仕事中に電話に出る機会は多いと思います。

電話対応のスキルは人によって大きく差がありますし、中には電話応対の仕事内の位置づけが低い場合が多いです。

そのため、あまり気を付けて電話に出なかったり、電話を面倒臭がって積極的に出ないというような人も見受けられます。

ベテランや役職者であれば、基本的に自分宛ての電話以外は出ないこともありますが、一般社員であれば電話に出ることで、仕事の評価も自分の能力も上げることができます。

さらに普段から電話応対に気を付けることで、転職活動時にも役立てることができます。

そこで今回は、転職にも役に立つ職場での電話応対のポイントを解説していきます。

電話を早くでること

電話はできるだけ早く出るようにするのが基本です。

昔はコール数をある程度鳴らしてから取るのがマナーだと言われることもありましたが、実際の現場では電話は早く出る方が顧客からの反応も良く、周囲からの仕事の評価も上がります。

特に新人や社歴が短い場合ほど電話は自分が出るのだという気持ちを持って出ることで、やる気やフットワークの軽さが評価されます。

ワントーン上げた声で話すようにすること

男女問わず電話は相手が見えませんから、ほんの少しの気の緩みが相手に怒っているように思われたり、不快感を与えてしまうことがあります。特に声のトーンには気を配るようにしましょう。

転職活動中には携帯電話の出方にも注意が必要です。面接の日程調整や問い合わせ事項があるときなど、企業の採用担当者から携帯電話に連絡が入ることもあります。

その際うっかりと普段の調子で出てしまうと、「あれ?普段はこんな調子なのかな?」と不信感を抱かせてしまうことにもなります。

家族や友人以外の番号から着信があった場合はいつも以上に気を付けて出るようにしましょう。

早口にならないように気をつける

相手がどんな人がわからない電話は時に緊張することもあります。

人は緊張すると早口になってしまう傾向がありますので、意識してゆっくり丁寧に話すように心がけましょう。

相手によっては早口が聞き取れずイライラしたり、不快に感じてしまうこともあります。

転職活動時の電話も採用がかかっていると思うと緊張して早口になってしまうかもしれません。

しかし、企業の採用担当は連絡事項の伝達や必要な情報を知りたいだけなので、感じよく必要なことをしっかりと伝えることに専念しましょう。

早口によって聞き返されたり、余計な時間を相手に取らせないように配慮が必要です。

必ずメモを取る

社会人であれば常識だと思いますが、電話を受けるときにメモを取ることを忘れてはいけません。会話に気を取られて内容を忘れてしまったり、聞き間違いが起きる可能性もあります。

また、取ったメモの内容で特に氏名や住所、電話番号などの重要な情報は必ず復唱するようにしましょう。

相手が急いでいる様子であると、つい雰囲気に流されて復唱をしない人がいますが、後々大きなミスにつながることもあります。

必ず復唱はするようにしましょう。

特に転職活動時の面接の日程などの連絡の場合は、聞き間違いがあって約束の時間に面接に行けないなどのミスは致命的です。

それを理由に不採用にされなかったとしても、大切な情報の伝達がしっかり行えない人物なのだと評価される可能性は大いにあります。

相手の言っている言葉が聞き取れないかったらしっかり確認

自分は気を付けていても、相手が早口だったり、声が小さく聞き取りにくいこともあるでしょう。そんな場合は「少々お電話が遠いようですが」と前置きした上でしっかりと聞き直すことが必要です。

職場で電話を頻繁に受けていると、相手の電波が悪かったり、相手の口調が聞き取りづらいなど、自分に落ち度がないにもかかわらず怒ってしまうような電話相手に遭遇することがあります。

しかし、情報をしっかり聞き返して必要な伝達を行う、対処をするなどしないと大問題に発展してしまうこともあります。ビジネスの場では単なる聞き間違いやうやむやにしては許されないことがあります。

怒っている相手に聞き返すことは勇気がいることかもしれませんが、仕事だと割り切るしかありません。

電話をつなぐ相手の状況を見て機転をきかせる

一般社員のうちは自分宛てに電話がかかってくるよりも、誰かに電話をつなぐ機会の方が多いかもしれません。

その際、保留にして自分の手から電話が離れたからと言ってそれで自分の役目が終わったと判断するのは社会人としては残念です。

つなぐ相手が込み入っている場合や、判断に時間のかかりそうな案件の場合には、折り返し電話をする旨をすぐに伝えるなどの対応が必要です。

たらいまわしにしたり、散々待たせた上で折り返し電話する旨を伝えても、相手は不快に感じてしまいます。

誰かにつなぐのではなく、自分宛ての電話の場合も同じです。すぐに答えられないと判断した場合や上司への確認が必要な場合などは後で連絡する旨を伝えて一旦電話を切るようにしましょう。

伝達事項は伝える前に自分でしっかりとまとめておく

短い情報を単純に伝えるだけの伝達であれば問題ないはずですが、伝達事項の中にはクレームや相手の要望がはっきりしない場合など、まとまった情報を伝える必要がある場面があります。

中には相手も自分が言いたいことがまとまっていない上に、電話を受ける側もよくわからないで、結局別の人から電話をかけ直し、相手に同じことを再度説明してもらうことになってしまうこともあります。

それでは電話の相手にも失礼ですし、こちらの手間にもなりますから避けたいことです。

電話応対中は集中して相手の言いたいことをしっかり聞きとり、それを自分の中で咀嚼してまとめ、伝達相手にわかりやすく伝えることが必要です。

これが意外とできない人が多いですが、常に訓練だと思って意識して行うようにしましょう。

このように、電話応対では正しい情報を聞き取り、とっさの判断と機転をきかせ、正確に次の人に伝えることが大切になってきます。

たかが電話と思うかもしれませんが、このような聞く力や判断力などは何度も電話にでることで養われますし、電話以外の業務でも役に立てることができます。

電話に出ることは会社のためですが、自分のスキルや能力をアップさせるためにも非常に効果的です。自分のためにも積極的に電話にでることをお勧めします。

電話応対のスキルを転職に役立てよう

転職活動時には電話応対のスキルや感じの良さが非常に役に立ちます。電話応対がしっかりできていると、敬語の基本も問題ないですし採用担当者に間違いなく良い印象を与えることができます。

もちろん電話の相手に採用権限がない場合もありますが、電話を受けた人に応募者の様子を確認する面接官もいますから気は抜けません。

また、普段から積極的に電話に出るなどしていると度胸がつきますから、面接の際に緊張しすぎて自分のアピールができなくなるということも少ないでしょう。

転職を考えている方は今の職場で電話応対の訓練を積極的にすることで自分の転職活動にも役立てることができるということを知っておいてください。

さらに転職を成功に導くには

電話応対以外でも転職の成功率をアップさせるためには、転職エージェントに登録しましょう。

応募書類の添削や面接時のアドバイスなどを無料で受けることができます。求人数も多いので希望の求人が見つかりやすいこともメリットです。

最後に

いかがでしたか?

今回は、転職活動にも役立つ職場での電話応対のポイントを解説してきました。どれも電話応対の基本的なことばかりですが、社会人でも意外とできていない人が多いです。

普段電話を意識して出ていなかったという方は、自分のスキルアップのためにも丁寧な電話応対を心がけてみてはいかがでしょうか。転職にも役立ててください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。