朝起きたときに「また仕事…もう本当に行きたくない!」と感じた経験がある人は多いでしょう。

そんなときにどうするべきか対処法を知っておくだけでも今後の仕事生活に大きな違いがでてきます。

そこで今回は、本当に会社に行きたくないと感じたときにするべきことと、その感情が大きくなったときにどうすれば良いのかについてお話していきます。

何だか会社に行きたくないな…と思ったら

まずは「会社に行きたくない」の度合いが低めの場合にはどうすれば良いのかをお伝えしていきます。何となく行きたくない…ぐらいのレベルです。

とりあえずいつも通り身支度をする

とにかく体を動かして支度を進めましょう。

体は毎日のルーチンを覚えていますから、行きたくないという感情はとりあえずそのままにして、歯を磨く、服を着るなどいつも通りの動きをしましょう。

そうすることでいつのまにか「行きたくない」という感情を忘れることができます。

とりあえず出社だけしてみると決める

行きたくないと思ったら、まずは「出社だけ」しようと決めましょう。

「1度は出社すれば会社の人たちに寝坊したと思われない…。」ぐらいに思ってとにかく出社することを目標にするのです。

仕事の後の予定や食べたい物、旅行のことなどを考える

仕事を頑張ったとの「ご褒美」を決めておくことも有効です。

仕事後の予定や食べたい物などを決めておくことでその日を何とか乗り切ろうという方法です。

また、1日単位だけでなく週や月単位での楽しみも決めておきましょう。

週末まで出社できたらこれをして遊ぼう、来月まで会社を辞めずに済んだら旅行に行こうなどと少し後のことを決めておくことで日々の憂鬱を乗り切ることができます。

嫌々ながらも出社できたときの気の持ち方

では、何とか出社することができたけれどまだまだ憂鬱…。そんなときに覚えておいてほしい気の持ち方をお話します。

時間単位で目標を達成していく

出社ができたら次は「午前中だけいよう」とし、それも達成できたら「定時まではいよう」という風に短い時間で区切って「とにかくその時間までは会社にいる」という目標を立てるのです。

今日1日、今週1週間のことまで考えると会社に行くのが憂鬱になりますから、できるだけ短いスパンで見ることが大切です。

とにかく口角をあげてみる

気持ちを上げるのに意外と効果的なのは口角を上げるという方法です。

無理やり気持ちを高めようと思うようり、機械的に口角を上げてみることによって自然と気持ちが後から上がってきます。

全然笑えないと思ってもいいのです。とにかく口角を上げてみるのです。

淡々と「こなす」ことを心がける

あれこれ考えずに、とにかく目の前の仕事をこなすことを心がけましょう。

そこには何の気持ちもなくてもいいんです。ただひたすら手を動かす、それだけでいつのまにか仕事モードに気持ちが切り替わることがあります。

適当にやればいいと思ってみる

真面目で責任感のある人ほど、会社に行きたくないと思ったときに危険です。症状が悪化して病気になってしまうこともあるからです。

いつも真面目にやってきたという方は、普段の力の6割程度の力で仕事をすることを心がけましょう。あとの4割は手を抜いてもいいんです。

それぐらいで、周りからは「ちょうどいい」真面目さに見えるものです。手を抜いているようには見えません。

信頼できる人に愚痴を言ってみる

愚痴は絶対に言ってはいけないという人もいますが、信頼できる人に限っては愚痴は言っても良いのです。

心の中に溜めこんでいたものが吐き出されすっきりします。ただし、言う相手は慎重に選びましょう。

誰とも話たくないと思ったら一人でランチを食べてみる

人付き合いに疲れたなと思ったら無理に誰かと一緒にいる必要はありません。社会人ですし、大人なのです。

休憩時間はプライベートな時間なのですから、誰かと一緒にいる必要はありません。気が向いたら人と話をしてみよう、ぐらいで大丈夫なのです。

人付き合いを大切にしなければいけないという思い込みを一度捨ててみましょう。

どうして会社に行きたくないのか、考えて書き出してみる

人間関係が嫌なのか、抱えている仕事のボリュームがあるからなのか、なぜ会社に行きたくないのかを明確にしましょう。

それには紙に書き出してみるということが重要です。書き出すことで客観的に冷静になれます。

根本的な理由がわかれば、それは解決できる問題かもしれません。

例えば人間関係に問題があるのであれば部署異動を打診してみることによって解決するかもしれません。

仕事の責任が重いのであれば上司に相談することによってサポートする人を配置してくれるかもしれませんし、会社そのものに不満があるのであれば転職をするという方法だってあります。

原因がわからないまま会社に行きたくないと思い続けても、その気持ちはずっと続いてしまいます。

その気持ちがずっと続くようなら危険かも。こんな症状はないですか?

何とか1日を乗り切ることができたけれど、まだ気が落ち込んでいるという場合は少し注意が必要です。その落ち込み、うつ病のサインかもしれません。チェックしてみましょう。

  • 寝ても気持ちがすっきりしない
  • 夜なかなか寝付けない
  • 異様に体調が悪いと感じる
  • 会社に行くのが怖いと思う
  • 人前で震える、何もしてないのに涙がでる
  • 最近急にミスが増えた
  • 死んだ方が楽かもと思う

このような症状が現れる、症状が続くという場合は体からの明確なサインです。放っておくとうつ病などのメンタルの病気になってしまいます。体調不良を感じたら、まずは受診をしてみましょう。

その上でウィルスなどの明確な理由が見つからない場合はストレスが考えられます。心療内科やカウンセリングに相談してみましょう。

心療内科やカウンセリングはハードルが高いという方は、信頼できる人に相談してみることが必要です。人に迷惑をかけたくないからと自分一人で抱え込んでしまうと、症状が悪化してなかなか治りにくくなってしまいます。

うつ病だと診断されたら

もしうつ病だと診断されたらするべきことを覚えておきましょう。

とにかく休む

とにかく体も心も休めることが最優先です。自分に一番必要なのは休むことなのだと、体が教えてくれたのだと思いましょう。

ひたすら好きなことだけをやってみる

休んでいる間は仕事のことは一切考えず自分の好きなことをひたすらやりましょう。漫画を読む、音楽を聴く、好きな物を食べる、どんな小さなことでもいいのです。

傷病手当金の請求をする

健康保険の傷病手当金は要件を満たせば1年6ヶ月を限度に受給できます。医師の診断書があれば請求可能ですから生活に不安を感じて別のストレスを抱えないためにも請求しましょう。

お金のことが心配で余計不安になるのなら簡単な作業の副業をやってみる

休職中のお金のことが不安ならアンケートなどの簡単な副業をやってみるのも手です。たった数十円でもお金が入ってくるだけで安心感がでます。

辞めてもいい

傷病手当金は例え退職することになってしまっても一定の条件を満たせば、1年6ヶ月を限度に退職後も引き続き受給できます。本当に辛いのなら辞めてもいいのです。

ありのままの自分を認めてあげよう

会社に行きたくないと思ってもほんの少しの工夫で楽になれることが多いです。症状が悪化する前に対策を立てておくよう心がけましょう。

一番大切なのは、会社に行きたくないと思う自分を責めないことです。誰にでも起こる感情ですし体からのサインかもしれません。

ありのままの自分でいいのですから、自分を責めずに受け止めてあげてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。