ビジネスで必要なスキルとしてコミュニケーション能力が挙げられることが多いです。

転職活動の面接でもコミュニケーション能力があるかどうかは、しっかりと見られています。

コミュニケーション能力を考えるときには、自分の意見が堂々と言えたり、緊張しないでスラスラと話をするなど、話す力に注目しがちです。

しかし、実際にはそれよりも人の話をしっかりと聞き、相手の意図を読み取り、それに対する的確な返事をすることの方が大切です。

つまり、聞く力がコミュニケーションにとっては必須で、聞けない人は面接でも敬遠されてしまうのです。

そこで今回は、「聞けない人」が面接でどんな失敗をしてしまうのか、また聞く力を鍛えるためにはどうすれば良いのかについてご紹介していきます。

「聞けない人」の面接失敗例

聞く力がない人は面接でどんな失敗を犯してしまうのでしょうか?

質問と全然違うことを答えて満足してしまう

面接官から聞かれた内容と答えた内容にずれがあるという人がいます。

これは、聞かれた内容を頭でしっかり考えることなく、自分が上手に話をすることに意識を向けてしまうことで起こります。

面接に限らずこのようなタイプの人は職場にもいませんか?

メディアなどでインタビューに答える人の中にも、質問とは全く違う方向に話をすすめ、自分でも一体何が言いたいのかよくわからなくなり、質問者も少々困っているという場面をよく見かけます。

中には、敢えて質問の意図とは違う答えをすることで質問から逃れることもありますが、面接ではそうはいきません。

面接官はしっかりと、自分が質問した内容に対しての答えかどうかを判断しています。

何を質問してもそれに対して的確な答えが返ってこない場合、その場で考えることができない人だと思われてしまいます。

面接官が一体何を質問してきているのか、聞きたい内容は何なのかを考えながら答えるようにしましょう。

よく聞かれる質問にはスラスラ答えられるが変化球に対応できない

志望動機など定番の質問に対してはスラスラと堂々と答えられても、変化球の質問に対しては別人のようにどもってしまったり目が泳いでしまう人がいます。

これはまさに聞く力がない人の典型パターンで、覚えてきたことを発表することしかできないのです。

面接官からすればこのような人は非常にわかりやすく、「柔軟性がない」「対応力がない」といった印象を受けてしまいます。

また、その場で考えることができる地頭が悪いと思われてしまうこともあります。

いくら高学歴であっても、変わった質問やその場で考える質問に対して対応できないようでは、面接で評価されることはないでしょう。

「かぶせる」癖がある

「かぶせる」というのは、人の話を最後まで聞かないで話の腰を折る人のことです。

人の質問には、前半の言葉だけで何を聞きたいのかがある程度予想できることがあります。

そして「かぶせる」癖がある人は、最後まで聞かずにもう答え始めてしまいます。

これは、その予想が当たっていようとなかろうと相手に「偉そう」「せっかち」「辛抱できない」といった印象を与えてしまいます。

この癖は普段から自分自身で意識しない限り治すことができません。

日頃の人との会話の中で、相手の話の途中なのに予想で答えたり、話をさえぎって自分の話をしてしまう癖がないか振り返ってみましょう。

普段の癖は面接でも出てしまいます。

例えば面接官が緊張をほぐすためにしてくれた雑談の中で気が緩み、つい出てしまうということもあります。

「かぶせる」のは聞けないと同じことです。

聞いているのか聞いていないのか反応が薄い

聞く力があるのは聞く態度があるかどうかとも言えます。

本人はいくら聞いているつもりでも、反応が薄かったりどこか別のところを向きながら聞いていたら、相手は不安になるのです。

面接でも同じです。

聞いているのか聞いていないのか、よくわからないような反応の人は面接官も「この人大丈夫かな?」と思います。

面接官が質問をしている間は、しっかりと目を見て、真剣に相槌を打つようにしましょう。

少し前のめりで耳を傾けながら聞くようにすると、一生懸命さが伝わって好印象です。

聞く力を鍛えるための方法

面接官に聞く力がない人だと思われないために、日頃から聞く力を鍛えるように意識しておきましょう。

相手が何を聞いているのかを常に考える癖を持とう

日頃の会話の中で、相手が何を聞いているのか深く意識しているという人は少ないです。

職場でも慣れている人が相手だと、何となくで話をしてしまうという人も多いのではないでしょうか?

相手が職場の上司でも家族であっても、普段から相手が何を聞いているのかを考える癖を持つことは大切です。

それが結果として仕事でも面接でも、「この人はしっかり人の話に耳を傾けている」「質問の内容をその場で考えている」と、評価される聞く力になるのです。

また、相手の質問に対してトンチンカンな返事をしてしまうという人は、まずは「はい」か「いいえ」で結論を答えるようにしましょう。

自分の頭で結論を先に導きだすことで、質問の意図や結論のあとに続く根拠をどのように説明するかを考えることができます。

違う言い方だけど同じ意味にまとめる癖を

聞く力を鍛えるためには、相手が何を言いたいのかを自分の頭に落とし込むという練習が効果的です。

相手の質問に対して「それは〇〇ということですか?」と、違う言い方だけど同じ意味の言葉に置き換えて答えることができると良いでしょう。

また、普段から本や新聞などを読むときに要約する癖をつけておくのも良いです。

長い文章でも、「つまりこの文章で言いたいことはこういうこと。」と自分にわかりやすい言葉で置き換えて考えるようにしましょう。

面接対策は転職エージェントの力を借りよう

転職時の面接は、新卒の場合と全く違う切り口で質問を受けることも多く、戸惑う場面がでてきます。

また、業界によっても対策が異なってくるなど、自分一人の力で面接対策を行うのは限界があります。

面接対策は転職支援のプロである転職エージェントの力を借りましょう。

転職の面接でどんなことを聞かれるかの基本的なことに加え、カウンセリングを通して自分の癖やアピールした方が良い点など、個別にアドバイスを受けることができます。

面接対策本などではどうしても一般論が書かれていますが、転職エージェントを利用すれば、個人の特性や話し方を考慮したアドバイスが受けられて非常に参考になるでしょう。

転職エージェントの利用は無料なのでぜひ活用してください。

最後に

いかがでしたか?今回は、「聞けない」人の面接失敗例と聞く力を鍛えるための方法についてご紹介しました。

コミュニケーション能力=聞く力だと言っても過言ではありません。

このことを念頭に、転職を成功させるための対策を行っていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。