転職活動で求人を探していくときに、給与は気になるポイントです。

しかし、給与だけでなく社会保険も実際に転職した後の「お金」に関わってくる部分です。

少し難しいと思うかもしれませんが、基礎知識があるかないかで安心して応募できるというものなので、ぜひ知っておきたいところです。

今回は、求人探しに役立つ社会保険の基礎知識をご紹介していきます。

そもそも社会保険って何?

社会保険というのは「厚生年金」「健康保険」「雇用保険」「労災保険」の4つの保険の総称のことを指します。

また、厚生年金と健康保険を「社会保険」と呼び、雇用保険と労災保険を「労働保険」と呼ぶこともあります。

求人などでは4つの総称を指すことが一般的には多いです。

それぞれ簡単にまとめると以下のようになります。

厚生年金…年を取ったときの年金や障害になったとき、自分が亡くなってしまったときに家族が安心して暮らせるように遺族年金などが支給される制度です。

健康保険…病気やケガをしたときの医療費の他、働けなくなった間の生活費を補填する傷病手当金や自分や妻が出産したときの出産育児一時金など様々なものが受けられます。

雇用保険…失業したときに受けられる手当や、資格取得のために勉強した際に支給される教育訓練給付金制度などがよく知られています。これ以外にも、被災して転職を余儀なくされた場合の面接旅費なども支給されます。

労災保険…業務や通勤に関係のあるケガや病気になったときの療養費の支給の他、働けない間の賃金の補償や障害になったとき、亡くなってしまったときの遺族補償など様々な給付を受けることができます。

社会保険完備なら安心、ではなく当たり前と心得よう

社会保険完備なら安心だよねと、求人票を見て高ポイントをつけてしまう人がいます。

もちろん社会保険は働く上で大切なものなので気になるポイントではあります。

しかし、基本的には「あって当たり前」というレベルのものだとご存じですか?

厚生年金と健康保険は「事業所」単位の適用で、例えば株式会社などの法人は強制的に適用とされています。

そして規模が小さな個人事業主でも、常時5人以上従業員がいれば、農林やサービスなど一部の事業所を除いて強制的に適用です。

また雇用保険は、農林水産など一部を除き1人でも従業員がいれば適用、労災保険も公務員などを除き1人でも従業員を雇っているなら適用となります。

つまり、社会保険の有無を気にすべきなのは法人以外の小さな事業所に応募する場合ということです。

さらに雇用保険と労災保険は事業所規模に限らず適用なので本当は心配する必要はないのです。

ただし、法人ではない個人事業主に雇われる場合は、従業員数は何人なのか社会保険はどうなのかは重要なポイントになります。

なぜなら社会保険に会社が入ってくれていなければ、自分で国民年金と国民健康保険の手続きをし、保険料も自分で支払う必要があるからです。

会社が社会保険に入っていてくれれば保険料も半分負担してくれますが、自己負担の場合は給与の手取りの中から支払う必要があると覚えておきましょう。

社会保険完備って書いてなくても大丈夫なの?

求人票を見ると「社会保険完備」と書いてある場合とない場合があります。

媒体によってはオリジナルのマークなどで表示してあることもあります。

「マークの見方」など、詳細がサイト内や冊子の最初の方に書いてあることが多いので見てみましょう。

社会保険完備と書いていなくて、募集側としては当たり前すぎて書いていないことがほとんどなので過度に不安になる必要はありません。

逆に完備をアピールしてくるのは、適用外の事業所である5人未満の従業員しかいない個人事業主が多いです。

本来は適用事業所じゃないけど、うちは頑張って適用としていますよというアピールです。

また、とある求人媒体の営業担当から聞いた話ですが、当たり前に適用となっている事業所なのにやけに社会保険完備をアピールしてくるのは、他に会社としてアピールするところがないとも考えられるそうです。

当然のことではありますが、求人を選ぶ際には社会保険完備以外にもきちんと目を向けて、総合的に判断する冷静さが必要になります。

ケガをしたときの労災が不安という人へ

工場や建設現場などで仕事中のケガのリスクが高い業種へ転職するという人の場合、労災保険は大丈夫だろうか?という不安があるでしょう。

前述したように、労災保険は1人でも従業員を雇えば適用になります。

適用外なのは国の直営事業と官公庁の事業で、この人たちは公務員用の災害保障制度があるのでそちらを利用することになります。

会社でケガをしたときに会社の社長から「うちは労災入っていないから病院に行っても黙っているように言われた。」という話を聞いたことがありますが、それは社長が言っているだけで、従業員を雇っている時点で必ず入っています。

労災保険を使ってしまうと労災保険料が上がるから嫌なのか、何かやましいことを隠したいという理由なのかで、そのようなことを言っているものだと推測できます。

請負など雇用契約ではない、家業の手伝いというわけでもない限りは、例えアルバイトだろうと外国人だろうと労災は必ず適用になるのです。

毎月決まった給与をもらう雇用契約を結ぶのであれば、労災保険に入っていないはあり得ないと覚えておきましょう。

例えば応募の段階で労災未加入を匂わせるようなことを言っていたら、かなり危ない募集なので避けるのが無難です。

社会保険料っていくらになるの?

社会保険料は賃金の額によって異なります。

厚生労働省や日本年金機構のHP、応募先企業で加入する健康保険(健康保険組合や協会けんぽなど)のHPなどで料率や月額を確認することは可能です。

ただ、保険料の計算にあたって給与のうちの何を含めるかが細かく決められていますし、正確に把握するのは専門知識がないと難しいとは言えます。

大体これぐらい、というレベルであれば知ることができますから調べてみても良いでしょう。

また、給与から引かれるものは社会保険料だけでなく、所得税や住民税、企業によっては積立金や互助会費などが引かれることもあります。

本当にざっくりにはなりますが、社会保険や税金だけで給与額面の2割程度は引かれると考えておくのが一つの目安です。

求人に応募する際は給与額は気になるポイントになりますが、手取りベースで生活していけるのかを考えていきましょう。

お金のことは聞きにくいから転職エージェントを頼ろう

今回ご紹介したような社会保険の有無や給与規定など「お金」に関わってくることは正直面接で聞きにくいポイントです。

お金だけのために応募してきた人だと思われることもあり、質問には慎重さが求められます。

この場合、転職エージェントを利用した転職活動であれば、エージェントを通じて社会保険や給与のことなど気になるお金のことを企業に聞いてもらうことができます。

また、掲載にあたって企業審査がしっかりと行われているので、社会保険適用事業所なのに保険料未払いなどという、まずい企業にそもそも出会う確率が少ないです。

安心して転職活動を行っていくためにも活用していきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、求人探しに役立つ社会保険の基礎知識をご紹介しました。

普段給与以外には目を向けていなかったという方は、社会保険の存在を認識し、併せて求人探しのポイントとして考えてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。