作業療法士は資格としての注目度も高く人気のある職業です。

将来性のある医療・介護の世界で働けることもあって良いイメージがあるかもしれませんが、実際には大変な面も多い仕事です。

そこで今回は、気になる作業療法士の仕事の大変さや今後の見通しなどについてご紹介していきます。

作業療法士の仕事内容とは?

作業療法士は病気やケガなどで日常的な動作に不自由を抱える人に対して必要な指導や訓練を行う仕事です。主には医師の指導の元、病院やリハビリ施設などで働いています。

また、精神に障害を抱える人に対しても考え方の指導や精神的アプローチを行うことで社会復帰を促すことなども行います。

間違われやすい職業として理学療法士があります。

理学療法士が歩く走るなどの運動機能の回復を図るための訓練を行うのに対し、作業療法士はより細かい日常生活を行うための、指先を動かしたり家事を行うなどの、作業動作の改善を促すものになります。

全身リハビリが必要な場合には、まず理学療法を行ってから作業療法に入っていくという施設もあります。

作業療法士の仕事はどんなところが大変?

作業療法士の仕事の大変さは、実際に自分や家族が作業療法士と触れ合うことがないとなかなか想像できないことです。具体的にどんなことが大変なのでしょうか。

患者の障害の度合いや特性、心理状態が様々であること

作業療法士が接する患者さんは障害の度合いや元々の身体的特徴なども様々で、それぞれの患者さんに合う訓練や指導を行う必要があり、毎回全く同じ訓練で良いというわけではありません。

患者さんの気持ちの状態も様々で、前向きに訓練に取り組んでくれる患者さんもいれば、指示を守らなかったり悲観的になって訓練に取り組めない人もいます。

精神的なケアも行いながら適切な訓練を進めていくのは大変なことです。

患者さんや家族へわかりやすく説明する力も必要

作業療法士として勉強してきた本人は、ある動作の改善をするためになぜこの方法で訓練する必要があるかを理解しています。

しかし専門的知識のない患者さんや家族にとっては、無意味で時間の無駄ではないかと感じてしまうこともあります。

訓練の意義が伝わらないと、患者さんのモチベーションが下がり、訓練や成果に影響を与えてしまうことがあります。

専門用語などをかみ砕いてわかりやすく患者さんや家族へ説明することが大切で、説明力やコミュニケーション能力が必要になってきます。

成果報酬ではないので頑張っても評価されないと感じることも

作業療法士の仕事は自分の能力や成果が見えにくい職業でもあります。いくら売り上げを立てたら賞与に影響するといったような成果報酬ではないので、モチベーションを保ちにくいという側面もあります。

しかし、リハビリを続けていた患者さんが自由に日常動作を行えるようになってその笑顔を見れたり、本人や家族に感謝されたりということは、大きなやりがいになることでしょう。

他人からの評価や給料に固執せず、すべては患者さんやその家族のためという社会貢献性に価値を見出せるかが、長く続けるためのポイントです。

医療系の知識や普段の生活の中でもアンテナを張る必要が

作業療法士になるための試験勉強だけでなく、病気やケガの特徴を始めとする医療系の知識も必要です。経験を積みながら訓練の工夫や対人スキルなども深めていくことが大切なので、向上心を持って仕事に取り組む姿勢が必要です。

作業療法士が行う訓練は日常的な動作に関わることなので、普段から自身の生活の中でもどんな細かい動きがあるのか、どんな場所が使えないと不便に感じるかなど、想像力を働かせながら知識を応用していく工夫も求められます。

作業療法士の今後の見通しや転職について

作業療法士として働いていると仕事が大変で目の前の仕事をこなすことで手いっぱいになってしまい、ゆっくりと客観的に将来性や今後の見通しについて考えることができません。

そこで、ここでは作業療法士の将来性や見通し、転職についてご紹介します。

作業療法士の将来性は高いが生き残る努力が必要

高齢化社会が進む日本においては医療・介護業界が果たす役割はますます重要になってきます。作業療法士においても同じで、将来的にも需要は多く、転職もそれほど難しくはないと考えられます。

ただ、その注目の高さから年々作業療法士を目指す人やその数は増加しており、単に作業療法士の資格を持っているというだけで安心してはいけません。

対人スキルの高さや高い向上心があって学び続けることができるかなど、ライバルたちに差をつける何かが必要です。

精神的な訓練に価値を見出すことが必要

作業療法士は、同じ職場で働くことも多い理学療法士と比べるとリハビリに関する知識は劣ると言われることもあります。ですが最近はストレス社会であることからも精神的な病気や障害を抱える人が増えています。

作業療法士としては身体的な訓練だけでなく、理学療法士が関与しない精神面でのアプローチで、社会復帰への工夫を行うことに価値を見出すことが必要になってきます。

転職活動での注意点

作業療法士であっても他の職種と同じで、人間関係に悩みを抱えたり給料や待遇に不満を感じた場合、転職を考えることも必要です。

ただ、給料に関しては働く病院や施設によって大きな差異はないようです。賞与の有無や福利厚生、勤務時間や職場環境などを総合的に判断して転職する必要があります。

また、人間関係が原因で転職を考える場合には、職場自体の雰囲気はどうか、働いている人たちの年齢層はどれぐらいなのかなど、求人欄には載っていない内容を事前に確認することが大切です。

自分で問い合わせたり面接のときに質問するのはハードルが高い場合もありますから、転職エージェントなどをを利用されると良いでしょう。

転職エージェントに所属するキャリアコンサルタントは、企業の採用担当と密に連絡を取り合うため企業の内情に詳しかったり、求人欄にはない情報を聞いてくれることがあります。登録は無料なので活用してみてください。

どんなところへ転職できるか

作業療法士の働く場所は病院やリハビリ施設などが一般的ですが、高齢者施設や障がい者施設、クリニックなどでも需要はあります。

小さな施設になると病院などに比べて給与や福利厚生が劣りますが、土日休みが取れるなどのメリットがあります。自分がどんな働き方をしていきたいかをじっくり考えて転職先を決める必要があります。

最後に

いかがでしたか?

今回は、作業療法士の仕事をする上で大変なことや今後の見通しをご紹介してきました。

作業療法士の仕事は社会貢献性の高いやりがいのある仕事です。是非転職を成功させて、作業療法士として生き生きと働く毎日を手に入れてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。