新卒だけでなく転職組からも人気の高い観光業界の仕事では、やりがいのある仕事をしたい、好きなことを仕事にしたいという人にとってはとても魅力的な仕事に感じることでしょう。

ただこの業界はいわゆるブラック企業も多いと言われていますから、求人を選ぶ際には注意も必要になります。

そこで今回は、観光業界に転職を考えている人向けに、求人広告の見方と気を付けたいポイントをご紹介していきます。

変形労働時間制って?

ホテルや旅館など常にスタッフが駐在している必要がある仕事では、変形労働時間制と呼ばれる勤務制度を導入していることが多くあります。

そもそも労働基準法では1日8時間、1週間に40時間という労働時間の原則が定められています。

しかし業務の性質上この原則がそぐわないため、1日や1週間の労働時間を一定の枠内であれば変形的に労働させることが認められている制度です。

これによって一定期間の週平均労働時間が法定時間内に収まっていれば、8時間を超えた長時間にわたる勤務も可能となるのです。

変形労働時間制は労使協定を結び適切に運用すれば法的な問題はないのですが、実際問題としては勤務時間が不規則になるため、体力面できついという場面が出てきます。

例えば1ヶ月単位の変形労働時間制であれば1日単位での労働時間の制限がないため、1勤務16時間の連続勤務などもできることになります。

その代わり他の日に休めるということですが、実際にこの勤務をやるのはハードで休憩時間が与えらえていても心身ともに休まることがないという意見も多く聞かれます。

求人広告を見ると具体的な勤務時間帯の例が記載されていることがほとんどですが、実際にどんな勤務になっているのか面接等で話をしっかり聞くようにしましょう。

給与は相対的に見て低い傾向に。手取りで生活できるか確認しよう

観光業界はどの職種を見ても給与は低い傾向にあります。

大卒であっても総支給20万円に満たないということもよくあり、手取りでは15万円前後ということも少なくありません。

求人広告に記載されている給与額は基本的に額面なので、税金や社会保険料が引かれる前の金額になります。

額面だけ見ても少ないのに、さらに手元に残るお金は減るということですから、現実的に生活ができるのかは計算してみるようにしましょう。

ホテルや旅館などの接客業であれば寮完備や住宅費支給ということもありますので、そのあたりも含めて総合的に判断するようにしてください。

研修期間中の給与についてもしっかり確認を

観光業界は接客サービスが中心で、未経験者に対しても比較的応募のチャンスが多い業界です。

とは言え業種によってはじっくりと研修を積み、知識やスキルを身につけた上で現場に出るということもあります。

研修期間の長さは企業によって様々ですが、3ヶ月から6ヶ月程度というところが一般的には多く見られます。

注意が必要なのはこの研修期間中の給与についてで、提示された基本給と同じという場合もあれば、研修期間中は金額が下がる、場合によってはアルバイト扱いで最低賃金レベルの時給ということもあります。

その場合は、生活費などがその時給でまかなえるのかという点も考慮しなくてはいけません。

いくら寮完備で住居費が少なく済むとは言っても、生活はかなり厳しくなることが予想されます。

もともと観光業界は給与にさほど恵まれていませんから、そのレベルよりもさらに低くなるということを現実的に考えておくようにしましょう。

残業時間は要確認。サービス残業などの実態も知っておくべき

サービス業は全体として長時間労働やサービス残業などが常態化していると言われていて、観光業界も例外ではありません。

近年は社会問題ともなっていますから改革が進んでいるとは言え、まだまだ現状が改善されていないという企業は多いです。

求人広告を見ると平均残業時間などが目安として書かれていることが多いですが、実態と違うというケースがよくありますので注意が必要です。

事務職などの残業が少ない部署も含めた平均であったり、または実際に残業代が発生している残業の平均であることもあります。

つまりそれ以外のサービス残業については残業時間数としてカウントされていないということです。

これは求人広告だけで判断することができませんから、面接で実際に働く職場の残業状況を聞いてみる、聞きにくいようであれば転職エージェントに聞いてもらうなどして「本当の残業時間」を確かめておくようにしましょう。

長期連休が取れない、有休が使えないという現実を直視して

観光業界は年末年始やゴールデンウィークなどは繁忙期ですから、当然のことながらその期間に休むということは難しくなります。

そしてシフト制を導入している企業が多いため、連休そのものを取るということも簡単ではありません。

これを嫌がる応募者は多いため、求人広告にも「法定休日とあわせて取得すれば連休も可能です。」などと応募者に配慮した文言がよく見られます。

しかし実際にはシフトを組む上司に休みを申請するのはそう簡単ではなく、暗黙のルールで「勤続年数が短い人は希望を申し出ない」という雰囲気がある職場もあります。

また、有給休暇は法的に取得が認められた制度ですが、職場の忙しさを考えると取得が難しいというケースはよくあります。

この業界では基本的には長期連休や有休取得はあってないようなもの、それぐらいの考えを持っておいた方が、下手に期待をして入社後にギャップを感じるということがないのかもしれません。

求人広告の内容で気になる点があったらどうすべき?

今回ご紹介したように観光業界では、変形労働時間制を採用していたり休日の取り方も不規則であったりと、求人広告の内容だけではいまいちよく分からないという点が多くあります。

特に未経験でこの業界に入ることを希望している方は、朝出勤して夕方に帰るという一般的な勤務形態に慣れているためイメージがわきにくいということもあります。

その場合は、直接企業に問い合わせしても良いのですが、求人が掲載されている媒体に聞いてみるのも一つの方法になります。

転職エージェントの利用ならブラック企業回避ができる

求人を掲載している媒体は多数ありますが、企業審査がしっかり行われているという点では転職エージェントの利用がおすすめです。

求人件数も多く観光業界の求人も豊富に取り扱っていますから、希望の条件に合致した求人が見つけやすいということもメリットになります。

最後に

いかがでしたか?今回は、観光業界の求人広告の見方と気を付けたいポイントをご紹介しました。

特殊な勤務形態などで注意が必要な点が多いのが観光業界の求人の特徴になります。

求人広告の内容だけで転職先を判断するのではなく、実態も確認するという作業が大切になります。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。