少子高齢化社会が進む現在、将来性のある介護職への転職は非常に今注目されています。低賃金で肉体労働のイメージがある介護職ですが、実際はどうなのでしょうか?

そこで今回は、介護職に転職したいと思ったら知っておきたい、介護職で働くということについてお話していきます。

老人介護と障がい者介護がある介護職

一般的な介護職は、大きく老人介護と障がい者介護に分けることができます。それぞれどんな違いがあるのでしょうか。見ていきましょう。

老人介護という仕事の展望

すでに高齢化社会の問題を抱える日本ですが、今後更に進むことが見込まれています。

将来的に老人介護という仕事に就く人は、今以上に社会において重要な役割を果たすと考えられるため、仕事には困らないと言えそうです。

低賃金や人材不足などの大きな問題は抱えていますが、業界全体の展望としては明るいと言えそうです。

どんな仕事があるのでしょうか

老人介護の仕事は主に介護が必要な老人の身の回りの世話や話し相手など日常生活を送るためのお手伝いをする仕事となります。

また、医師や看護師の指示の元、介護対象者の薬や生活習慣などにも気を配ったり、家族への連絡や報告業務などの仕事もあります。

老人介護の仕事のメリットとは

社会貢献ができるやりがいある仕事

将来性がある業界であると同時に、社会貢献性の高い仕事とも言え、介護対象者本人からもその家族からも感謝されるやりがいのある仕事です。

自分の家族のためにも役立てる手に職系の仕事でもある

資格が必要なほどの専門的な知識が必要であったり、経験によって得られるものが大きい介護職の仕事は、その知識や経験を自分の家族などにも役立てることができます。

ノルマや売り上げ的なストレスがない

どの仕事でもそれぞれのストレスはありますが、介護職においては営業でもない限りはノルマや売り上げ、他人との競争という概念は薄いでしょう。競争社会が苦手という人にはメリットになります。

老人介護の仕事のデメリットとは

肉体的にハードで職業病を抱えることもある

一言で身の回りの世話といっても、食事の補助にとどまらず入浴の補助や歩行の手助けなど様々です。
老人と言っても成人のため、かなり肉体的にハードな仕事でもあります。そのため、腰痛などの職業病に悩まされることもあります。

仕事の大変さの割に賃金が安い

介護職の離職率が高い要因としては、仕事のきつさの割に賃金が少ないということが大きいです。社会的にも介護職の低賃金は問題となっています。

健康管理が大変

どんな仕事でも自身の健康管理は必須ですが、特に免疫力の弱い老人を相手にするため、風邪などをうつしてしまうだけで大変なことになりかねません。

また逆に介護対象者からの感染や集団感染にかかるリスクも高いです。そういう意味でも自身の健康管理は重要な仕事の一部とも言えます。

医療系の一定の知識は必要

介護施設には看護師がいることがほとんどですが、基本的には介護担当者にも一定の医療系の知識は必要です。

介護対象者の薬の飲み忘れがないか、食事の際に気を付けることなどを看護師などの指示の元徹底する必要があります。特殊な症状を持つ介護対象者に接することもあり、常に勉強は必要な仕事と言えます。

セクハラに合うこともある

どんな仕事であっても危険性はありますが、身の回りの世話をする仕事のため老人と接触することもあり、中にはセクハラに合う人もいます。

精神的にきついこともある

心を込めてお世話をしてきた老人の、最期の場面に遭遇することもあり精神的なダメージが考えられる仕事です。

障がい者介護の仕事の今後

一説によると、障がいを持った方が生まれる確率は昔も今も変わらないのだそうです。

その意味では今後も引き続き社会において重要な役割を担う仕事と言えます。障がいを持った方本人だけでなくその家族の支えともなれる非常に意義のある仕事です。

障がい者介護の仕事はどんな仕事なのでしょうか

介護対象者は老人だけでなく子供や若者である場合も多いです。身の回りの世話だけでなく何かを教えたり成長を促したりなどの介護対象者の未来へと向きあう側面もあると言えます。

障がい者介護の仕事に就くメリットは

純粋さや能力の高さに学ばされ励まされることもある

障がいを持った方は純粋でひたむきで、自分自身が学ばされるということも多いでしょう。中には小さい子供を担当することもあり癒されることがあるかもしれません。

また、障がいを持つ方はある一定の能力がずば抜けているということが多くあります。

それは記憶力や集中力など様々ですが、その能力の高さや生きる力に驚かされ、普段味わえないような、自分も頑張ろうという強い気持ちになることもあります。

家族の支えにもなれる

障がいを持つ本人だけでなく、その家族の中には事実を受け入れられない、苦労を感じているという方もいます。そんな家族の相談に乗ったりと関わることもあるため、家族にの支えにもなることができます。

障がい者介護の仕事の大変な面とは

精神的な負荷がかかる仕事

生まれながらに障がいを持つ方もそうですが、中には突然障がいを持ったという方もいます。本人の気持ちを目の当たりにして自分自身が辛く感じてしまうという人もいます。

力が強い、目を離せない人もいる

老人を介護する場合もありますが、中には力の強い若者であることもあり、老人介護以上に肉体的にハードな場合もあります。

また、発作が起きることもあったりと目が離せない場合や、特殊な薬などの知識が必要なこともあります。障がいの種類は様々で、ベテランになっても、様々なケースに遭遇することが多いでしょう。

ハードな仕事内容の割に低賃金

老人介護と同じく、低賃金でハードな仕事とのバランスが悪い仕事でもあります。

介護の世界の展望は明るいが転職先にはこだわって

仕事自体は大変ですが、今後に向けて需要は更に高まると言える介護の仕事。

現在も非常に多くの求人があり、将来的にも転職市場は活発になると言えます。介護職の経験を積めばどこにいっても生きていける強い武器を手に入れることになります。

しかし、ハードワークの割に業界全体の賃金が低いため、少しでも好条件の転職先を見極めるのことが必要になってきます。

転職活動をするときはハローワークなどの公的機関だけに頼らず、積極的に好条件の求人を探し出す努力は惜しまず行いましょう。

お勧めは転職エージェントです。非公開求人を多数持っている他、企業の内情などにも詳しいためブラック企業などを見極めるヒントもくれるはずです。

やりがいのある介護の仕事ですから、転職後にその仕事を長く続けるためにも、転職エージェントの力を借りてこだわった転職活動を行ってください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。