各地を飛び回るバイヤーは、憧れる人も多い人気の職業です。バイヤーとして転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし実際には大変な面も大きいため、転職を考える前にその実態を知っておく必要があります。

そこで今回は、バイヤーの仕事のメリット・デメリット、転職市場の現状についてご紹介していきます。

目次

バイヤーの仕事

バイヤーは生産者から市場のニーズに合った商品を仕入れる人のことを言います。

扱う商品やジャンルは様々で、海外に買い付けに行くセレクトショップのバイヤーや食品などの仕入れを担当するスーパーなどのバイヤーもいます。

市場のニーズや商品を仕掛けるタイミング、流行など多角的な視点からヒット商品を狙う必要があります。

単なる仕入れ係というより仕入れから販売方法までのすべての流れに携わる、求められる成果や責任が重い仕事です。

バイヤーの仕事のメリットとは?

人気が高いバイヤーの仕事ですが、どんなメリットがあるのでしょうか。

流行の仕掛け人になれる

自分が買い付けた商品が大ヒットにつながり、街中で使っている人を見たり会社の業績に貢献できるのはバイヤーの大きなやりがいの一つです。

単に自分が良いと思うだけでなく、市場の動向やトレンド、ターゲットなど幅広い角度から仕掛けることで思わぬ大ヒットにつながることがあります。

自分の仕事の成果がわかりやすい

自分が買い付けた商品は売り上げデータという形で目に見えてわかりやすい形で成果を確認することができます。

例えば事務職などでは自分が頑張ったことの成果がわかりづらいためモチベーションを保ちにくいという声が多く聞かれます。

バイヤーの仕事のように成果がわかりやすいのは、やる気につながったり、反対に修正すべき点も見えやすいというメリットがあります。

知られていなかった良い物を世の中に紹介する喜び

世の中には、田舎の職人さんが作っている物や小さな町工場でできたものなど、商品自体の質が素晴らしいのに、流通や販売方法が時代に合わず、知られず売れないという商品がたくさんあります。

これらの商品を見つけ出し、質の高いものを世に送り出すことはバイヤー冥利に尽きますし、消費者のためにも質の高い商品が手に入れられるということは大きなメリットです。

また、生産者からも感謝されることになることも大きなやりがいにつながります。

資格や学歴などがなくても力があれば年収につながる

バイヤーは特別な資格や学歴よりも、交渉術や市場分析力、物を見極める目が求められます。そのため、力をつければ高学歴のエリートたちよりも会社での評価を得て、年収につながるという可能性があります。

バイヤーの仕事のデメリットとは?

バイヤーの仕事は良い面だけではありません。どんなところが大変なのでしょうか。デメリットをご紹介します。

ヒット商品という結果に結びつきにくい

有名百貨店などが相次いで閉店していく中で、消費者の物を見る目は厳しく、将来の不安などからも節約志向に偏りがちで財布のひもは固くなっています。

すごく良い商品であっても、値段の高さがネックになって売れないということもありますし、逆に安すぎても消費者の信頼を得られずヒットにつながらないこともあります。

物が売れるという結果につながるのは非常に難しいことです。

バイヤーとしての存在意義が薄れがちになる

最近は企業の技術力が上がり、買い付けではなく自社でコストを抑えて良い商品を作りだすことが可能になりました。

プライベートブランドの商品なども良く目にしますし、手頃な値段でさほど他社商品と大きな質の違いがないものもあるため、人気も高くなっています。

バイヤーの仕事自体がすぐになくなることは考えにくいですが、企業に所属しているバイヤーの場合にはその存在意義が問われるときがくるかもしれません。

業績に影響する重圧

セレクトショップなどではバイヤーのセンスや目利きこそがお店の印象を左右し業績そのものに影響を与えます。そのため、バイヤーにのしかかる重圧は相当なものになります。

百貨店やスーパーなどでも同じで、自分の交渉次第で会社の業績に影響があるというのは大きなプレッシャーになることでしょう。

仕事の大変さの割に給料が良くない

バイヤーというと憧れる人も多い小売店などの花形職業とも言えるのではないでしょうか。しかし実際には基本給などは他の職業とさほど変わりはなく、ヒット商品などの成果につながらなければ飛びぬけて高い年収は望めません。

出張が多くなって家族や友人との時間が取れにくい

国内だけでなく海外にも飛び回るバイヤーは、どうしても出張が多くなる職業です。そのため家族や友人、恋人などとの時間が取りづらくプライベートが充実しにくいというデメリットがあります。

ライフワークバランスを大切にしたいと感じている人には向いていないと言えるのではないでしょうか。

バイヤーの転職市場はどうなっているのか

バイヤーとして転職したいと考えている人は、その現状について知っておく必要があります。

いきなりバイヤーとして転職できるのは一握り

小さなセレクトショップなどでは、元々顧客だったのががセンスを買われてバイヤーとして採用されることもあります。

しかし実際にはそれほどずば抜けたセンスを持っている人や、それが見初められることは多くなく転職しても販売員から地道に経験を積み上げていくというパターンが多いです。

アパレル以外でも、バイヤー経験のない人がバイヤーとして転職を成功させるには、相当の交渉術がある根拠やアピールの工夫が必要なようです。

求人数は多くはない

バイヤーの活躍場は百貨店やスーパーに家電ショップなど幅広くありますが、実際にその採用枠は少なく求人数は多いとは言えません。

バイヤー候補として求人を募集しているものの、実際には現場で長く経験を積まないとなれないという求人もあります。しかし中には条件の良い優良な求人もありますから諦めずに探してみることが大切です。

特に転職エージェントにはバイヤーの求人も多くあり、非公開求人の中に好条件の求人が含まれていることがあります。転職エージェントの登録は無料なので活用してみてください。

人気が高く競争が激しい

バイヤーとして転職できたとしても、成果主義の側面が大きいバイヤーの仕事ですから、結果が出せないとバイヤーの座を引き渡してしまうことにもなります。

人気が高い職業なのでバイヤーになりたい人は社内にもたくさんいます。ライバルに負けず地位を守り続けられるかはすべて結果次第です。

バイヤーに求められる資質とは?

最後に、バイヤーに求められる資質をご紹介します。

高いコミュニケーション能力が必要

バイヤーは単に商品を買い付けるだけでなく価格や納品数など様々な交渉を行います。

いくらセンスが良く質の高い商品を見つける能力があっても、交渉力がなければバイヤーとしての役目は果たすことができません。

また、販売元の希望を聞きだす力や、販売元をその気にさせるような会話力も必要です。高度なコミュニケーション力がある人こそがバイヤーに適していると言えます。

売れる商品を仕入れるというやる気や高い向上心

与えられた仕事をこなすだけで満足してしまうような人ではバイヤーは務まりません。

ヒット商品を仕掛けたいという野心や、常にアンテナを張り市場の動向を察知するための勉強を惜しまないなど、やる気が高く向上心を持ち続けられる人が求められます。

バイヤーへの転職を成功させるには努力が必要!

いかがでしたか?

今回は、バイヤーの仕事のメリット・デメリットと転職市場の現状についてお話してきました。

大変ですがやりがいが大きいバイヤーの仕事は、自分を磨き向上心のある人であれば転職することも可能です。チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。