきたい問題です。

転勤先での転職活動の方法や求人探しのコツ、面接での対応などをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

妻が今の仕事を手放さない方法も一度検討してみる

「夫の転勤=妻がついていく」という方式は誰にでも当てはまるというものではなく、夫婦の考え方や現在の仕事の状況によっても異なります。

例えば交通の便などを考えて行き来しやすい場所への転勤であれば、単身赴任で週末に会いにいくという選択肢もあります。

早急に妻が今の仕事を手放すのではなく、一旦単身赴任を始めてみてから慎重に考えてみても良いでしょう。

また、妻の勤務先にいくつも支社があり、異動が可能というケースもあります。

それであれば、異動が認められるまでしばらくは別居するというのであっても頑張れるかもしれません。

さらに言うと、妻の方が収入面、仕事の責任ともに高い、夫が元々今の会社に不満があったという場合などは、妻は辞めずに夫が転職活動をするという方法もあります。

特に女性は出産や育児による職場離脱を懸念される、事務職などの職種に人気が集中しやすいなど、転職活動のハードルは高めです。

場合によっては男性の方が転職がしやすいという一面もあるということです。

必ずしも妻が仕事を辞めるという選択肢しかないというわけではありませんので、一度夫婦でよく話し合ってみましょう。

地域の特性を知りキャリアに一貫性を持たせること

夫の転勤が決まってついていくという意志が固いという場合は、転勤先の地域の転職市場について調べておく必要があります。

実際の転職活動は引っ越ししてからでないと難しいかもしれませんが、インターネットなどで研究しておくことはできます。

地域によって製造系、医薬系など強い分野というものがあり、その分野の中で自分の経歴・スキルを活かせる仕事を探すというのも転職活動がスムーズにいくための一つの方法です。

業界が変わる可能性はありますが、職種や関わる仕事の領域に共通点が多いようであれば、今後のキャリアを考えても一貫性を保つことができます。

夫の転勤によって転職を余儀なくされるという場合でも、本人のキャリアは一続きと考えておく方が好ましいです。

再度の転勤で地元に戻ってきた場合などに、「雇用形態や業界は変わっても携わってきた仕事に一貫性がある」ということであれば、再び正社員として転職活動を行っていく上でも役に立ちます。

また、都内で総合職として働いていたような方は、同じような形態で働ける求人が地方にはないというケースもあります。

転勤先で求人探しを始めてから「こんなはずではなかった。」「なぜ私がキャリアを捨てなければいけないのか。」と感じてしまう人は少なくありません。

今の会社を辞める前に転勤先の転職市場をリサーチしておくことが大切であると同時に、自分はどんな職業人生を歩んでいきたいのかをじっくり考えておくことが必要です。

夫の転勤で退職した場合は質問の答え方に注意

前職の退職理由として夫の転勤を挙げた場合、企業が気にする可能性があるのは「また夫の転勤で辞めてしまうのではないか?」という点です。

企業側の不安材料を払拭するために、今は転勤の可能性がないということを伝えて安心してもらう必要があります。

とは言えいつ転勤があるのかはわからないというものですし、絶対にないとも言いきれません。

当たり障りのない回答としては「今のところ転勤の予定はございません。」というものです。

あらかじめ何年後に転勤が決まっているというのであれば嘘になってしまいますが、今後のことはわからないという場合はこう答えましょう。

ただし、この後には必ず応募先への熱意を伝えるようにしたいものです。

どんな立場の人でも、様々な理由で辞めてしまうリスクはあるというもので、100%辞める可能性がないという人は存在しません。

人事担当者もある程度そのリスクを許容していますし、熱意が伝わればリスクを承知の上で雇ってくれる企業もあります。

夫婦でしっかり話し合い、再度の転勤の場合は単身赴任も視野に入れているということであれば「夫と話し合ってあって、再度の転勤の際は別居を考えています。」と伝えれば応募先への熱意が伝わります。

確実に数年後の転勤が決まっていてその都度ついていく予定であれば、業務内容に一貫性を持たせた上で、契約社員や派遣などを選択するということも必要になります。

また、本来、配偶者の転勤の有無は応募者本人の能力とは一切関係のないことなので、それを理由に採用を見送るということはしてはいけないことです。

スキルや能力が十分にあれば、夫の転勤予定を深く突っ込んで聞いてくる企業ばかりではありません。

自分の強みを明確にしてアピール方法を工夫する、諦めずに転職活動を続けていくことも必要です。

転職エージェントを利用した転職活動なら転勤先の仕事探しも楽

転職活動には様々な方法がありますが、転勤先での仕事を探すならあらかじめ転職エージェントを頼っておくべきです。

そもそもハローワークを利用するには引越ししてからの活動が前提になってしまいますし、現住所のハローワークで県外求人を探すのは簡単ではありません。

ハローワークは地元企業への還元意識が強いですし、県外求人自体が少ないということもあります。

同じく求人誌も地元に密着していますから、引越し前に求人を探すということは難しいです。

転職エージェントであればインターネットを利用して全国の求人が探せますし、あらかじめエージェントに相談しておくと転勤先の転職市場の状況などを教えてくれます。

引越しした後に転職エージェントに登録し「この地域では希望の条件に合う求人がない」と言われるより、あらかじめ情報を仕入れておいてから対策を立てていく方が良いでしょう。

引越し後にのんびり求人探しをし無職期間が長引くよりも、転職エージェントで求人探しをしておいて、面接のときだけ転勤先に訪れるという方法を取りたいところです。

応募先企業としても「計画性があってリスク管理能力の高い人」と思われます。

最後に

いかがでしたか?今回は、夫の転勤が決まったときに妻が転勤先で転職活動をする方法や求人探しのコツ、面接での対応などについてご紹介しました。

大切なのは行動に移す前に夫婦で話し合うこと、転勤先の状況などを事前に知っておくなど慎重な姿勢で転職活動を行うことです。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。